Barでの出会い

【AKI安希のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


Barでの出会い
投稿者:AKI安希 2012/3/26(月) 20:01:27 No.7559 [PZYo3f5Hnf6]

或る日。
「カクテルを目の前で作ってくれるバーに行ってみたいっ」
と、自分の憧れを言ってみた。

しかし、
特にお酒が好きなワケでもなく、すでにバーに行った経験のある旦那の返答は

「いってらっしゃ〜い」
と、にべもない。

人見知りする私が、ひとりでなど行けるはずがない。

そうタカをくくられているのが悔しくて。

旦那の財布から少し拝借して、
……来てしまった。

何が何やらわからないまま、とりあえずカウンターに座り、オーダー。

「柑橘類かパイナップルを使った炭酸のないカクテル」

そんな曖昧なオーダーにも、
マスターらしき男性は快く微笑み、作ってくれた。

美味しい美味しいと飲みながら、

いつの間にかマスターに
「旦那に軽くあしらわれた」
と愚痴をこぼしていたが、やさしく聞いてくれて。

次のカクテルが差し出された。

「こちらのお客様からです」

マスターの手の方向を見れば、
知らぬうちに隣の席に男性が座っていた。

「たぶんそれも好きな味じゃないかなと思って」

ひとりでバーで酔えばオトコがご馳走してくれる?

そんなベタな展開(笑)

「旦那さんのことは忘れて、楽しく飲んでくれたらうれしいな」

遠慮するものの……、
緩やかな押しに負けて、差し出されたカクテルに手をのばす。

「美味しい」
「でしょ?」

お酒のチカラか、久しぶりの旦那以外の男性とのコミュニケーションのせいか、
気分良く過ごし……。

お会計の段になると、すべて男性の支払いになってしまった。

それはさすがに気が引ける。

狼狽して支払おうとしたが、

「もっと話していたいし…この後もちょっと散歩に付き合ってよ? お話し代ってことでどう?」

どう、じゃない。
支払ってもらわなくても話くらいして構わない。

言ってもそこは聞いてくれない強引さに、また負ける。


それほど酔った気はしていなかったが、
歩くと足元がふわついた。

「車道に飛び出さないでよ」
わずかに笑みを見せて男性が私の肘をそっと引く。

「だぁいじょうぶですよぉ」

「歩きながらはちょっと危ないかなぁ。どこか座ろうか」



上機嫌で世間話をしながら、
着いた先は……ご休憩室(笑)

フラフラついてきた自分にハタと気付く。

「え…と、あのっ…」
あわてて振り向くと、男性の胸に思いきり鼻をぶつけて。



投稿者:AKI安希 2012/3/26(月) 20:07:07 No.7560 [PZYo3f5Hnf6]

「イタぁ」
両手で鼻を覆う。

「フラフラなんだから気をつけてよ?」
耳元でやさしい声が囁く。

すっぽりと腕に包み込まれて、思考フリーズ。

強い力ではない。
本気で抗えば逃げることも可能なはずなのに。

動けない。

「鼻、大丈夫?」

その問いに頷いて手を少しおろすと、
唇が塞がれた。

男性の唇に。

驚いている間もないまま、舌が侵入してくる。

すでに抱きすくめられて身動きはできない。

お酒の酔いのせいだけではない目眩が襲う。

「ンンっ」

顔をそらし、ぷはっと息をしてすぐ、
「お酒くさいから私っ」

「甘くて美味しいよ」






…………クイズ番組を見ながら妄想したら、

今のところ
これ以上 浮かばない(^_^;)


また暇があったら考えます〜(笑)


どなたか続きを考えてくださっても構いませんよ(笑)


投稿者:Rpower (rpower)  2012/3/27(火) 12:18:58 No.7561 [TKMfCSXjpsc]

リアも妄想もAKIさんの描写は興奮しますね♪
続き楽しみにしてます(^^)


投稿者:AKI安希 2012/3/30(金) 16:11:02 No.7562 [PZYo3f5Hnf6]

Rpowerさん。

コメントありがとうございます♪


投稿者:AKI安希 2012/3/30(金) 16:16:13 No.7563 [PZYo3f5Hnf6]

再び唇を重ねられ、気付けば男性の舌に応える自分がいた。

ジャケットが肩から滑り落とされる。

同時にバッグも取り落とす。

薄手のカットソーの上から、
男性の手が背中をかするように撫でた瞬間、
唇を離し高い声を出してしまった。

恥ずかしさと、ゾクゾクと上がってくる震えに耐えられず、
男性の胸元の服を掴む。

何かを確かめるように、男性の指は背中をやさしく刺激する。

「んゃあっ」

「…もしかして背中、弱いの?」

カットソー越しにさらに遊ばれ、身をくねらせながら息を乱しながら耐える。

男性の手の動きが止まった隙に
「わかったん…なら、もう…ソコ、やめて」
逃れようと離れるが。

腕を掴まれ、あっけなく引き戻される。

「じゃあ背中以外の所にするから怒んないで」

軽くキスされ、するりとカットソーの裾を持ち上げられる。

流れるようにバンザイさせられ、カットソーは床に。

何度目かの深いキスの間にスカートも腰から離れされた。

男性の唇は私の首や鎖骨に移動し、
手は胸とお尻へ。

ブラの肩紐がずり落ちる。

「声…殺さなくてもいいのに」

両手で口を塞いでいた私を少し見上げて言った後、ブラのホックを外し…

「我慢できなくすればいいか」

まだ脱げきっていないブラの隙間から、尖った乳首を見つけ、吸い付く。

もう片方の手はショーツの横から指を侵入させ、
滴る中心にゆっくりと沈めた。

「んんッ」

いやらしい水音をたてられる。

脚のちからが抜ける。

「俺にもたれていいよ」

素直にもたれさせてもらうしかない。

いや、しがみつく…か。

「ダメ…それダメ…だめムリぃ!」




…少し、息が整ってきた…。

いつの間にかかたく閉じていた目を開いてみると、
見えるのは天井。

やわらかい所にあお向けに寝転んでることがわかった。

あぁ ベッドの上だ。

ふいにドアの開く音がして体をすくめる。

「落ち着いた?」

開いたのはシャワー室のドアで、
先程の男性が腰にバスタオル姿で出てきたところだった。

「ぇ…? わっ」
自分が全裸なことにあわてて服を探す。

「何探してるの? そのままで居てよ、まだ終わってないんだから」

何が終わってないのかはすぐに察しがついた。

顔から火が出そうになる。

いけないことだと知りつつも、ここで引き返せる状態では
もうなかった。

身体が。



投稿者:Rpower (rpower)  2012/3/30(金) 18:33:16 No.7564 [TKMfCSXjpsc]

敏感なAKIさんの姿を重ね合わせて 次の展開を想像しちゃいますね
これからどんな風に快楽に溺れていくのでしょう……


投稿者:AKI安希 2012/4/5(木) 22:20:02 No.7569 [PZYo3f5Hnf6]

せめてシャワーを浴びたいと思い、
ベッドからおりようとすると、止められた。

覆い被さられ愛撫が再開される。

「待って、シャワー」
「平気」
「私が平気じゃないのっ」
「浴びに行けるなら行ってごらん」

挑発の言葉とともに、身体の中にまた指が。

先程よりも的確にポイントを狙われる。

「ゃぁ…ぁぁあ…ッ」

「早…。う〜ん…もっとイカせようかな」




散々 意識を飛ばされ、体にもまったくちからが入らなくなった頃。

「も…ムリ……も…ちょ…だい…」

自ら願ってしまった。

眼前にあった男性の顔が遠のき、
ふわりと笑んだかと思うと同時に、
中心にグウッと圧迫感。

一瞬 息が詰まる。

「痛くない?」
「イッ…」
「痛い? びしょびしょなんだけどな」
「イッ…ちゃぅ…っ」

「そっちか(笑)」

達しすぎた身体には快感がとめどなく押し寄せる。

「んん、ん〜〜っ」

足のつま先にちからが入りっぱなし、
手は男性の腕に爪を立てる。

「…はっ…ぁ…ぁ…っ…ふ……き…もち…い…っ」

動きが少しゆるやかになった。

終わったのかと息をつくと、再び奥深くを貫かれ、

「ひぁっ」
「俺まだだから。気を失うのはもう少し待ってね」

スパートのかかった運動についていけるはずもなく。

大声をあげて背中を反らす。



目をさませば、隣で横になりながら私を見つめる男性の瞳。

「気がついた? 大丈夫?」
「…うん…」

羞恥に顔を隠しながら返事をする。

「まさかホントに気絶するとは思わなくて、ちょっとアセッた」

「…ごめんなさい」

「いや…こっちこそ、ごめん。調子に乗ってやり過ぎた…かな。気分、悪くない?」

かけてもらっていた布団に埋もれながら、
恥ずかしさをこらえて、私はどうにか伝えた。

「気持ち…よかった」


投稿者:Rpower (rpower)  2012/4/6(金) 14:05:15 No.7570 [TKMfCSXjpsc]

この前の経験にオーバーラップさせてるんですね

AKIさんが意識が無くなるほど感じてるところ見てみたいです


投稿者:AKI安希 2012/4/9(月) 0:28:20 No.7571 [PZYo3f5Hnf6]

Rpowerさん。


完全に独立した妄想にするつもりだったんですけどね。

どうにも…重ねちゃって/////

なかなか文が進みませんでした(^_^;)


基本 願望のみ、ですw

ベタ甘なセリフばっかりでしょw



私の意識なくなる姿は、
Rpowerさんの頭の中で……
でお願いします/////



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.