メイドのお仕事〜朝食〜2

【みるくのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


メイドのお仕事〜朝食〜2
投稿者:みるく (gyuneyu)  2012/5/4(金) 23:26:18 No.7576 [pcI8Lo87GtNW2]

「…今日もイッたな。…スカートを捲りなさい」
「ご主人様…ぁ」
恥ずかしながらも、ご主人様の目前でスカートをめくります。
下着をつけていないそこが外気に触れて、ひんやりと濡れている事に気づきます。
「ぐちゅぐちゅだな…私を誘っているようだ。どうしたい?」
「…‥ご主人様のを…入れて欲しいです」
「それじゃあ、わからないよ」
「あ…申し訳ありません。あの…ご主人様の立派なおち○ちんを、私の、おま○こに入れてくださいませ。」
「仕方ないな…」
ズボンのファスナーを開けてご主人様のものが現れます。
思わずとろんとした目で見つめてしまいます。
いつも、この、固くて大きくて熱いもので…
そんな事を考えている間に、腰を抱き寄せられ、ご主人様の上に下ろされてしまいました。
「ひぁ…ぁん」
ぬぷぬぷ、と私の中ににご主人様が挿ってくるのがわかります。
「ごしゅじんさま…ぁ」
無意識に中が 膣をひくひくと痙攣し、腰が動いてしいます。
「おち○ちん気持ちいい?」
「きもちい、です…ぅ。」
「入れるだけでいいの?」
「ちがっ、あの…た、沢山突いてビュクビュクって、沢山出してくださいぃ」
「上手に言えたね」
さっきまで、とまっていたご主人様がゆっくりと律動を始めます。
「あっ、あぁ…んっ」
「熱くて絡み付いてくるよ」
段々と、ご主人様の動きが早く、激しくなります。

どくん…!
一番奥を突かれて、ご主人様は本日二度目の精を私の体内に注ぎました。 「はひゃあ!…っあん…」
ぶるん、と全身を震わせ、その拍子に乳首からミルクが溢れます…
「可愛かったよ…、ごちそう様。」
ペロッと、乳首から流れるミルクを嘗めながら、ご主人様が仰います。 「…は…ふ」
ろくに返事も出来ず吐息で頷く未熟な私の頭を満足そうに撫でてくださいました。
間もなく、お出かけの時間になります。

“ミルク”と“みるく”ややこしくなっちゃったww
ごめんなさい。


投稿者:コウ (kou1919)  2012/5/4(金) 23:46:32 No.7577 [WNONwn7nWgI]

エッチな女の子だねぇ!(o^∀^o)

今も興奮してムラムラしていたのかな?


投稿者:みるく (gyuneyu)  2012/5/5(土) 0:31:00 No.7579 [pcI8Lo87GtNW2]

⇒コウ様
はい。熱いの沢山注がれたくてウズウズしてます。


投稿者:ひろ 2012/9/14(金) 23:25:05 No.7810 [pc3PylrSP0D1g]

興奮しちゃうね…笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.