設定、遠距離恋愛の恋人同士

【AKI安希のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン

ひとりエッチ倶楽部 > ワタシのひとりエッチの妄想 > 設定、遠距離恋愛の恋人同士

[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


設定、遠距離恋愛の恋人同士
投稿者:AKI安希 2012/7/11(水) 14:46:34 No.7674 [PZYo3f5Hnf6]

ちょっとした甘えに応えてもらえず、
むくれ気味で私は待ち合わせ場所に居た。

気分屋の自分が勝手にむくれている。

客観視してわかっていることだが、
妙に素直になれない。

遠距離恋愛。

やっと会える機会がうれしくないはずはないのに。

そしてせっかくの時間を、
楽しいものにしたい気持ちは強いはずなのに。

「……いつもと違うよな、おまえ? なんかあったか?」

開口一番、カレは尋ねた。

「…久しぶりでちょっと緊張してるかもね」

やはり声にトゲが。

それを聞いて
しばし思案顔でこちらを見ていたカレが、
突如私の手を引いて足早に歩き出した。

「なっ…なに?」



連れ込まれたのは、
車椅子を使う人でも楽に使用可能な広めの、清潔な御手洗い。

勢いよく放り込まれてよろめきながら振り向くと、
カレが後ろ手に鍵をかけるところだった。

「な…んでこんな所…?」

「何をスネてるのか知らないけど、こうすれば素直でカワイイとろんとした安希になるだろ?」

言い終わるやいなや、深いキス。

あっさりブラのホックをはずされ、サマーニットの裾からカレの手が侵入、膨らみを揉む。

抗議のしようとしてもくぐもった声しか出せない。

そうこうしているうちにスカートがたくしあげられ、ショーツの上から割れ目に指が這う。

「……ふ…っ」

あまりの久しぶりの感覚に身体が跳ねる。

クチュッ

「っ/////」

「欲求不満だったか」

「ちが…っ」

違わないのが恥ずかしすぎる。

「放っといたもんな俺。まぁ…浮気はしなかったみたいだから、今日は不満全部吹っ飛ぶように激しくしてあげるよ」

「ちょっ待…っ! ここでするの?」

「ん〜? 1回イカせる」

下着の横から指が割り込んで
少し腫れた部分を撫でる。

あやうく出そうになった声を、私はあわてて片手で口を塞いで止めた。

「めっちゃ敏感になってんじゃん」

ふるふる首を横に振る。

「目ぇウルウルで膝ガクガクで、感じてないって言うのか?」

違う……。

やさしく強く突起を擦られて…もう無理だって合図…!

「んんんっ」

痙攣の後の脱力。

膝から崩れ落ちそうなところをカレに支えてもらい、
洗面台にわずかに腰をかける。

顔を上向かせられ、見下ろすカレと目が合うと、
恥ずかしさに思わず視線をそらした。

「よし、エロカワイイ顔になった」

……この人には勝てない……。


投稿者:山田吾郎 (yamachu)  2012/7/28(土) 18:53:01 No.7680 [pcJHBzYSbtBV2]

これと似たようなことをしたことがある…まさか…(笑)


投稿者:AKI安希 2012/8/21(火) 0:52:44 No.7744 [PZYo3f5Hnf6]

山田吾郎さん。


えぇっ?!

現実に経験済みですか?!/////

うわ〜/////


私のは 思いっきり妄想ですよ(^_^;)


投稿者:AKI安希 2012/9/2(日) 14:43:41 No.7764 [PZYo3f5Hnf6]

ホテルのエレベーター内で息苦しいほどのキスをされ、

部屋に入った途端に
身体中にいやらしいイタズラをされてイカされ、

渾身の力を込めて彼の腕から逃げて
シャワーは浴びることができたものの……。

「あっ! 何もう終わろうとしてんの!」

ベッドで痙攣する身体に叱咤しながらバスタオルを掴み、
私は裸を隠そうとしていた。

今その私の行動を見たカレが
制止の声を上げたワケだ。

「まだ途中だろ」

「む…り…、ちょっと休憩…させて…」

「却下」

バスタオルをひっぺがされる。

生地が乳首をかすめ、私の身体が跳ねた。

「全裸見られるだけで感じるまでになった? いやらし…」

「ちがっ! だ、だいたいねぇ! 舐めすぎ吸いすぎ弄りすぎっ! もうダメっ」

ビシッと指をカレに突き付け抗議した後、
匍匐前進でベッドの上を逃げる。

腰から下はもはや力が入らず、逃げるための役には立たない。

「何回もイカせても 意地になってスネてるみたいな抵抗を続けるからだろ? 意外に頑固だよなおまえは」

やっとおとなしくなったかと思ったのにまだ逃げるか、
と苦笑しながらカレはいとも簡単に私の脚を捕まえる。

うつ伏せだったのを くるりと仰向けにひっくり返した。

両脚を閉じる隙もなく(元より力が入らないが)
間に割って入ってくる。

「ゃっ…ん…あ、頭…壊れちゃ……!」

皆まで言えずにイキそうになって手で口を塞いだ。

「壊れな。俺は壊すつもりだから」

最初はやさしく奥まで到達。

奥の時点で私はイッてしまうのだけれども、
ゆるやかに滑りを確認しながら、カレは楽しそうに顔を寄せてきた。

「安希」

とけそうなキス。

私の身体に沈められたものは、入り口付近まで戻ってゆく。

「…ん…」

中から居なくなってしまいそうで切なくて声が漏れた。

直後。

ズン…ッ

と 音がしたんじゃないかと思うくらい、勢いよく奥を刺された。

声にならない喘ぎと震えは快感によるもの……。

キスが終わる。

本格始動の予感におののく。

「待って…それ…」

「安希が一番弱いやつだよな。盛大にイキたまえ(笑)」

あ…遊ばれてる…!

イキっぷり見て遊ぶ気だよこの人〜!


「ダ…メ…!」

と言っても逃げようもなく、カレの胸板を多少叩くぐらいしか抵抗のしようがない。



投稿者:AKI安希 2012/9/2(日) 14:53:35 No.7765 [PZYo3f5Hnf6]

そうこうしている間も
入り口付近に戻って奥、を繰り返されて身体がガクガクしてくる。

頭に血がのぼってきてボーッとするが、
擦れている下半身にすべての感覚が集中する。

喘ぎの合間に気持ちいいと自然と言ってしまう。

だんだんカレのペースが上がって

「やっ、激し…ダメ…んっイ、ダメ気持ちい…っイゃ…あ…っ」

ダメなのか気持ちいいのかどっちだよ、
と言われ、うわごとのように気持ちいいと返した。


……それを最後に意識が途切れて。

気付いたときにはうつ伏せ。

……というか…、
腰からお尻が、膝立ちで持ち上がっている姿勢。

「……ぇ?」

とりあえず、姿勢を崩す。

横に倒れて乱れた息を整えつつ、カレの姿を探した。

………視線を感じる。

下のほうから。

頭を持ち上げて下を確認してみると

「やーっ! 何じっと見てんのよ〜っ/////」

私の恥ずかしい場所を見つめるカレが居た。

「お? 戻ってきたか。当人は気絶してるも同然なのに、ココはずっとヒクヒクいやらしい」

「そーゆーことは言わなくていいっ、見るんじゃないっ」

なんで私ばっかりこんなに恥ずかしいんだ〜っ?!



『完』


ラブラブバカップルに仕上がりました(笑)

自己満〜♪(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.