実際に出会った変な痴漢

【ユキの痴漢体験】
こんにちは ゲスト さん ログイン

ひとりエッチ倶楽部 > ワタシの痴漢体験 > 実際に出会った変な痴漢

[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


実際に出会った変な痴漢
投稿者:ユキ (kurohina9)  2015/9/8(火) 23:22:09 No.4342 [pczJDuDisOEe.]

信じられないかもしれませんが、実際に私が体験した出来事を覚えてる範囲でそのまま書きます。

先日に都内で友達と買い物をしてきたのですが、その帰りに痴漢にあってしまいました。しかし普通の痴漢ではありません。

帰りは友達と電車が違うので一人で帰ったのですが、一回乗り換えがあり乗り換える前は立っていたので起きていました。

そしてローカル線に乗ってからは座れたので手すりのある端っこに座りました。

しばらくすると私は寝てしまいました。

意識が戻ったのは私の太股をトントンと軽く叩かれた時です。

体を動かさないでうっすら目を開けたら、隣にスーツ姿の男性がいました。

たまたま当たったのかなって思ってまた目を閉じました。

するとまた軽くトントンと叩かれてうっすら目を開けました。

何か違うなぁって思いつつ少し周りを見回してみると、周りに誰もいませんでした。しかも、反対側の窓に反射して映ったものを見て驚きました。

私の隣にサラリーマン風の男性がいるのですが、その隣には誰もいませんでした。

つまり……この車両には私と中年男性しかいませんでした。

「(……この状況ヤバイかも)」って思った次の瞬間、男性の手が私の太股を撫で回し始めました。

手付きが凄くいやらしかったです。

私はこの時、結構怖かったので寝たフリをしてしまい……これが原因でこの後酷い事になってしまいました。

好き放題太股を撫で回され、だんだん内股まで手が入ってきました。

そして、スカートに触れそうになったら手が離れました。

これで終わりかなって思ったら、今度は脇腹辺りに手が伸びてきて撫で回され、そして………服の上から右胸を揉まれました。

すると男性が小声で「デカくて柔らかい……」って呟きました。

男性は辺りを見回して、そのまま両胸を揉み始めました。

揉みくちゃにされ、男性の息がだんだん荒くなってきました。

そして男性がいきなり立ち上がり私の前に立ち、しゃがんで辺りをきょろしてから私のシャツを捲り、ブラが晒されました。

そのままブラを上にズラされて……おっぱいがあらわになってしまいました。

そしたら男性が「やべぇ……」って呟きました。

勃起した乳首を指で弄られたら、私は声が出そうになるくらい快感が走りました。

両乳首を指で弄られた後、男性が私に軽く覆い被さる感じになり、胸の谷間に顔を埋めてきました。

おっぱいの両サイドから手で押し込み……「この胸気持ち良すぎる」ってまた呟きました。

そして顔を上げてまた辺りを見回して……今度は乳首を吸い始めました。

チュバチュバと音を立てて吸い付かれ、思わず「……ンンンッ」って声が漏れてしまいました。

すると男性は吸うのを止めて私の顔を覗き込んできました。

私はマズいって思って寝たふりをしました。

男性は何事も無かったようにまた乳首を吸い始めました。

認めたくありませんが、乳首だけでイきそうな位気持ち良かったです………。

しばらく吸われた後、男性が一旦離れました。

男性が私の目の前でしゃがんだ状態から今度はスカートを捲られました。

「うわっ、なんだコレ……濡れ過ぎだろ」と、呟いていました。

私は「(お願いだから実況しないでーーー!)」って心の中で叫びました。

そのままパンツを脱がされ、開脚させられました……。

オマンコが丸見えです……。

「パイパンかよ!………随分綺麗だな」って、呟く男性。

この時辺りから私は今まで以上に焦り始めていました。

男性が顔を近付けて、膣口を舌で舐めて、そのまま吸い始めました。

「(やだ……この人私の愛液飲んでる)」そう思った矢先、膣内へ指を入れられ掻き回されました。

それだけでなく、クリを舌で舐められました。

その瞬間「アンッ」って声を漏らしてしまいました。

男性は動きを止めてこちらを見ました。

私は直ぐ寝たふりをしてからうっすら目を開けました。

男性はニヤッっと笑うと、何事も無かったようにクリを舐め始めました。

快楽を抑えようと必死になっていましたが、たまに喘ぎ声がもれてしまいました。

でも、男性は聞こえていないかのようにクンニを続けていました。

私が起きてるの絶対気づいてると思いつつ私は寝たふりをしました。

そして……男性はベルトを外し始め、パンツをズラしてオチンチンを出しました。

私はこのまま挿入されるのだと思い心の中で彼氏に「(………ごめんね)」って謝りました。

しかし、男性は挿入しませんでした。

それどころか、脱がした私のパンツをオチンチンに巻き付けていました。

私はこの男性が何をしたいのか解りませんでした。

巻き付けたオチンチンを手で握ったまま、男性は椅子に両膝ををついて私にまたがると、胸の谷間ににオチンチンを挟みました。

私は何がしたいのか解らずパニックになりました。

そして、オチンチンを包み込むように胸を押さえ、男性は腰を振り始めました。この男性はパイズリがしたかったみたいですね。

私の目の前には男性のオチンチンが……。

しばらくして男性が「出る!」と言った直後にオチンチンの先端辺りのパンツに染みができ、精液の独特の臭いがしました。

男性は私のパンツでオチンチンを拭いて、そのパンツを私の手に握らせました。

そして男性は直ぐ立ち上がり自分の服装を整え、その後私のスカートやシャツを戻してくれました。

そして駅に停車してドアが開と私の耳元で「最高だったよ、ありがとう。」そう言って直ぐ出て行きました。

私はしばらく放心状態でした。


投稿者:ユキ (kurohina9)  2015/9/8(火) 23:23:53 No.4343 [pczJDuDisOEe.]


そして、降りる駅に到着したので少しフラフラしながら電車を降りました。

気が付くと私は駐車場がある場所とは違う方向に歩いていました。

この時の私はオチンチンの事しか頭にありませんでした。

駅から少し歩いて裏路地をすすむと小さなラブホテルがあります。

私は迷わず一人で入り、部屋に入ると精液まみれのパンツを棚の上に置き、服を全部脱いでバッグの中からバイブを取り出してベッドに寝そべり、そのまま挿入したらすんなり入りました。

本体もクリバイブもいきなり最大にしました。

私は今までにない程乱れました。

しばらくして、視界に精液まみれのパンツが入りました。

パンツを取って裏返すと、凄い量の精液がついていて、塊が垂れようとしてました。

この時、私の中では「ダメ!汚いから絶対にダメ!」と、言っているのに………スイッチの入った私は止まりません。

「しぇ〜えき美味しそう♪」

確かこんなセリフを言ってたと思います。

私はパンツを頭上に持ち上げて顔を上に向けて舌を出しました。

すると、精液がゆっくりと垂れて私の舌に乗りました。

その精液を舌で転がして、ゴックンと飲み込んでしまいました。彼氏のとは若干ですが違う味でした。

……バイブを舌の口で咥えこみ、腰を自分で動かしながら私は精液まみれの自分のパンツを舐めていました。

その後、精液まみれのパンツを穿いてバイブを固定して、両乳首を弄り……大声で喘ぎながら何度も何度もイってしまいました。

実を言うと、これ以上の記憶がありません。

気が付いたら寝てたって感じでしたので……。

朝、ラブホテルのベッドで目が覚めてシャワーを浴びました………が、気が付いたら指でクリを弄ってました。

そのままイって、体を綺麗にしてから着替えの下着をバッグから取り出して穿きました。

精液まみれのパンツはゴミ箱に捨てました。

部屋を出ようとして体の異変を感じました。

あれだけオナしたのにまだオマンコがオチンチン欲しがっているのです。

私は仕方ないのでバイブを挿入して動かさないで帰りました。



まさかこんな痴漢体験するとは思いませんでした。お陰で今までより性欲が強くなってしまいました。

痴漢は女の敵です!でも、ハマってしまうと大変危険ですね。

今回の事は彼氏には絶対に内緒ですね………でも、たまになら痴漢もいいかなって思う私自身が嫌になります……。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシの痴漢体験]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.