娘と娘の彼のオモチャ・・・。

【まりえの秘密告白】
こんにちは ゲスト さん ログイン

ひとりエッチ倶楽部 > ワタシの秘密告白 > 娘と娘の彼のオモチャ・・・。

[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


娘と娘の彼のオモチャ・・・。
投稿者:まりえ 2008/06/29(日) 02:05:33 No.1728

ご無沙汰です。
記事が過去ログに落ちてしまったので新しく記事を書きます。

娘(亜紀)の彼に抱かれる前に、ネットで購入した数々の道具で私は娘に犯され調教されました。

購入したのは・・・バイブ2本、アナルバイブ2本、ロープ、ボールギャグ
、手枷、足枷、透明のビニールシート、ボンデージ衣装等。

道具が届いた夜に私が仕事を終えて帰宅するとリビングのソファーに
ボンデージを着て派手なメイクをした娘が座っていました。
その光景を見た私は一瞬息を呑み声が出ませんでした。
そこいに居るのは、いつもは殆どメイクもしない娘が真っ赤なルージュを塗り爪もルージュと同じ真っ赤に・・・。
どう見ても娘とは別人みたいでした。

娘はタバコを吸いながら私に刺すような視線を向けて・・・
「ママ遅かったじゃない?もしかして店の客とシテ来たんじゃない?」
「そんな事してないよ」
「どうだか怪しいもんだわ。突っ立ってないで私の前にきなよ!」
娘の言葉に促され私は娘の前に進み立ちました。
「じゃスカート捲りな!私が見てあげる」
もうこの時点で私は娘に何をされても抵抗せずに調教されようと決心していました。
「あらあら、あいかわらずこんな下着を着けて陰毛が透けて見えてるじゃない」
と言うと娘はパンストごと下着を太腿迄一気に下げて
「私とユウ君のオモチャになるんだったら、この毛は邪魔だから剃るよ!」
「えっ!?」
「剃ってしまえば私達以外の人の前では脱げないでしょ?でもママはマゾだから脱げるか アハハハ・・・」
そう言われると私は興奮してしまいオマンコから淫汁が溢れてくるのが分かりました。
「さぁ〜服を脱いで!私がママの毛を剃ってあげるから!」
そう言うと娘は立ち上がり風呂場の方へ歩いて行きました。
娘が風呂場へ行っている間に私は服を脱ぎ娘が戻ってくるのを待っていました。
少ししてから風呂場の方から戻ってきました。
「さぁ〜ママ剃るから、その椅子に座って股を開きな!」
「そ・・・そんな恥ずかしい。お願いだから自分で剃らせて」
「ダメ!ママは私のオモチャなんだから勝手は許さない!!」
「さぁ〜まりえのマンコの毛を剃って下さいって言ってみなさいよ!」
「・・・・・・・」
「言えないの?言えないんだったらユウ君に抱いて貰えないないわよ」
そう言われると私は娘の彼の大きなオチンポを思い出し、硬くて大きいあのオチンポで私のオマンコを犯して欲しいと思い・・・。
「亜紀様 まりえのオマンコの毛を剃って下さい。そして、まりえを犯して下さい」と言ってしまっていました。

続く・・・。


投稿者:マサ 2008/06/29(日) 22:22:45 No.1730

前回から読ませて貰っているけど何か引っ掛かるんだよな。創作か,真実+妄想では?



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシの秘密告白]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.