その後のれい

【れいの秘密告白】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


その後のれい
投稿者:れい (rose_layla)  2011/4/30(土) 15:50:51 No.7365 [pc0MjLFnSMi.E]

眠くなってベッドに入ったら、後ろから抱きしめられ、
クリを指でいじめられ、
まだまだ敏感な身体がビクビク震えました。
「感じ易くて可愛いよ…淫乱なれい…」
耳たぶをはむはむされて、
「ふぁっ…やぁっはぁんっ…」
「お前に犯されたい願望があるのは知ってるけど、俺はイヤだ。お前の身体に他の男が少し触れるのも許せないからな…触らせるなよ…れいは俺のだからな……」
組み伏せられて、息が出来なくなるくらいの激しいキスをされながら、
入れられていたタンポンを抜き取られ、
深く貫かれました。
「返事は?」
「はい…れいは(彼氏)君だけのモノだから…いっぱいエッチなことして、余所見する暇ないくらい…犯してください」
「じゃあ、ピル禁止。まず俺の子孕め。結婚しよ」
「こんなプロポーズやぁ…」
「俺に犯されながらってのが、淫乱れいには似合ってるの。俺のモノだろ…何かモンクは?」
「……ない」
「オッケー…最近ホントれいエロ過ぎて、中凄い締まるんだよな…」
「おやすみ入ってから、エッチ気分のまんま…もっとしたいの…」
「ホント休みでスイッチ入ったな…もう仕事辞めていいから、今みたいにずっとエロい顔で誘惑してこいよ…」
「オバさんになっても、オバアさんになっても暴走してたら?」
「臨むところだ。いっぱいイケよ…」
弱いトコロは把握され尽くしているので、
言われなくてもいっぱいイカされちゃうんですが…

2人後側位で繋がったまま寝てました。
起きたら彼すっごいご機嫌でお風呂で洗いっこして、
カルボナーラまで作ってくれて、
食べようとしたら、止められて、
くるくるしたパスタを
「ほら、あーん」
と差し出してきてパクリ、もぐもぐ
「おいし♪」
「れい、食べ方までエロい…」
「も〜恥ずかしかったのに…今度は私が食べさせちゃうから…アーン…美味しい?」
「れいが作ってくれる方が美味い」
「じゃあ今度は一緒に作ろ?」
「台所なんかに2人でいたら、料理にならないだろ…後ろから犯しまくるに決まってる…」
「エッチ…」
「嬉しいくせに…」
など無意味にラブラブでした。

彼は持ち帰った仕事をしています。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシの秘密告白]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.