お仕置き

【トシのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


お仕置き
投稿者:トシ 2009/2/12(木) 22:33:27 No.1464

女は男の待つ部屋のドアを開けた。
約束の時間を5分遅刻!

部屋の中には男がソファーに座って待っていた。

『約束を守れなかった時はどうする?』
男が女に尋ねる。

『ごめんなさい』
女は謝るが頭の中では男の次の命令が駆け巡っている。

『壁に向かって立つんだろ? 約束を守れない子はお仕置きだろ?』

男の言葉に素直に従い女は壁の前に立つと,

『自分の手でスカートをメクリ上げるのでは!』
男の声が女に追い打ちをかける。

女はスカートを摘み徐々に持ち上げる。もう何回何十回としている行為だが慣れる事はない。

恥ずかしさとこれから起こる事に対して彼女の全身はすでにじっとりと汗ばんでいる。
女が腰までスカートを捲り上げると
『数は? 数をかぞえるんだろ?』 男の言葉が女をうながす。
『一つ』 バシッ!
『次は?』
『二つ』 バシッ!
『三つ』 バシッ!
女の声と男の手が尻を打ち据えた音が部屋に響く。
男の手が振り下ろされるたびに痛さが腰にそして子宮に響く。
男の手が当たるたびに尻がカット熱くなる。

もう何回 叩かれたか判らない 。
女の足が震え,一瞬よろめき手が壁につく。
『手を着いてはいけないんだろ?』 男の声がする。

『両手を前に出してごらん』
男の言葉に従い女が手を前に差し出すと

バシッ!
手の平にスリッパが振り下ろされる。
手の平がカット熱くなる。

『まさか濡らしたりしてないよね? 君はお仕置きをされて濡らすようなはしたない子じゃないよね?』
男が女に聞く。

『ハイ!』 と 女は返事を返すがジットリと濡れているのは触らなくても判る

『嘘じゃないよね?君は私に嘘をつくような悪い子じゃないよね?』
男の言葉が追い詰める

『ハィ... 多分...』

『では調べてみようか?』
言うなり男の指先が下着越にワレメをなぞり始める。
女は腰を引くが男の指は執拗に追い掛ける。

『パンティーが湿ってる?嘘をついた?』
男が君に聞き返しすが女の口から言葉が出ない。 『嘘をついた?』
言葉とともに男の手が尻に飛ぶ。
『ごめんなさい』

『嘘をついた? それとも痛くてオシッコを漏らしたの?』
『オシッコではありません』
女が返事をすると

『嘘をつくような悪い子はどうするか判っているよね?』 男が尋ねると

『ハイッ』
女は返事をしパンティを脱ぐと

『今日は上も全部脱いでごらん!』
と言う男の声

女が着衣を全部脱ぎすて壁に向かうと男が背後から乳輪を,そして乳首を指先でなぞる。
乳首が固く尖る。
男が女の前に廻り込むと男の手にはタコ糸握られている。
男は女の固くなった乳首の根元にタコ糸を巻き付ける,グルッグルッと。
『痛い!』
女が小さく叫ぶ。
糸が乳首の根元に食い込む。左の乳首を糸で縛り終えると今度は右の乳首 ,両方の乳首を縛り終え糸の端を男は引き上げながら男が言う。

『爪先立ちしてごらん』
言われるままに女が爪先立ちをすると余ったタコ糸の端が天井から下がっているフックに掛けられる。

『カカトを着けると乳首がチギレるぞ?』
男の声が部屋中に響き渡る。

『手を後ろに回して!』
男の言葉に従うと手首にも縄が巻き付く。

全裸の女が後ろ手に縛られ,乳首を縛ったタコ糸は天井から下がったフックに掛けられている。



投稿者:トシ 2009/2/12(木) 22:43:14 No.1465

全裸で乳首を縛られ吊された女が立っている。
その尻に男の手が振り下ろされる。
バシッ!バシッ!と音がするたびに女の尻は赤く染まっていく。
女の体には乳首がチギレるかのような痛みと尻を叩かれる痛みが脈打つたびにズキン!ズキン!と体中にそして子宮に伝わり燃えるような快感に変わる!

痛さと気持ちよさに耐えかね爪先立ちの足が震える。
カカトを少しだけ下ろすと乳首にチギレそうな激痛が走る。

男の手が真っ赤に腫れ上がりった尻をなぞるとゾクッとする感触が!
男の指先が尾底骨から背中をゆっくりと首筋に向かって上がって行く。
それも焦れったいぐらい優しく,ゆっくりと。
首の付けねを男の口が舌がネブリ,吸い上げる。
膝の震えが止まらない。

『お仕置きだから感じてはいけないんだろ?』
男が問い掛ける。

『ハイッ』
女は答えるが声にならない。

『お返事は?』
男が再び問い掛ける。

『感じてしまいました』
女が答えると,

『悪い子だね?お仕置きで感じるなんて!』

男の手がフックに掛かっていたタコ糸を外すと女はドット床に倒れ込む。

『頭をつけて!腰を上げて!腰を突き出すんだろ?』
男の声に促されて女は四つん這いになる。
男の目に真っ赤に濡れそぼつたワレメが映る。
バシッ!
バシッ!
尻には手とは違う何かが振り下ろされた。
濡れたタオル。
濡れタオルがバシッバシッと君の尻全体に振り下ろされる。
そしてワレメにも!

痛さと衝撃と快感で女は床にウツブセてしまう。
『腰を上げて!』
男の声に女は重たい腰を突き上げる。

『もっと足を開くんだろ?見てもらうんだろ?』
男の問い掛けに,

『ハイッ』
と女が答える。

『どこを?』
男の問い掛けに女は恥ずかしくて言葉が出てこない。

『どこを見てもらうのか言わないと見る事も調べる事もできない,どこを?』
『どこが,どうなっているのか,見てもらう?』
男が再び問い掛ける

男の度重なる問い掛けに女は小さな声で応える。
『私のオマンコを見て下さい。どのくらい濡れてるか調べて下さい』

男は女の後ろに回り込む。そこには真っ赤に充血しマン汁でヌラヌラと光ったワレメがあった!汁はフトモモまで流れ落ちている。

『ワレメだけでなくアナルまで丸見えだぞ。君が呼吸するたびにアナルとオマンコの入り口が閉じたり開いたりしている。お仕置きをされてこんなに感じるなんて君は変態だな?』

男の言葉に反応してオマンコの入口がキュッと締まるのが判る。

男の指先がなぞり始める
ワレメを。
アナルからクリを何回も何回も行き来する。
勃起したクリに男の指先が軽く触れただけで快感が広がる。
男の指先が入り口をなぞり始める,一本の指先がぐるぐると入りをなぞる。 女は深く向かい入れようと腰を突き出すが指先は予測したかのように逃げる。
せつない!

『お願いは?』
『中を掻き交ぜて欲しいんだろ? お願いしないと!私のオマンコに指を入れて下さいは?』
男が促す。
しかし女は恥ずかしくて言葉に出来ない。

男が言う,
『私のぐちゃぐちゃのオマンコに指を入れて下さいは?』

君は羞恥でなおさら言えずにいると,

男が再び
『私のマン汁を垂れ流しているオマンコを指で突き上げて下さいは?』
と促す。



投稿者:トシ 2009/2/12(木) 22:51:51 No.1466

男が再び
『私のマン汁を垂れ流しているオマンコを指で突き上げて下さいは?』
と促す。
女は言う
『私のオマンコに指を入れて下さい!』

『違うだろ?私のマン汁を垂れ流しているオマンコを指で突き上げて下さいだろ?』
と男の声。

女は恥ずかし過ぎて言いいよどむ。

濡れタオルが真っ赤に腫れあがった尻に打ち下ろされる。
バシッ!バシッ!

『ヒァ〜ッ』
不意の衝撃が尻に子宮にズドンと響く。

女の口から堪らずに言葉がでる。

『私のマン汁を垂れ流しているオマンコを指で突き上げて下さい』

言葉と同時に入り口をなぞっていた指がイッキに中に入る。

『真っ赤に充血したワレメに私の指がずっぽりと付けねまで入ってるのがまる見えだぞ!恥ずかしくないのか?』
男は言いながら指先で子宮口を突き上げる。

『指一本では物足りないんだろ?』
男の言葉に反応するかのように,女の腰は指の刺激を求めて無意識に前後に動いている。

『お願いは?』

男の言葉に,
『指を二本にして下さい。もっと私のオマンコをぐちゃぐちゃに掻き交ぜて下さい!』
女は言ってしまうと言葉の恥ずかしいさが体に一層の快感をつれてくる。

男の指が二本,入口を擦りながらゆっくりと入っていく。男は手首を回しながら出し入れする。指が出入りするたびにグチョグチョと音がする。入り口が擦れ子宮口を突かれるたびに女は昇りつめていく!

『イッテもいいですか?』
女は我慢出来ずに男に尋ねる。

『ダメだ,もっと我慢するんだろ?』
男は指を出し入れしながら返事をする。指が動くたびにグチョ,グチョとゆうと共にマン汁が流れ出る。

『このプックリとした所は何か判るか?』
男は指先で中を刺激しながら尋ねる 。
女はなんとも言えぬ感覚に言葉が出ない。

『ここは膀胱だ!この中にオシッコが貯まってる,今からオシッコを掻き出してやろうな?』
男の指先が奥から入口に向かって激しく動きだす。まるでカキ出すかのように。

女の体にゾクッとした感覚が訪れる。
『イャ〜ッ 漏れる〜オシッコが出る〜!
女は堪らずに叫び声をあげる。

男の指先はかまわずに動き続ける。

『オシッコを漏らしてごらん, オマンコを指で掻き交ぜられながらオモラシしてごらん,見ててあげるから』
と男が言う。女は男の言葉を待っていたかのように尿道口から尿が飛び散る。
シャ〜ッ

『見ないでェ〜ごめんなさい』
女は昇りつめる,イッキに!

『お許しを得ないでイッテはいけないんだろ?』
男の言葉が女の耳元で。




  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.