みやこサンのリクエスト

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


みやこサンのリクエスト
投稿者:ひでき 2009/2/20(金) 18:06:38 No.1481

シャワーを浴び終え脱衣所で着替えている所に弟の○○がシャワーを浴びに入って来た。
「きゃぁ!!」
『うわっ!ご、ごめん…』慌てた○○は直に脱衣所から出ていった。
「もぉ〜○○ちゃんったら・・でも、○○ちゃんって相変わらずリアクションが可愛い♪」
部屋に戻った○○は(みやこの裸って小学校以来だっけ…何か大人だったな)
姉の身体の成長に今まで持った事の無い感情が沸々と湧いてきた。
そして浮かび上がる姉の裸が頭から離れず、気付くと股間を大きくさせてしまった○○。
姉の裸体をオカズに○○は勃起したモノを握りしめ扱き出した・・・
(はぁはぁ、、みやこの胸・・相変わらず小さかったけど凄く柔らかそう)
(あぁ、、みやこの乳首・・凄く綺麗なピンクしてた)
(はぁ、、毛もあんなに生やして・・あの毛の奥・・・みやこのアソコ・・見たい・・・あぁぁ)
弟の○○が隣の部屋で扱いているのを知らずに、みやこは濡れた髪を乾かしていた。
そして射精を終えた○○は、みやこの部屋を訪ねにきた。
ドライヤーの音で後ろに立つ○○の事に一切気付く事なく髪を乾かすみやこ・・・
○○は座るみやこの背後からガバっと覆い被さってきた。
「!?○○ちゃん?ちょ、ちょっと何?何するのよぉ」
ドライヤーのスイッチを消して後ろを振り向くと、いつも優しい顔をした○○の表情が一変して今までで見た事のない形相をさせていた。
○○は言葉を発する事無く後ろから、みやこの胸をパジャマの上から揉みに掛かる。
力の加減が出来ないのか、揉まれると言うより握られる様な力の入れ具合だった。
「痛っ、痛いよ○○ちゃん…ヤメテったら……」
パジャマのボタンを慌しく外し、隙間から手を忍ばせる。
みやこの小さな乳首を探し当てた○○は指先で摘みあげる。
摘んだ乳首をグリグリと力任せに擦る○○・・・
「ヤダ…ヤメテよ○○ちゃん……私達、こ、こんな事しちゃダメなんだってば…」
みやこは○○の手を引き剥がそうとするが、まるでビクともしない。
逆に○○からベッドにそのまま抱え上げられてしまった。
ベッドに押し倒されパジャマを捲くられ弟の○○へ胸を晒されてしまう。
両手で胸を揉みながら顔を埋め乳首目掛けて舌を伸ばす○○。
『んん、んんはぁ……』
ベチャベチャと音を立てながら、みやこの乳首を舐め、吸い始める。
抵抗する手を押え付けられ、唇や舌で乳首を刺激され続ける みやこ・・・
ピンク色が黒みが掛かった色へ変り、小さな乳首は硬く小豆の様に丸々と変化する。
「○○ちゃん・・ダメだってこんな事…あっ、ヤメ、て……」


投稿者:ひでき 2009/2/20(金) 18:08:32 No.1482

○○は身体を起し、みやこの履くパジャマに手を掛けた。
「やッダメッ!○○ちゃん!!」
パジャマを引きずり下ろそうとする○○。
それを阻止しようと必死にパジャマを掴む、みやこの手。
みやこの脚を抱え上げグイグイと力を入れ出す○○。
徐々にパジャマが引かれて行く・・・尻の半分が見え、陰毛がチラつく所まで・・・
○○は一気に力を込め引っ張りあげた。
みやこの手からパジャマが引き離され、下着も同時に引き剥がされてしまった。
間髪居れずに○○は抱える みやこの両脚をグイっと みやこの頭に押し込む様にさせる。
みやこの爪先は頭の先を越え、窮屈な屈曲をさせられる。
窮屈なマングリ返しをさせられ、みやこの表情は息苦しそうにさせる。
僅かに動く手をバタバタさせ微かな抵抗をさせる。
○○はそのまま掴む足をガバっと大きく開き、みやこの恥部を丸出しに晒す。
『はぁはぁ、みやこのオマンコ…はぁはぁ、こんなだったんだ?』
「ヤメテ○○ちゃん、見ないで…ッ、お願いだからもう……」
『小学生振りに見たみやこのオマンコ…こんなにもイヤラシク変ってたんだね』
『あの頃は毛もまだそんなに生えていなかったのに・・今はこんなにも…』
○○は、みやこの恥部に顔を近付け更に視姦する・・・
『みやこ、弟の俺にこんな真似させられてるのに〜濡らしてるんだ?』
『もしかして、感じてるの?』
「違ッ!違う。そんなんじゃ…あッ・・」
○○が近付かせる口から荒い息が みやこの恥部へ微妙な刺激を与える。
『はぁはぁはぁ、俺・・もう我慢出来ない。良いだろ?みやこ…入れるよ??』
「ダメ〜〜ッ、○○ちゃんそれだけはダメだよ!ね?お願いだからもう止めよう??」
○○は、みやこの言葉に耳を傾ける事無く履いていたズボンを降ろした。
みやこの目の前で仁王立ちする○○の股間はビクンビクンと脈打たせていた。
ベッドから立ち上がり逃げようとする みやこ。
慌てた○○は、みやこの腕を捕まえベッドへ投げ捨てる。
うつ伏せになった みやこの腰を捕まえグイっと尻を突き出させる。
○○は脈打たせるモノを みやこの恥部へ押し当てる。
「ヤ、ヤダ・・ヤメテ○○ちゃん…ダメ、ダメだよ○○ちゃん……」
ヌプ・・・○○の先端は完全に みやこの中へ収まった。
頭を振り手をバタ付かせる みやこ・・・
○○は一気に みやこの中へ突き刺した。
「あッぁぁぁぁぁ………」
そして、ついに みやこは弟を受け入れさせられてしまった・・・
『あぁ、姉ちゃんのオマンコ…キツイよ……締め付けてくるよ…』
みやこの腰を押えながらガツガツと腰を振る○○。
○○の骨盤と、みやこの尻が衝突する・・・当たる度に部屋にパンパンと音が響く・・・
「あぅッあッあぁぁぅ…○○ちゃん…も、もう抜いて……」
『はぁはぁはぁ、こんな気持ちぃの途中で止めれないって!』
『みやこがこんなに気持ちぃなんて思わなかったよ…あぁぁ気持ちぃ…』
『みやこだって本当はもっとって思ってるんだろ?』
「・・・・・・・・・・・」
○○の袋が、みやこのもう一つ敏感な部分をペタペタと刺激させて来る。
みやこの肩を掴み更に荒く激しい挿入を繰り返す○○・・・
胸の下に手を持って行き、胸を揉み解しながら出し入れをさせる○○。
「あッあッあッあッ・・ぁぁっ……」
『ほら、みやこだって気持ちぃんでしょ?しっかり喘いでるじゃん』
「ち、違、、ぅ、、、あぁぁぅ」
『はぁはぁはぁはぁ…みやこ、、俺、出そう…』
「ダメだよ?中は、中はダメだよ○○ちゃん!」
『あぁぁぁ、でも、、も、もぅ、、、』
○○の腰の動きが今までで一番素早くなり始めた。
「ああああああああぁぁ…ダメッ、ぜ、絶対に、、、あぁぁ……ッ」
『はぁはぁ…イクよ!イクよ?イクよみやこ!!』
○○は、みやこの中から抜き出し慌しく みやこの身体を仰向けさせる。
そして、みやこの口へ寸前のモノを押し込んだ。
「んぐぐ…」
『うッ!うぅぅ………』
「んんッ、んんん」
みやこの口の中へ大量の精液が流し込まれた・・・
口の中で○○のモノの微動が伝わる・・・
ビクン、ビクンと・・・
みやこの口から抜き出した○○のモノは鎮まる事なく再び脈打たせていた。
それを見た瞬間、思わず口に含んだ精液をゴクリと飲み込んでしまった みやこ・・・

結局書き直さなかったんですけど〜どうかなぁ(6 ̄  ̄)
少し大人しすぎましたかね・・・笑
子ども扱いみたいなのは〜また次回と言う事で♪


投稿者:みやこ 2009/2/21(土) 0:03:11 No.1484

ありがとうございます!
かなり、読んでて濡れちゃいました(ж´ω`)/
無理矢理がたまらないですね!
今、また読みながら妄想して一人で弄ってます・・・。これからも、楽しみにしてるので頑張って下さいね。


投稿者:ひでき 2009/2/21(土) 1:51:29 No.1485

濡らしてくれたんだ♪
そして弄ったとは…
敏感な所〜全部 弄れましたか?
まだ最中だったり…
応援ありがとう
書くのもセックスも頑張ります(^^)b



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.