みゆぅサンのリクエスト(2)

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン

ひとりエッチ倶楽部 > ボクのひとりエッチの妄想 > みゆぅサンのリクエスト(2)

[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


みゆぅサンのリクエスト(2)
投稿者:ひでき 2009/3/14(土) 17:50:05 No.1549

残業・・誰も居ない部屋で1人黙々と残った仕事をこなしていた みゆぅ。
「ふぅ〜やっと終った…もうこんな時間じゃなぃ。最悪……」
「さっさと片付けて帰らなくちゃ。明日が休みで良かったな」
誰も居ないオフィスで独り言を言う みゆぅ。
ガチャ。ドアが開き先輩の加藤が仕事から帰って来た。
『あれ?みゆぅちゃんどうしたの?1人で残業??』
「あ!加藤さん。そうなんですよぉ〜加藤さんは?」
『俺?俺は外回りが長引いちゃってさ。こんな時間まで散々だよ全く・・』
加藤は みゆぅの座るデスクに歩み寄って来た。
みゆぅのパソコンを覗き込み『もう終るの?』
「あ、はい。丁度いま終った所です。」
『そっか。そいつは良かった』
加藤は誰も居ないオフィスの中をキョロキョロと見渡した。
『みゆぅちゃんお疲れさん。疲れただろ?』
加藤は みゆぅの肩を掴まえ肩を揉み始めた。
「あ、気持ちぃ…加藤さん凄く上手……結構疲れてたんですよ肩」
数分間みゆぅの肩をマッサージしてくれていた加藤の手が休んだと思ったら
背後から みゆぅの胸をギュっと掴み出す。
「か、加藤さん!?」
『ん?どうした みゆぅちゃん』
「あ、あの・・そこはちょっと…け、結構ですので……」
リラックスムードの みゆぅの身体に力が入る。
『ふ〜ん、みゆぅちゃんって思ってたより胸、大きかったんだ』
「加藤、さん…や、止めて下さい……」
椅子から立ち上がろうとしても加藤の力の入る手で押さえ込まれる みゆぅ。
みゆぅのブラウスのボタンを慣れた手付きで外しに掛かり、下着の上から揉み始めた。
ブラジャーの上から乳首を捜す指先・・小さめの みゆぅの乳首はブラジャーの上から見つけ難かった。
加藤はブラジャーをズラし、みゆぅの色白の乳房を晒す。
程好い大きさの乳房に小さめの可愛らしい乳首を目の当たりにした加藤…
『みゆぅちゃんの胸ってこんな可愛かったんだ・・乳首なんて豆粒みたいじゃん』
「お、お願いです加藤さん…こ、こんな事……そ、それに加藤さんには奥さんが……ダ、ダメです」
『あぁ、最近うちの妻な〜全然なんだよ。分からないよな みゆぅちゃんに俺の気持ちなんか…』
加藤の指先が みゆぅの小さな乳首を摘みだした。
「あっ...ぃ、ゃ......」
指先で摘みながら小刻みに擦られる乳首…
小さいながらもポツンと突起させる みゆぅの乳首…
『ほ〜ら、みゆぅちゃんのこの可愛らしい乳首がイヤラシイ乳首になって来たぞ?』
『こんなに硬くなって…』
「ぁっ、、ダ、メ、、、、」
閉じる足の力が徐々に抜け、自然と開いていく みゆぅ。
背もたれから腰がズレだし、身体全体の力が抜けてしまう みゆぅ。
椅子から起され みゆぅを立たせ加藤は みゆぅを机の上に乗せた。
机に座らせられる みゆぅの胸を舌を伸ばし舐めだす加藤。
舌で乳首をピンピンと弾く愛撫・・・
加藤の唾液が小さな乳首を更にイヤラシク見せる・・・
「はぁはぁはぁ…」


投稿者:ひでき 2009/3/14(土) 17:51:30 No.1550

身体の力を抜き、下を俯きながら声が出るのを堪える みゆぅ。
加藤は舌で胸を舐めながら、みゆぅの足首を掴まえ机の上に乗せた。
机の上で片膝を立てる みゆぅの下着は丸見えになる。
加藤の手は みゆぅの履くストッキングを乱暴に破り剥ぎ取る・・・
ビッビリッ、ビリビリッ。と手に力が入る。
股の中心だけ下着が直に晒され指先を下着の上からググっと押し込む様にすると
『みゆぅちゃん…随分と湿ってる様だけど……ここ…』
中指で湿らせる部分を何度も何度もグイグイと押し込む。
そして下着の脇から突き立てた指を忍ばせると
加藤の指先に みゆぅの溢れさせる汁の感触が伝わる。
「あっっ…」
『もうヌルヌルじゃないかぁ、みゆぅちゃんの此処からスケベな汁が溢れて来てるぞ?』
下着を捲くり みゆぅの陰部を覗き込む加藤。
『みゆぅちゃんのヒダ・・プックリして赤くなっちゃってるよ』
みゆぅの捲くれ上がったヒダを摘みながら加藤は一舐めする。
「あっふぅ…」
みゆぅの漏らす声が加藤の興奮を更に高める。
机に置いてあった書類を整理する為のクリップを取り出し みゆぅのズレたブラジャーを外し
ピンっと一度弾いた。
「うっ…っぅ」
『かなり此処も敏感になって来てる様だね…ならコイツを挟み込んだら飛び上がるんじゃないか?』
手にしたクリップを みゆぅの片方の小さな乳首へ挟み込んだ。
「あっあはぁぁぁ・・ぃ、痛…っ」
そしてもう片方へもクリップを挟み込む・・・
「あっあぁぁぅ…痛ぃ……っです………」
みゆぅの小さな乳首にクリップが挟み込まれ加藤は、それを引っ張り始めた。
『ほ〜ら、ほ〜〜ら』
みゆぅの乳首は引っ張られ伸び出す。
「加藤さん、痛いです…は、外して・・下さい……」
『直に慣れるさ、こんなの。その証拠にさっきより濡れて来てるんだぞ?』
「・・・・・・・・・」
『こう言う事されるのは始めてかい?』
「は、はぃ……」
『なら、このままコイツを突き刺されるのも初めてか…』
加藤はベルトを外し、ズボンをスルっと下に降ろした。
こんもりした下着を更に下げると黒々とした男のシンボル、ペニスが脈打っていた。
ペニスを掴み みゆぅの下着を脇にズラし先端を擦り付ける。
みゆぅが溢れさせた愛液をまんべん無く先端に付け黒光りになる加藤のペニス・・・
先端を みゆぅのポッカリと開く膣へ押し込み、腰を入れググっと押し込んだ。
「あぁぁっ…」
みゆぅは加藤のペニスを簡単に根元深くまで受け入れてしまう。
『んはぁ・・みゆぅちゃん、入っただろ?ほら、俺のが根元まで入っただろ??』
みゆぅの膝を掴まえ、ゆっくりとペニスを出し入れさせる。
『あぁ、みゆぅちゃんのオマンコ…俺のチンポを美味しそうに咥えてるぞ?』
『あぁぅ…そ、そんな風に言わないで…うぅっ」
加藤は みゆぅの中へ出し入れすると同時に乳首へ挟んだクリップを刺激させる。
「あぁ・・いたっあぁぁぅ……うっぐぅっ」
みゆぅは胸を揺らしながら加藤に突かれる。
加藤の腰が徐々にスピードを増す。
狭い机の上に乗り胸を揺らし上半身を仰け反らす みゆぅ。
みゆぅの中へ突き刺される度に机のきしむ音が響く。
『はぁはぁはぁ…逝きそう…だ……あぁぁ…』
加藤は今日一番のスピードで腰を振り、みゆぅの奥深くまで突き刺す。
「あっあっあっあっ…」
『逝くぞ?逝くぞ!あぁぁぁぁぁ…』
射精間近になると、加藤は みゆぅから抜き出し
捲くった下着を慌てて戻し、下着目掛けて一気に放つ。
『うっっ!』
みゆぅの下着には加藤の精液がベッタリと付着した。
みゆぅは息を切らし、下着に付いた精液を唯 眺めていた。
『ふぅ、さて みゆぅちゃんがもっと悦ぶ事を始めるとするか…』
加藤は机に座る みゆぅを抱かかえる。
キャスター付きの椅子を2つ並べ、そこへ みゆぅに乗る様に言う。
2つの椅子に片方ずつ脚を乗せる様にと・・・

と、此処まで時間が出来たので書いてみたんですけど・・・(6 ̄  ̄)
この先って何となく予想出来ますよね?
キャスター付きの椅子に跨るとどうなるか・


投稿者:みゆぅ (ai3796c)  2009/3/15(日) 1:32:25 No.1552

本当ありがとうございますm(__)mすっごくドキドキして(>_<)頭 ボォ〜ってなっちゃいました(☆_☆)
続きを想像すると・・・自分でも恥ずかしい位 濡れちゃいそう(#^.^#)
楽しみに待ってたかいがありましたp(^^)q
お忙しいのに お手数おかけして済みませんでした
m(__)m


投稿者:ひでき 2009/3/15(日) 10:54:31 No.1553

なんか、こんなんでゴメンして(m_m)
昨日は沢山のお返しありましたか?
彼氏から素敵なサプライズありましまたか?(笑)
また暇をみて気紛れになりますが書きますので目を通して下さいな♪


投稿者:みゆぅ (ai3796c)  2009/3/15(日) 12:57:34 No.1554

こんにちわo(^-^)o
義理チョコの お返しは 沢山いただきましたf^_^;
彼からは・・・残念ながら・・・でも ひできさんから書いてもらえたから それで十分かな(^^ゞ
次に書かれるのも楽しみにしていますp(^^)q
お願い聞いてもらえて
本当嬉しかった(#^.^#)
ありがとうごさいました
m(__)m


投稿者:ひでき 2009/3/15(日) 14:27:04 No.1555

何だぁ〜彼氏は…ですか?
そいつは可哀想に(ーー;)
硬くなったモノにリボンを付けて、お返しにコイツを みゆぅの中にプレゼント♪
とか言いながらリボン付きのチンチンを突き刺して貰わなかったんだ(笑)
次回作のキーワードは『駅長室』です。


投稿者:みゆぅ (ai3796c)  2009/3/15(日) 20:01:05 No.1556

仕方ないんです(-.-;)
今 微妙な感じだし・・・何だか よく分からない関係だから(?_?)淋しいなぁって思っちゃうけどね(T_T)
だから ひできさんの書かれるの読んでドキドキしてしまうのかも(>_<)

次は 駅長室ですか?
何だか いろいろ想像してしまってます(#^.^#)
楽しみにしています(^_-)-☆


投稿者:ひでき 2009/3/15(日) 20:59:33 No.1557

微妙な感じですか…
それはそれは〜俺が付け入る隙がありそうですねぇ(笑)
隙あらば、突き刺す事も……なんちて♪
どの道、小さな乳首を持て余すなんて勿体無いですよ。
駅長室じゃなくて駅員室にしました。
大した差はないと思わないで下さいね。


投稿者:りさ 2009/3/15(日) 21:44:58 No.1558

読んだらドキドキしてきました☆


投稿者:ひでき 2009/3/15(日) 23:15:28 No.1560

りさサン こんばんは。
ドキドキしちゃうから読んじゃダメですってば〜笑
いや、じゃんじゃん読んで下さい。
そしてドキドキした後に確認して下さい。
下着に染みる、イヤラシイ汁の確認を・・・・・・



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.