【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


投稿者:ひでき 2009/5/9(土) 0:57:46 No.1882

一時間程の残業を済まし、電車に乗り継いだ。
中途半端な時間のせいか、座席に座る事が出来る程、車内は空いていた。
車両の端に仕事帰りのOL風な女性が立ち、その隣にスーツを着た会社員らしき男が立っていた。
人が疎らな車両の隅で男女2人が立っているのが不自然に思えた。
決して友達や恋人同士と取れない不自然な立ち位置。
鞄をしっかり握り締め、顔は俯いている女性。
その女性の背後に身体を密着させ、男はこの人の少ない中、大胆にも痴漢行為を働いていたのだった。
俺は座りながら二人を唯、眺めていた。
男の手は完全に女性の履くスカートの中へ入り込ませいる。
怯えているのか女性は全く抵抗する姿勢を見せず、卑劣な男の手を自由にさせていた。
無抵抗を良い事に、男の手は更にエスカレートさせ、俺が見ている前でスカートを堂々と捲くり上げ、
スットッキングの中へ手を入れ出した。
男の手が下着の上からなのか、それとも直に触れているのか定かではないが、
女性は今にも膝から崩れ落ちそうな程、脚を震わせていた。
俺はその場で立ち上り、ふぅ・・軽く深呼吸をし、2人に歩み寄った。
電車が駅に着き停車したと同時に俺は身体を2人の間に突っ込み、女性の肩を抱き寄せ電車から下ろした。
扉が閉り、電車は発車しても、抱き寄せた女性の肩は震えていた。
『大丈夫ですか?』
震わせた声で何かを言っているが俺には聞き取れなかった。
『ちょっと待ってて下さいね』
俺は近くにあった自販機で水を買って女性に差し出した。
『そこに座って、これ少し飲んで落ち着きましょう』
女性はベンチへ座り渡された水を軽く口に含んだ。
暫く沈黙が続いたが、ここで女性の口が開いた。
「あ、あの……どうもありがとう御座いました…」
『そんなお礼を言われる事はしてませんよ。それより〜少し落ち着きました?』
「は、はい…」
『えっと、勝手に下ろしちゃったけど〜駅って此処じゃなかったですよね?』
「此処です・・」
『そうなんですか?俺も何で本当、良かったです。あ、家は近いですか?』
「は、はい…歩いて直ぐの所です……」
『そっかぁ、もし良かったら途中までお送りしましょうか?心細いでしょうし・・』
『もしかして余計なお世話だったかな?』
「い、いえそんな事ありません。夜道ですし、まだ怖くて…」
そして、俺は女性の済むマンションまで送る事になった。
「私の家、此処なんです」
『そっか。じゃぁもう1人で大丈夫ですね。では気を付けて下さいね』
「・・・・・・・・・・・あ、あの!」
『ん?どうしました??』
「部屋まで…あ、の・・家に少し寄って貰えませんか……」
『!?』
「1人だと…心細くて……あっ、ご、ごめんなさい。駄目ですよね…」
『……駄目じゃないですよ。俺、ずっとトイレ我慢してたから(笑)』
エレベーターに乗り、女性の部屋に招かれた。
「あ、おトイレはそこです」
『アハハ、ありがとう』
俺が用を済ませ出て来ると小さなテーブルの上にコーヒーが入れてあった。
「どうぞ。招いてこんな物しか用意出来なくて申し訳ないですけど…」
『そんな気を使って頂かなくても』
コーヒーを飲み、俺は女性に自己紹介を兼ね、名前を教えた。
『俺は〜高梨。高梨英喜って言います』
「高梨サン…あ、私は清水絵里です。本当に今日はありがとう御座いました」
『そんな〜もう良いですってばぁ。このままだと後何回謝るんだい?笑』
「・・・・・・・・・」
家に着いても俺から目を反らす彼女。よく見ると、まだ肩を微かに震わせていた。
俺は何も言わず、彼女の隣に座り、そっと肩を抱き寄せた。
抱き寄せた肩をトン・・トン・・・と、もう大丈夫だよ!安心していいからね!!と心の中で語り掛ける。
寄り添いながら彼女は俺を見上げ、そして、目を閉じる・・・
彼女の薄い唇へ俺は思わず軽く唇を重ねた・・・
『ご、ごめん…』
「ううん……」
彼女の言葉を聞き、俺は再び唇を重ねた。
時間を掛けた接吻・・唇を重ね合わせるだけの長い接吻をする。
お互いの衣服を脱ぎ去り、後ろのベッドで肌と肌を絡め合う。
滑らかな彼女の肌と俺の肌が触れ合い、お互いの敏感な部分を触れ合う。
若干小さめの彼女の胸は柔らかく、そして敏感だった。
胸を揉み、尖らせる先端を舌先で触れると彼女の口から甘い吐息が漏れる・・
彼女の手は俺の硬くなったモノに触れ、握り始めた。
俺も彼女の陰部へ手を伸ばし、指先を使って陰部を刺激する。
お互いの敏感な部分を刺激しあう2人・・・
『良いの?』
俺の言葉に黙って頷く彼女。
俺は彼女の脚を開き、硬くなったモノを彼女が薄っすらと潤す陰部へ押し込んだ・・・
彼女の脚は俺の腰へ巻き付け、両腕は俺の肩に廻し、しがみ付く格好になる。
肌蹴た布団を掛け直し、俺は彼女の中を刺激する・・
俺の耳元で控えめな彼女の喘ぎ声が響く・・・
彼女は指先を立て俺の背に爪跡が残る程、強く食い込ませる。
「はぁはぁはぁ......」
控えめな彼女の声が変化する。
「はぁはぁはぁ...ぁっ......ぁっ、ぁっ、ぁぁっ...」
そして、俺の興奮も高まり、絶頂が訪れる。
彼女の指先、そして脚に入った力が更にに強まった。
俺は彼女の中から抜き出し、慌てて彼女の腹部へ絶頂間際のモノを向けた。
そのまま一気に大量の精子を腹部へ射精した。
射精を済ませ、彼女へ後戯を丁寧にしてあげるて気付いた。
『あ!終電!!』
「あ、間に合います?」
『多分。ごめん、俺帰ります。また・・明日来ても良いかな?』
「うん」
俺は急いで着替え、横たわる彼女へキスをして家を後にする。
駅に向かう途中俺は携帯電話を取り出し電話をした。
『あ、俺だけど…………』


大人しい展開でしたね(6 ̄  ̄)
続きはブラックな展開に・・・


投稿者: 2009/5/9(土) 1:09:28 No.1883 [UgjgrP7/wd.]

こんばんわ。
痴漢…結構好きぃ。て、このあとの展開がきになるぅ


投稿者: 2009/5/9(土) 7:53:54 No.1885 [UgjgrP7/wd.]

おはよーございます♪
痴漢は、たまにあうくらいですよ。触り方が上手い人だと、そのまま降りてHしたくなるwあたしは身長が低いので、後ろにいる人の熱い息遣いが首にかかるだけでも、興奮しちゃうぅ(v_v)


投稿者: 2009/5/9(土) 17:31:34 No.1888

ウン。弄るwでもね残念ながら胸はどっちかっていったら大きいほうだったり・・・ひできさんは小さい方が好きなのかな?(>_<)


投稿者: 2009/5/9(土) 21:11:10 No.1891

ぅ・・小さい方がいいのかぁ。残念(T▽T)
どこをどんな風にって・・・
恥ずかしくて言えませんょぉw



投稿者: 2009/5/9(土) 21:52:31 No.1893

そりゃ少しは期待するでしょ。色々とね?w
恥ずかしいこと大好きだけど
みんな見てるし(*ノωノ)


投稿者: 2009/5/9(土) 23:12:05 No.1895

教えたら弄ってくれるの?
下着脱いで待ってるねwo(*^▽^*)o♪



投稿者: 2009/5/10(日) 0:34:06 No.1897

ぇぇ・・・わかった履いとくw
何処をって、やっぱり言わせたいのね。
んとんと・・・クリを優しく弄ってほしいの。
ちゅーしながら弄られるのが大好き。
って、言っちゃった(T▽T)


投稿者: 2009/5/10(日) 9:16:36 No.1899

おはようございます☆
今日のパンツはピンクのバックレースですょ。
キスしながらだと、少し息苦しいけど
それがまた興奮しちゃう♪
そうなると自然と腰が動いちゃう。
耳舐められながらも好きかなぁ(*/∇\*)


投稿者:ひでき 2009/5/10(日) 12:25:37 No.1902

翌日、19時頃に仕事を終えた俺は絵里の家を再び訪ねた。
ピンポーン、ピンポーン・・・
扉が開くとキャミソール姿の絵里が笑顔で現れた。
「あ!高梨さん。本当に着てくれたんですね♪」
『だって昨日、来るって言ったでしょ?』
「そ、そうですけど〜連絡先とか教えてなかったし、お仕事だって…」
『そう。連絡先を聞いてなかったから、もし居なかったらどうしようって不安だったんだ(笑)』
『入っても良いかな?』
「やだ・・ご、ごめんなさい。どうぞ♪」
俺は絵里に招かれ部屋の奥に向かった。
テーブルには俺との晩御飯が既に用意され、俺が来る事を待っていた様だった。
『あれ?2人分??もしかして俺の…?』
「は、はい。一応用意してたんですけど…要らなかったですか……??」
『全然!丁度腹ペコだった所だよ。ありがとう絵里ちゃん』
『あ、そしたら何か飲み物位買ってくればよかったな。気を使わないでゴメン』
「そっかぁ、そう言えば飲み物無かったです…私こそゴメンなさい」
『じゃぁ、今から俺が買って来るからちょっと待っててよ』
「え?じゃ、じゃぁ、私が行きますよ。高梨さんに悪いです」
『良いから、良いから。ご馳走になるんだから、それ位はさせてよ』
『急いで買ってくるからさ』
「は、はい。すいません…」
俺は飲み物を買いに家を出た。
俺が家を出て暫くして、ピンポーンッ、ピンポーンッと玄関先からインターホンが鳴った。
「あ♪早〜い。もう買えって来たんだ」
絵里は浮かれながら玄関の扉を開けた。
「おかえりなさい♪高梨さ………」
《やぁ…また会えたね……》
「ど、どちら様でしょうか?」
《何だ?忘れちまったのか??昨日電車の中で一緒に楽しんでただろ?》
「・・・・・・・・・っ!!」
扉を開けた絵里の目の前には俺じゃなく、昨日絵里へ痴漢行為を働いていた男が立っていた。
男の顔をハッキリと覚えていない絵里だったが、雰囲気で同一だと確信出来た。
絵里は慌てて扉を閉めた。
が、男は足を突き出し扉を閉められなくする。
《なぁ、昨日の続きをさせてくれよ…邪魔者も居ない内にさぁ……》
絵里は恐怖の余り言葉を発する事が出来ず、必死に閉らない扉を閉めようとしている。
男の手が扉を掴み、力ずくで開いた。
絵里の手から扉は離れ、男は躊躇う事無く中へ進入して来た。
男は絵里の肩をドンと付き飛ばし、玄関の鍵を閉めた。ガチャ…と。
何度も何度も絵里の肩を付き部屋の奥まで絵里を追いやった。
部屋の中、テーブルに用意された食事に見向きもせず、男は絵里をベッドへ押し倒す。
男は絵里の身体の上に覆い被さり、絵里の顔や首、そして耳元を息を荒くさせながら嘗め回す。
懸命に首を振りながら手に力を込め、男の顔や身体を引き離そうとする絵里・・・
しかし、力の弱い絵里には何一つ太刀打ち出来なかった。
キャミソールの上から身体中を弄られる絵里・・
必死に男の手を払おうとするが、そんな事はお構いなしと言った感じで男は絵里の身体を弄る・・・
キャミソールが肌蹴け下着が見えようが絵里は足をもた付かせ抵抗する。
身体を浮かされ、徐々に着ていたキャミソールが身体から離れて行ってしまう絵里・・
ベッドの上で転がされる様にされながら絵里は男の手によって全裸にさせられてしまう・・・
全裸にさせられた身体を守る為、絵里は手や足を力一杯振るう。
男は必死になる絵里の両手を簡単に手一つだけで押え付けた。
両手を頭の上で押え付けられ、小さな胸に吸い付かせる男の口・・・
絵里のピンク色をした乳首は男の唾液で光り輝かせる・・
《はぁはぁ…んッんんッ……んはぁ…》
「ゃ...ぃ..ゃっ.........っ」
か細い声で絵里は力の無い抵抗を見せる。
両足に力を入れ、力一杯脚を閉じる絵里・・・
男の指先すら侵入をさせまいと絵里は力の限り脚を閉じさせている。
しかし、男の手は絵里の陰毛を撫で廻すと強引に閉じる太腿へ手を入れようとしてくる。
歯を食いしばり、唇を噛み締めながら力を脚だけに集中させる絵里・・・
腰を捩り、男の手を頑なに拒む絵里の脚、そして陰部・・・
《いい加減に諦めろって…》
男は足を絵里の脚の間に入れてくる。
すると、僅かに隙間の出来た絵里の両足は徐々に開かされいく・・・
足を震わせながら耐える絵里だったが遂に男の力に屈して大きく脚は開かせられ
一番守りたかった陰部を晒してしまう・・・
こうなると男の手は絵里の陰部を何一つ邪魔される事なく弄り始める。
《なぁ、少し濡らしてないか?そう言えば昨日もパンツ湿らせてたよな??》
《本当はこう言う風にされたかったんだろ?》
首を振り違うと無言のアピール。
絵里の陰部を自由に動き回る男の手・・
薄っすらと拡がるヒダを更に開いては、なぞる。
膣付近を弄らせ、指先を中へ入れる素振りを何度か繰り返す。
まだ隠れている敏感なクリトリスを男の手によって姿を現す。
頭を覗かせたクリトリスを指先で強い刺激を与える・・・
「んんーッ、んーーッ……」
意思とは関係なくも、悲しい事に膣の中から女の液を滴らせてしまう絵里・・・
《しっかり身体は反応してるみたいだな?やっぱり好きなんだな…》
絵里の溢れさせる液を指先に付け、丸出しになったクリトリスへ塗り付け、弄る・・・
身体を大きく揺らし、ベッドの上で弾ませる絵里の身体・・
雑な指使いをさせる男の指先が絵里の潤う膣へ侵入してくる。
痛みを伴わせる、強くて粗い男の指が何度も絵里の中を出し入れしてくる。
絵里の表情は一時も弛む事なく、悲痛な顔をさせていた。
すると玄関先からインターホンが鳴りだした。


投稿者:ひでき 2009/5/10(日) 12:27:15 No.1903

ピンポーン、ピンポンピンポーン・・・・・・
「…………!!」
《ん?誰だ??》
男が玄関先を振り向き、一瞬力が弛んだ隙を見て絵里は渾身の力を振り絞り
男から逃れた。
ベッドから立ち上がり全裸のまま玄関へ駆け出す。
『あれ…?出ないな……どうしたんだろ?寝ちゃったとか…』
絵里の手がもう少しで扉に届く所で背後から身体を掴まえられてしまった・・・
絵里の身体が玄関で膝を付き、崩れ落ちる・・・
四つん這いになりながら玄関の取ってを掴もうと絵里は手を伸ばす。
男は絵里の腰を掴み中へ引きずり込もうとする。
絵里も負けじと力を振り絞り扉の先に立つ俺へ手を伸ばす。
『はぁ…遅くなっちゃったからな。あんなにレジが込むなんて……』
「た、助けてっ!助けて高梨さん!!」
《ほら、黙ってこっち来いって!誰も入って来れねーよ!!》
男は絵里を押さえつけながら、その場で履いている物を全て脱いだ。
今にも爆発しそうな勢いをさせる男のモノ・・
そして露出したモノに気付かず、手を伸ばし続け俺に助けを求める絵里・・・
「お願いっ、高梨さん気付いて…助けて高梨さん……」
ピンポーンッ!ピンポンーーン!!
何度もインターホンが鳴り響く・・・
「居るの!私は居るの!!高梨さんッ……………。!!?」
叫び続ける絵里は下半身に突き刺さる強い感覚を感じた。
「あ゛っあ゛ぁぅぅ……」
《ほーら、入ったぞ?今、動かしてやるからな!》
「た、か、、なし、、、さ、、ん………ぁっぐぅぅ…」
伸ばしていた手が力尽きた様に落ち、玄関で両手を着かす絵里・・・
突き出された格好をした尻を掴まれながら男は絵里の中を硬くなったモノを何度も何度も出し入れさせる・・・
滑らかな腰使いを一切する事の無い、男の力強い腰使い。
渾身の力で押し込む様な男の腰使いは、絵里の子宮にまで強い刺激を与える。
中で男に暴行を受けている事なんて知る由も無い俺は未だにインターホンを鳴らし、扉をドンドンと叩く。
絵里は手を床から上げる事が出来ず、ただ背後から突かれる刺激に耐えていた・・・
頭を振り、小振りの胸をいっぱいに揺らされ突き刺す刺激を与え続けられる・・・
喘ぎ声とは言えない声が噛み締めた唇の隙間から漏れる。
『本当、どうしたんだろ…』
俺はポケットからメモ帳を取り出し、メッセージを書き 玄関の郵便受けに押し込み、その場を離れた。。
玄関の先で俺が立ち去る靴の音を聞き絶望感を覚える。
そんな絵里が俯く目の前に俺の書いたメッセージが落ちて来た。
〜また後で着てみます〜
それを目にした絵里の目には涙がこぼれる。
絵里の涙に気付く事なく、男は自分の欲望を満たしている。
そして、男は一気に腰を素早く動かし始め、欲望を吐き出しに掛かった。
《はぁはぁはぁ、なぁ、本当は気持ちぃんだろ?もっと声を出せよ…》
《っくぁ…堪んねーよ。このままぶっ放すからな?》
「んっんっ…!?だ、だめっ!それだけはお願い……っ」
「中は…中でだけは許してっ!」
《あぁぁ、そろそろだぞ?そろそろイクぞ!!》
「だめーっ!やめてーーっ!!」
絵里は男のモノを抜こうと腰を引こうとする。
だが、射精間近の男は更に力が入り絵里の腰を強く掴まえ素早く腰を振っている。
《うっくぅ…イクぞ!イクからな!!あぁぁぁぁぁぁぁ………》
「あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁぁぁぁ…やめ、て………」
《うッ!!》
絵里の膣の中で脈打たせるモノの感触がリアルに伝わって来た・・・
膣の中を覆う生温かい感覚が絵里の脳裏へ更なる絶望感を与えた。
言葉を発する事すら出来ない絵里はうずくまり動く事は無かった・・・・・・
何事も無かった様に男はズボンを履き、玄関に立ち、靴を履いた。
《また会おうな………》
そう言い残し男は立ち去って行った・・・・・・・・。

まだ続くんだけど〜長くなり過ぎましたねぇ…どうしよう(6 ̄  ̄)
そう言えばタイトルは表示してませんが『罠』です。


投稿者: 2009/5/10(日) 13:13:57 No.1904

タイトル罠だったのかぁ。
長くなっても絵里ちゃんの最後がきになるぅぅ。


投稿者: 2009/5/10(日) 16:59:37 No.1907

うん。想像はつく。
けどー見たいw

外暑いねぇ。
あたしは今日は引篭もりw
お掃除して洗濯してます。
でもこの暑い日に
汗だくになってするHもいいよね?w



投稿者:みぃ 2009/5/12(火) 7:38:10 No.1927 [yTZ8WJIhROM]

ひできサンこんにちゎ♪

また、すごぃ妄想しましたねぇ〜(笑)

あ、花サンとすごく楽しそうに話してたので、こちらに書き込みしました(・ω・)


見事に濡れちゃいましたよ〜♪ さすがひできサン!(笑)


パンツがグショグショです(笑)


投稿者:みぃ 2009/5/12(火) 14:40:38 No.1929 [yTZ8WJIhROM]

あ、気づいてもらえた♪

おはようデス♪

無理矢理って願望って
誰にでもありますよね♪

最近、ほんと
ひできサンの妄想なしにゎ生きていけないほど 禁断症状ですよ…(笑)

大丈夫です♪
濡れてるとこゎ
きっとひできサンが
きれいにしてくれますよね?(笑)♪



投稿者:ひでき 2009/5/13(水) 7:27:59 No.1932 [ziW80aAffSU]

ですから禁断症状は大袈裟ですってば(笑)
あまり覗き込んでると〜
また彼氏にお仕置きされますよ?笑

それと、綺麗にしてあげたいのは山々ですが、綺麗にしている所から次から次へと溢れさせるでしょ…
そう考えると更に汚した方が良いかなと…(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.