憧れの

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


憧れの
投稿者:ひでき 2009/5/18(月) 20:50:43 No.1957

夜も遅く何故か無性に性欲が溢れ出て来た。
1人暮らしで彼女も居ない俺は雑誌の裏にあったデリバリーヘルスの所に目がいった。
『デリヘルかぁ…1人でするよりマシか……』
俺は臆する事なく電話を掛け、女性を1人お願いした。
一時間程で到着するとの事で、俺は身の回りを片付け女性が来るのを待った。
するとインターホンが鳴り玄関の覗き穴から外を覗くと前もって話してあった
少し清楚な感じの女性が立っていた。
白のブラウスにベージュのタイトスカート姿の30代後半に見える女性だった。
そして俺は扉を開けた・・
扉を開け女性を目の前にした俺は目を疑った。
俺の目の前に立つ清楚な女性は上司の奥さんである香織さんだった。
『か、香織さん?ど、どうして此処に…』
「た、高橋君!?高橋君こそどうして?」
『どうしてって此処、俺んちですから。もしかして〜人妻○○倶楽部から?』
黙って頷いた上司の奥さんである香織・・・
『参ったなぁ、チェンジして貰うから香織さん帰って良いですよ』
「ま、待って・・チェンジって〜理由がどうあれ減点されちゃうから…」
『そ、そうなんですか?でもなぁ…俺の上司の奥さんとは……』
すると遠くから歩く靴の音が聞こえて来た。
「あ!話は中で!!」
香織は慌てて俺の部屋に押し込んで来た。
とにかくこのまま帰ると困るらしいので俺は部屋の中へ香織さんを案内した。
1Rと狭い俺の家は椅子やソファーが無く、仕方なくベッドに座る様に言った。
香織さんの話を聞いていると俺の上司、香織さんの旦那さんとは数年セックスが無いらしい。
そして欲求を吐き出す場を探してたらこうなったとの事・・・
何度か上司のお宅に招かれた時の香織さんは物凄く素敵な年上女性と認識してしまっていた。
言葉使いや仕草、とても品の良い女性だと俺はずっと思い込んでいた。
半ば憧れに近かった女性がまさか・・・としか言い様が無かった。
俺は香織さんと何かする事を頭から離し、このまま喋って時間を稼ごうと伝えた。
すると香織さんはそれも困ると言い、立ち話をしている俺の足元へしゃがみ込みベルトを外し始めた。
『ちょ…か、香織さん何を……』
「良いの・・今だけの事にして?だからもう何も言わないで……」
外されたベルト、そして下ろされたズボンとパンツ・・・
俺のモノは晒され、まだ萎えていた・・
香織さんはまだ俺の萎えたモノを手で支え口に含みだした。
生温かい香織さんの口の中で舌を使われ俺のモノを刺激してくる。
口に含みながら着ていたブラウスのボタンを自ら外し下着姿になる香織さん・・・
次第に俺のモノは香織さんの口の中で膨れ上がり口から抜き出しても反り立ったままになっていた。
香織さんは立ち上がり俺に背を向ける。


投稿者:ひでき 2009/5/18(月) 20:52:16 No.1958

「………脱がしてくれる?」
俺はスカートに手を掛けファスナーをゆっくりと下ろした。
足元にストンとスカートが脱ぎ落ちる、ストッキング越しで見えた香織さんの履くショーツは白のTバックだった・・・
「全部よ…高橋君は何も悪くないの……」
俺はブラジャーのホックを外し、香織さんの肩から抜き出した。
香織さんの足元に座りストッキングを脱がすと尻に食い込む白のTバックが俺の目前にやって来た。
形の良い綺麗な肉付きの香織さんの尻に思わず生唾を飲み込む程だった。
ショーツに手を掛けようとすると、香織さんは身体を振り向かせた。
座る俺は上を見上げると香織さんの何も身に付けていない乳房が目に入った。
決して大きくは無いが、ツンっと形の整った乳房にポツんと突起させている乳房だった。
その目を俺は下半身に運ぶと香織さんの白のショーツは前布がオールレースで黒々とした陰毛が透ける程だった。
香織さんは俺の肩を捕まえ俺を立たせる。
「ベッドいい?」
『は、はい…』
俺は香織さんの言葉に従う事しか出来なかった。
香織さんの指示で俺はベッドの上で横になると、香織さんは俺の足元に座り込む。
俺の突き出されたモノに手を添え再び奉仕する。
伸ばした舌先が満遍なく俺のモノを這う・・・
先端から俺の最も悦ぶ裏まで丁寧に舐め上げる・・・ジワリジワリと気持ちよく刺激をしてくる香織さんの舌・・・・
口に含めばジュポジュポと音を立てながら奉仕する香織さん。
俺のモノに吸い付く口元は普段から想像出来ない程、女の顔をさせていた。
『はぁはぁはぁ…か、香織さん・・や、やっぱりこんな事は……はぁぅ』
「んッんんッ…い゛わ゛ないで……も゛ぅ止められないの゛……」
『で、でもやっぱ、、んぐっ…っ』
俺の口を塞ぐかの様に香織さんは俺の顔目掛けて腰を落として来た。
香織さんの陰部が俺の口を塞ぐ、顔面騎乗・・・
「お願い・・舐めて……私のを沢山唾液で汚して………」
俺は腰を両手でしっかり掴みながら押し付けて来る陰部を舐め始めた・・・
舌の感触だけで分る、ヒダの小さい事・・そしてクリトリスが突起していた事・・・
俺の舌は陰部全体を舐め上げ、膣の中に命一杯舌を入れる・・
「はぁはぁはぁ…いい…これがいいの……もっと、もっと舐めて…」
俺はクリトリスへ舌を運び集中的に刺激した。
「あっぁぁぁ、だ、だめっ…そ、そこはだめっっ……」
香織さんの腰は駄目と言いつつも振り始めて来た。
自ら腰を振り俺の顔に陰部を擦る出す香織さん・・・
そして香織さんは身体を捩り俺のモノに手を伸ばし、握った。
片手をベッドに付かせ、器用な手付きで俺のモノを扱かせる・・・
腰を振りながら悦ぶ香織さん・・・
『か、香織さん…俺、俺イキそうです……』
そう言うと香織さんは姿勢を変え、俺のモノを咥えた。
69の形になると激しく頭を振りながら俺のモノを唇で扱く・・・
俺の顔に突き出した陰部をまだ舐めてと言わんばかりに腰を振り無言のアピールをする。
俺は顔を起し香織さんが突き出す陰部へ再び顔を埋める。
「ん゛っ...ん゛..っん゛ん゛っ......」
俺の陰部を舐める音と、香織さんが俺のモノを扱かせる音が狭い部屋の中に響き渡る。
様々な淫音と2人の喘ぐ声を響かせる・・・
そして俺は香織さんの口の中で膨らませたモノから大量の精子を吐き出した・・・
出し終えた俺のモノから更に搾り出す口使いをさせてくる。
吸い付きながら頭を前後させて来る香織さん・・・
もう出し切ったと判断したのか、香織さんは頭を上げ、俺の方を振り向く。
「まだ…まだ時間はあるわよね?」
香織さんは俺に向かって脚を大きく開き、自ら自慰行為を始めた。
俺に見せ付ける様に、恥じらう素振りを一切する事なく陰部を弄りだした。
正面から見る香織さんの陰毛は綺麗に整えてあった。
ヒダの周りには余計な毛は一切なく、小さな膣の中に指を出し入れさせる。
憧れていたの女性と身体を重ね合わせ、陰部を見せ付けながら俺の目の前で自慰行為をする香織さん・・
俺の憧れは完全に揺るぎ、1人の性の対象になった香織さん・・・
腰を浮かし、振りながら指を膣の中に激しく入れ掻き回す。
喘ぐ声が次第に高まり、天を仰ぎながら絶頂に達する。
息を切らして暫く動かなくなった香織さんが起き上がり俺のモノを見て再び突き出しているのを確認すると
俺のモノに這いずる様に迫ってきた。
「もう少し時間あるわよね?」
そして残りの僅かな時間、俺の知る憧れていた女性の顔を見る事は無かった・・・・・・・

ちゃんちゃん♪
なんか・・イマイチ(6 ̄  ̄)


投稿者: 2009/5/18(月) 23:24:01 No.1959

こんばんわ。
プチお久しぶりです☆
今回のはちょーっと切なくなる感じでした。

んと、前に風邪をひいてから
病院に行ったら、髄膜炎になってました・・・
いまはもうだいぶ良くなりましたけど
まだ安静にしてたほうが良さそうです(T▽T)



投稿者:ひでき 2009/5/19(火) 6:21:52 No.1960 [ziW80aAffSU]

おはよう。
お久しぶりですね。
新型インフルエンザとか考えてましたよ〜
今は回復してるようなので安心しました。
完全に良くなるまで1人遊びは避けましょう(笑)
勿論、2人遊びもね!
今回のは切なさを感じましたか〜
ま、たまには良いでしょう。
仕事はどうしてるか分かりませんが、無理をなさらずに。
顔出しも控えましょうね♪



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.