整体マッサージ

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


整体マッサージ
投稿者:ひでき 2009/5/20(水) 6:23:18 No.1961

愛美は最近になって脚の痛みを感じ、部活帰りに整体へ行った。
時間も遅くやっているか不安だったが何とか間に合った愛美だった。
院内を覗くと既に客は居なかった。
「あのぉ…まだお願い出来ますか?」
中から1人の男性が現れた時計を見上げる。
『んー、ギリギリセーーフ(笑)どうぞ』
中から現れた男性は、まだ30代と思われる若い先生だった。
(あ、若い先生だ…どうしよう……)
愛美は若い男の先生に戸惑いながら中へ案内された。
『初めてだよね?保険証は持って来たかな??』
「は、はい…」
『じゃぁ、この範囲を書いてくれるかな』
愛美は名前や痛む場所や症状を書いた。
『脚が痛い?で、歩くと痛いんだ…どれ、ちょっとジッとしててくれる』
先生は座りながら愛美の腰を掴み、周辺を触ったり押したりして診断していた。
『多分、骨盤が歪んでるんじゃないかな?何かスポーツとかしてる?』
「はい・・ハンドボールをしています」
『ハンドか〜先生も昔やっていたんだよ?今よりもっとマイナーな時だけどね』
『きっと激しく飛んだりするのが頻繁だからじゃないかな?まだ18でしょ?成長期と重なったりしてよくあるんだ』
「そうなんですか…」
『取りあえず〜そこでスカート脱いでくれるかな?あ!心配しなくて良いよ。これ撒いて良いから』
『じゃないとパンツが丸見えになっちゃうもんね(笑)仕度出来たら声掛けて』
愛美はカーテンレールで仕切られたベッドの前に向かった。
カーテンを閉め指示通りスカートを脱いで渡されたタオルを巻こうとした。
(え?これって普通のタオルじゃん!小さいってば…間違ったのかな……)
『どう?仕度出来たかい?』
「あ、はい。もう少しで…」
愛美は仕方なく手渡された普通のタオルを腰に巻いた。
少しでも屈むと下着が食み出てしまう位、タオルは小さかった。
(えーっ、ちょっと大丈夫かなぁ…パンツ見えちゃいそう……)
「せ、先生。出来ました」
カーテンを捲くり先生がやってきた。
『じゃぁ、そこで横になって。あ、うつ伏せでね』
愛美は下着が見えない様に、ゆっくり慎重にベッドでうつ伏せになった。
枕に肘を付き顔を埋める愛美。
先生は愛美の腰を何箇所か指で押したりする。
愛美からは分らないが先生は愛美が腰に巻くタオルの中を覗き込みながら作業していた。
そして先生が白衣のポケットから小さなスプレーを取り出し、静かに愛美の下着に近付けシュっと吹き掛けた。
「きゃっ!!な、何ですか?」
『ん?何もしてないよ??少し腰を温めるからさ。10分位ね』
先生は愛美の腰にヒーターを置いてその場から離れた。
それから5分程経つと下半身、特に股間の当たりが妙に熱くジンジンして来た。
(え…何?なんだか凄く変な気分…変な感じがしてきちゃってる・・)
疼く股間を意識すると余計に妙な気分になる愛美だった。
次第に愛美はジッとしているのが出来なくなり、身体を捩ったり脚をモゾモゾと動かしだす。
太腿同士を擦り合わせながら如何わしい事を頭に浮かべてしまう。
(どうしよう…凄く弄りたい……でも、こんな所じゃ……)
先生はカーテンのシルエットで愛美が耐え忍んでいる光景を楽しんでいた。
(まだ先生・・来ないよね?少しだけなら……)
愛美は疼く陰部を刺激して鎮め様と腰を少し上げ、手を陰部の下へ運んだ。
『どう?熱くないかい??』
愛美の取る行動が手に取る様に分る先生は悪戯に、愛美へ声を掛けた。
「!?あ、は、はぃ…大丈夫です……」
先生の一声で愛美は驚き、萎縮してしまい、刺激する事を断念した。
しかし我慢すればする程、更に疼きは高まるばかりだった。
(もぅあたしどうしちゃったの…パンツが濡れて来ちゃってるよぉ……)
(もし先生にパンツが濡れてるの見られちゃったら……)
すると先生がカーテンを開け入って来た。
『どう?少しは楽になったかな??お風呂でも湯船の中で良く温めるんだよ』
『じゃぁ、少し骨盤の周りの筋肉を解して行くからね。少し痛い所もあるかも』
「は、はい…」
先生は愛美の脚の上に軽く座り込み、腰周辺の筋肉を解しに掛かる。
徐々に先生の手は腰から尻に向かい確実に愛美の陰部付近へ向かいだす。
肉尻を手の甲で左右にググっと開き、閉じる。開いては閉じる。
「ぁっ......」
『痛かった?』
「い、いえ…」
先生は尻を拡げつつ愛美の下着の中の陰部を開こうとさせていた。
(やだ…余計に濡れてきちゃってる……そんなに拡げないで先生!)
そして先生の手は愛美の内腿まで到達した。
内腿の筋肉を解しつつ微妙な力を入れ愛美の脚を拡げる先生・・・
脚を徐々に開かされている事に気付かない。
腰に巻いたタオルは上にあがり、下着を大きく食み出させている事に気付かない。


投稿者:ひでき 2009/5/20(水) 6:24:50 No.1962

愛美の履いていた綿のグレーのパンツは濡れ、一部色が黒っぽくさせていた。
大きく輪染みの出来たグレーのパンツを見た先生は愛美に声を掛けた。
『ねぇ、どうしちゃったの?』
「え!?な、何がですか?」
『パンツの色が…真中だけ大きく変ってるよ??』
「・・・・・・・・・・・・」
愛美は恥しさから枕に顔を埋め黙ってしまう。
『アハハ、恥しいんだ?若い子って可愛いね…弄りたいんじゃない?』
「なっ!!何を言ってるんですか!そ、そんなの……」
『そっか。こんな場所で、しかも人前でそんな真似出来ないよね・・』
『でも、いつまで我慢出来るかな……?』
先生はポケットに入れていたスプレーを再び取り出し愛美の腰をベッドに押し付け一吹きさせた。
「やっ!何なんですかそれ?もしかしてさっきも??」
愛美の腰を押え付けながら尻肉を解しに掛かる先生。
二度目の吹き付けによって更に疼きあがる愛美の陰部・・・
みるみる内に輪染みは広がり始めた・・・
「はっ、はっ、はっ……せ、先生・・やめて下さい……か、身体が…」
先生は愛美の身体から一旦離れた。
『ほら、良いんだよ?ウズウズしてるんでしょ?弄ると鎮まるよ?弄っちゃいなよ…』
「で、出来ません…」
『ほらほらぁ、グレーのパンツがたっぷり濡れて来てるよ…我慢出来ないんじゃない?』
「はっ、はっ、はっっ……っ」
身体に触れてもいないのに愛美の吐く息が荒くなりだす。
『指・・少しで良いんだよ?年頃なんだからいつもしてるんでしょ?』
戸惑いながらも愛美の指先は徐々に陰部へ近付け始める。
腰を浮かし、ベッドと陰部への隙間を作り、下から手を忍ばせる愛美・・・
中指が下着の最も濡れさせた部分に触れた。
「あぁっ……」
甘い声が愛美の口から漏れる。
一度触れてしまった指先は陰部から離れる事なく、止まらなくなる。
下着の上からなぞるだけで内側から愛液が染み出し愛美の指先に着く程だった。
「せ、先生。先生見ないでっ…お願いです。見ないで下さい……ぁっぁぁ」
愛美が浮かした腰が高くあがり、尻を突き出した格好になる。
下着の上から慣れた指使いで敏感なクリトリスを探しだし、刺激させる。
『あらら・・そんなにしちゃって……恥しくないのかい?』
「はぁ、はぁ…は、恥しいです……だから見ないで下さい…」
『見られたくないなら、しなきゃ良いじゃないか…』
「で、でも…はぁ、はぁ、はぁ……気持ち良くて、と・・止まらない……」
愛美は下着の脇から指を忍ばせ、直に陰部に触れだした。
「あっくぅぅ…だめっ……だめっ…」
指先に着かせた愛液が、溢れさせている量を実感させる。
下着の中で愛美はクリトリスを夢中で刺激する。
愛液のヌルヌル感が更にクリトリスの先端を擦り易くさせる。
『どう?気持ちい??沢山、溢れてるでしょ?』
「はっ、はっ、はっ…はぁっ……は、はぃ…」
下着の中の手が激しく動き回り、愛美の下着は自然とズリ落ちていた。
突き出した尻を半分丸出しにさせ、脱げて来ている事を気にもせず・・
手の皮膚と下着がシュッシュッ擦り合さる音が激しくなる。
「はっ、はっ…はっ、はっ……気持ちぃ…き、気持ちぃっ……」
「はっ、はっぁぁぁぁぁぁぁ…………」
愛美は浮かしていた腰をベッドに落としグッタリとした。
下着が殆ど脱げ、尻を丸出しにさせながら荒々しい息を吐き続けている。
『少しは収まったかい?』
「・・・・・・・・はぃ」
『あんな真似、人前で恥しいとか今の若い娘は思わないんだね…』
「………は、恥しかったです…今も恥しいです……直ぐにでも帰りたい位………」
『そっか…また弄る?アハハ』
「……も、もぉしません…」
『へ〜〜もうお終いなんだ…これでも?』
先生は捲くれた下着をグイっと引っ張り愛美の陰部を晒す。
そして今度は陰部へ直にスプレーを吹き付けた。
満遍なく陰部、全体に・・・
「あっ!ちょ、ちょっと止めて下さっ…ま、また……!!」
『ほーら、ほーーら、また弄るぞ?我慢出来なくなるぞ??』
先生は意地悪に丸出しになった尻肉をこねくり廻す。
「や、やだっ…止めて先生っ……そ、そんな事されたら、また…」
『ほーら、もう息が荒くなって来たぞ?どうするんだい?また弄る所見せてくれるのかな?』
「あっ…み、せ、、ません……しませ、、ん………はぁ、はぁ、はぁっ」
一度絶頂を向かえ、スプレーを直に吹き掛けられた愛美の身体、陰部は平静を保てる訳が無かった・・・
肩をプルプルと震わせ、脚をモゾモゾと落ち着かせない愛美・・
必死に耐える愛美の陰部は先程より強く疼かせていた・・・
自分でも分る、陰部からドロドロと愛液を溢れさせている事が。
水道の蛇口を閉め忘れ、ジョロジョロと垂れ流れているかの様に陰部からは愛液が垂れ流れさせる。
『頑張るなぁ…偉い偉い』
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……手、手を触れないで・・下さい……」
先生は愛美の尻から手を離し立ち上がった。
そして徐に愛美の足元へ何かを投げ付ける様に置いた。
「!?」
『これ・・何か分るよね?使い方しってるでしょ?好きに使っても良いんだよ…』
先生が置いた物とは小さめに出来たバイブレーターだった・・・
小さいが、色、形が男のモノとそっくりな形をさせた物を目の当たりにした愛美・・・
敢えて小さめの物を差し出した先生は意地悪な言葉が良く似合う。
足元に転がるバイブレーターを膝を付き無言のまま眺める愛美・・・
『無理矢理って好きじゃないから、強制はしないよ?使いたかったらどうぞ』


続く(笑)


投稿者:えりか 2009/5/20(水) 8:04:49 No.1963 [7FJcNDIEtLg]

はじめまして☆
想像はできても、設定や、文章にしていかに情緒感をださせて、万人を引き込み感じさせるって難しい事なのに、ひできさんはいつもすごいですね。
実体験では婦人科の内診で、特定の人以外に先生に入れられ看護師さんたちにみられでかなり恥ずかしいですが、するんと呑み込んでしまう、自分の姫のがもっと恥ずかしいです。先生を待つ間しばらく、丸見え状態で待たせられるのは、入れやすくする為なのか?とさえ思ってしまいます。
ひできさんはSだからそういう作品多いけど、ぜひ女がSの作品もみたいです!
これからも頑張ってね!


投稿者:えりか 2009/5/20(水) 19:48:17 No.1965 [7FJcNDIEtLg]

んーっとM男の話というよりは、Sの女の虜になっていく、M女とM男の人間模様があってもいいかなぁ!と。あるカップルがS女の虜にっうならありえる?
でも、ひできさんの作風が違うものになってしまうのも嫌なので忘れてくださっていいですよ!
S女のえりかよりでした☆


投稿者:えりか 2009/5/20(水) 23:02:37 No.1967 [7FJcNDIEtLg]

ソフトなSMは好きだけど、痛いのとか無理やりはあまり好きではないので、焦らし系とかでね☆
濡らせるものなら濡らしてごらん☆(^_^)V
私は、ひできさんの息子くんを叩いてあげる(@_@)
その名もキーボー。ほとんどオヤジギャグになってしまった。


投稿者:ひでき 2009/5/22(金) 2:00:51 No.1968

愛美は膝を付きながら転がるバイブレーターに手を伸ばす。
そして手に取った小さいサイズのバイブレーターを見つめゴクリと生唾を一度飲み込んだ。
『もしかして、そう言うのって使った事なかった?』
「は、はい…ありません……」
『そっかぁ。どう使うとかは知ってるよね?』
「一応…で、でも…こんな物使えないです」
『使えないかぁ。良いの?疼いたままで良いのかい?今も相当我慢してるんじゃないのかな…』
「………………」
確かに先生の言う通り、愛美は相当我慢をしていた。
熱く疼かせている陰部は今でも愛液が止まる事なく溢れさせていたのだった。
『それで蓋したらイヤラシイ汁が収まるかもよ?今でもドロドロと溢れさせちゃってるんでしょ…』
当然の如く見破られていた愛美は先生の言葉に乗せられ、手にしたバイブレーターを陰部へ近づけた。
下着を横にズラし、脇から忍ばせる様にバイブレーターの先端を愛液を溢れさせる穴・・膣に押し当てた。
手を少し押し込むだけでバイブレーターはズブブとあっさり愛美の中に収まってしまう。
「あっはぁぁ......っ」
『どうだい?初めて玩具を入れた気分は?』
「は、恥しいですっ…ひ、人前でこんな事……でも、何か入り口に支えていた物が取れた感じがして…」
『恥しいか…ま、その内そんな気持ちを忘れる様になるさ。ほら、これスイッチ。好きに使ってご覧』
愛美の中に収まっているバイブレーターから伸びるコードと繋がるスイッチを操作してみた。
振動弱モード・・・「あぁぁぁぁぁ…ふ、震えてる……ぁっぁぁ………」
振動をさせたまま愛美は自らバイブレーターを膣の中で出し入れさせる。
膝を立たせ、両膝を閉じ気味な状態で出し入れを繰り返す。
片手には常にスイッチを持ち、一度たりとも置く事は無かった。
振動を強モードに切り替えると愛美の閉じていた両膝がガバっと開いた。
「ぁっぁぁぅ…す、凄ぃぃ……あっ、だめっっ」
『そんなに凄いかぁ…どれ少し貸してご覧』
先生は愛美が離さず持っていたスイッチを貰うとスイングモードを使った。
「ああ〜〜〜〜っ…う、ごいてる……せ、先生っ、だめっ…」
愛美の反応を面白がりながらスイッチを様々に操作させる。
『今、何が入ってるんだい?』
「ぇっ?お、おもちゃ…です……」
『玩具じゃないでしょ?バイブでしょ?』
「そ、そうです…あっぁぁっ、ゃ、やめっ…」
『何処にバイブが入ってるんだい?』
「そ、そんな…何処になんて……い、言えませんっ」
先生はバイブレーターを持つ愛美の手を掴まえ、バイブレーターの先端を上向きにさせたまま押えた。
「ぁっ、やっ...あ、当たるっ......せ、先生そこは…」
『何処に当たってるんだい?ほらほらぁ…』
「………ぉ、、ぉ、、、まん、、、、、こ…です…………」
『何だって?聞こえないぞ?ほらもっとハッキリと』
「おま、、ん、こ…おまんこの中に当たってます……バイブが…」
『ふーん、ちゃんと言えるじゃないかぁ。この当たってる所、気持ちいでしょ?』
「は...ぃ......き、気持ち良過ぎて..も、もぅ......」
『もう何なの?』
「逝きそうです…逝ってしまいそうです……」
そう聞くと、先生は膣の上っ面を押し付けていた先端を更に強く押し付けた。
「っぁぁ…やっ、だめっ、、だめっっ、逝っちゃぅ…逝っちゃ……っ…あっぁぁぁ…逝っっく…っ」
愛美は両手をベッドに付かせ腰を突き出す様に上半身を仰け反らす。
そして天を仰がせながら絶頂・・2度目の絶頂を迎えてしまった・・・・・・
「はっ、はっ、はっ…」
息を切らし、ベッドに力尽きたかの様に背中から崩れ落ちた・・・・
両足を開いたままバイブレーターを突き刺したまま、ぐったりと倒れ込んでいる愛美・・・
そして、再び先生はスプレーを吹き付ける・・・
剥き出しになったクリトリス、バイブレーターを咥え捲くれ上がっているヒダと何度も丸出しにしている陰部へスプレーをシュッシュッと吹き付ける・・・・・


投稿者:ひでき 2009/5/22(金) 2:03:02 No.1969

「せ、先生!?あっ!!ま、まただっ…また熱く…」
『流石に効き目が早まってきたなぁ…もう熱くなってきちゃったか』
そして先生は愛美の中に突き刺したままだったバイブレーターを抜き出した。
『はい!これは没収〜もうコイツはお終い。さぁて、どうする?また目の前でオナニー見せてくれるのかな?』
枕に顔を埋め頭を激しく振り、疼きを堪える愛美・・
『どれ、今度はコイツで鎮めてみるかい?』
先生は立ち上がったまま履いていたズボンを下ろし、パンツを下げた。
下げたパンツから力強く脈打たせたモノが愛美の目に飛び込んだ。
先生はそのまま愛美の足元に座り、胡座をかく。
『ほら、もっと近くで見ても良いんだぞ?コイツで鎮まると思わないか??』
「そ、そんな…いくら何てもそれは出来ませんっ……」
『そっか…なら仕方ないな。ま、欲しくなったら、いつでも良いぞ アハハ』
遠目で見ても先生のモノの硬さがどれ程なのか分る位に反り上げていた。
(凄ぃ…あんなにビクンビクンしてる……あっ、だめっ。あんまり見ちゃうと欲しくなっちゃう)
愛美は身を起し、這う様に先生のモノに近付いて行った。
(だめっ、近くで見ると余計に……)
『どうした?黙って…見てるばかりじゃ熱くなるばかりだぞ?』
そして遂に愛美は先生の股に顔を埋め口を開いた。
開いた口へ自ら男のモノを含み、唾液をたっぷり馴染ませながら頭を上下させる。
「んぐっ…んっんんっ……ジュルッ…ジュポッジュポッッ……んんぐ…」
『まだ若いのに随分と上手いじゃないか?相当だな……』
『欲しくなったらいつでも良いんだぞ?自分で跨るんだからな??』
先生がそんな言葉を吐いた途端に愛美は先生の膝の上に跨ってきた。
『なんだ?もうか…言った傍から〜恥じも何も無いなこりゃ……』
「・・・・・・・」
愛美は自らの手で先生のモノを支え、先端を膣の入り口へ押し当てる。
先生のモノを何度か膣付近で馴染ませる様に扱い、ゆっくりと腰を落とした。
「あっはぁぁ…は、入っちゃぅ………」
愛美の膣は大量の愛液が潤滑し、何物からも干渉される事なく、先生のモノを根元まで深く突き刺さった・・・
跨ったまま膝を使い上下させ、硬いモノを何度か出し入れする。
まるでローションを塗ったかの様な滑らかに出入りするモノ・・
いつしか恥らう事を忘れ、疼きを言い訳に自らの欲求を満たさせる愛美だった。
先生は背を寝かせた。
『ほら、そんなんじゃ物足りないだろ?もっと・・もっとだろ??』
愛美は腰を前後させる動きに変えると、お互いの陰毛が激しく擦り合わさる。
「あっ、あっ...あっはぁ......っ」
『腰を使うのが上手じゃないか…。練習が終った後は彼氏とこんな風に汗でもかいているんじゃないか?』
「んっ...んんっ..ち、がいます。ぁっっ...」
『脚をもっと開いて見せてくれないか?それ位して貰いたいなぁ』
先生の上に跨り大きく脚を開きながら腰を前後、そして上下に振る愛美・・
開いた脚から丸見えになる愛美の陰部、愛液で光沢を放ちながら膣の中を出入りする硬いモノ・・・
「はぁはぁ...はっ..はっっ...だめっ、ま、また逝っちゃ.....ぅ」
「あっあっ...逝きそ...っ..逝っちゃぅっっ......やっぁぁぁ」
天を仰ぎ、またしても絶頂を迎えてしまった愛美・・・・・・
「はぁはぁはぁはぁ………」
先生のまだ硬いままのモノを突き刺したまま肩を落とし荒い息を吐き続ける。
『少しは満足かい?』
「・・・・・・・」
落ち着きを取り戻すと急に愛美は顔を紅潮させた。
今更になって何らかの力のせいだったとは言え、羞恥が込み上げてきたからだった。
『まだ硬いままだよ?勿論このままじゃないよね…さてと、本気出すからな……』
この後、先生は狭い診察ベッドの上で愛美が体験した事のない様々な体位を繰り出した・・・・・・・・

ちゃんちゃん♪
いやぁ、こんなスプレー俺も使ってみたいもんだ(笑
そうすりゃ俺でもオナゴを虜に・・・おっと口が滑った(6 ̄  ̄)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.