クイズショー?笑

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


クイズショー?笑
投稿者:ひでき 2009/5/28(木) 18:52:42 No.2009

(なに?眩しっ!!)
目が覚めると天井から眩しく強い照明で目が開けられない。
(あれ?動かない…なに?なんなの??)
そして目が慣れ、ゆっくりと瞳を開くと回りは見知らぬ光景が映ってきた。
(此処どこ…なの……)
そして自分の身に起きている事に驚いた。
椅子に座らせられ、両手は肘掛の上で拘束、そして両脚もその手の上に持ち上がり拘束されていた。
しかも全裸で・・・
胸を晒し、持ち上がる両足の間には隠す事なく丸出しに晒されている恥部・・・
(なに?どうしてこんな格好……)
力一杯拘束を振り解こうとしても微動だにしない手足。
目の前には見慣れない大きなぼやけたプラスチックボードが敷かれている。
よく見ると股の間には何やら機械が設置されていた。
その機械から伸びる棒状の物は男性器に良く似た物が陰部に向かって突き出ていた。
自分の身が何処にあって何をされているのか全く理解が出来なかった。
耳を澄ますと辺りからガヤガヤと大人数の声が聞こえて来る。
するとプラスチックボードの裏からスーツを来た男が現れた。
『おお〜っと、やっとお目覚めですよ!皆さん!!』
「だ、誰!?ねぇ!アナタは誰??そ、それに何で私、こんな格好なの?ねぇ、此処は何処?」
『その質問はもう少し待って下さいね…高木さん……』
「ど、どうして名前を…ちょ、ちょっと答えてよ!」
『さーーーッ!では、参りましょう!えッ?・クイズショーの始まりです!!』
「え…?クイズショー!?」
『さぁ、今回のクイズショーの回答者は、高木志保さん。27歳の方です。皆さん盛大な拍手でお出迎え下さい』
「なに?回答者?皆さんって……」
志保の前方から姿は見えないが嵐の様な拍手と大歓声が鳴り響いた。
『では、志保さん!まずはルールを説明します。良く聞いて下さいよ。この、えッ?・クイズショーは一応クイズです(笑)』
『問題は無制限!もし間違えると〜ほら、その股の間にある機械・・わかりますよね?それが作動します』
『まぁ、どう動くかは予想出来ますよね?そして正解した場合ですが〜何もありません!(笑)』
『志保さん、貴女は今から大勢の前の人間の前で仕打ちを受けるのです。唯!全問正解しますとこのまま、その姿を観客に晒す事なく帰れる言う事です』
「どうして私が?仕打ちって一体何の?」
『ま、それは追々分って来ると思いますが〜貴女の今までして来た事〜そして昨夜した事などを思い出して下さい』
『あ、言い忘れましたが〜3問不正解の度に、その機械が作動するのともう一つあります』
『それは、この箱の中から選び出されたアクションを実行する事!何を実行するかわ私にも分りませんので頑張って正解して下さいよ?』
『それでは始めましょう!えッ?クイズショー第1問!!』
「ぇっ?ちょ、ちょっと待って!ねぇ、待ってってば!!」
男は志保の言葉に耳を貸す事なく問題を読み上げて来た。
『さぁ、志保さん答えは?』
「だ、だから待ってってば…本当に何なのよ!こんな真似して良いと思ってるの?」
『あ?一応〜各問題に与えられた制限時間は1分となってますから!早くしないと不正解と扱われますよ』
「ね、ねぇってば!」
『残念ッ!タイムオーパー!!1問目から不正解です、志保さん。では……』
志保の股の間に設置されている機械が音を立て作動し始めた。
突起させる男性器に似た物が志保の陰部へ向かって来た・・・
「嘘でしょ…ねぇ、止めてよっ!それ止めてって……」
『志保さん、この先っちょねぇ〜よく見ると細かい穴が開いてるんですよ。そこから潤滑油みたいなのが出て来る仕組みになってるんですよ』
男性器に似た物が志保の陰部・・膣に押し付けられる。
まだ乾いた膣を潤わしながらメリメリと音を立てるかの様に突き刺さりだす・・・
先端が志保の中に突き刺さると、その物は回転を始め更に奥へ侵入して来る・・・
「あああ〜ぁぁぁぁ…止めてっ…止めてっっ……」
拘束された自由の利かない手足に力を入れる志保。
そして男性器に似た物を根元深くまで含んでしまった志保の膣の中で音を立て回り続ける・・・
「あっあっ…あっぁぁぁ……」
『皆さん、志保さんの中にアレが突き刺さりましたよ!志保さんの声〜聞こえますか?』
すると大はしゃぎする男性の歓声が湧き上がって来た。
『志保さん…ソイツは正解すると抜けるから頑張って下さいよ?間違うとそのまま、そしてこのボタンを操作しますからね!』
『はい、第2問です!!』
「な、何なのその問題?普通の人に分る訳ないじゃない…はっ、はっぁ…はっ、はっ……っ」
『あ〜またタイムオーバーですよ志保さん……業とですか?本当はソレ・・気に入ってるんじゃ??(笑)』
「難しっ…んっぁぁ……気にいってなん、、か…んふぅっ…」
男は機械の傍にあるボタンを押した。
すると志保の中に侵入している機械が回転を止め、蠢き出した。
志保の膣の中を機械の鈍い音を放ちながら掻き回す動きをさせる機械男性器・・・


投稿者:ひでき 2009/5/28(木) 18:56:31 No.2010

「あ゛ぁぁっ…こ、こんなのって……」
『皆さん、今ね私・・スイングさせました〜(笑)意外と志保さん、悦んでそうですよ?』
『さぁ、次の3問目にも間違えると〜この箱から怖い課題が待ってますよ?気を付けて下さいね。では問題!』
「…………わ、わかりません…」
『おおっとぉ?わかりません?残念!では、コイツの中から一つを〜〜』
男は箱の中に手を突っ込みクジ引きの様に紙を引き出した。
『っと、これは…36番の観客がプライバシーボードの1から3、好きな所を外せる・・と書いてますね』
『では、36番の方!1から3のボード。どれを外しますか?』
【2番で!】
『意外と焦らすタイプですかぁ?(笑)では2番のボードを外します』
男は志保の目の前に敷かれたボードの真中を外した。
すると志保の上半身は観客の前に晒され、顔と下半身はまだ隠されたままの格好となった。
『おーっ!志保さんのこの遊んでいそうな大きな胸が大勢の人達に晒されてしまいました〜〜』
志保の胸は男が言うように大きかった。
胸を張っている訳でも無いのにドンっと突き出している大きな胸を志保は持っていた。
『さて、マニアなのか〜楽しみは後に取っておきたいのか〜そこで良かったって感じですか?』
「こ、こんな真似して……」
『ほらほらぁ、そんな暴れると大きな胸が揺れますよ?それとも皆さんへのサービスですか?(笑)』
「そ、そんな訳ないでしょ!」
『ま、お好きな様に!何を言おうが貴女はそこから逃れられませんので…では、第4問!!』
「………そ、それは…わかり・・ません……」
志保の不正解は続き機械が出す潤滑油なのか、それとも自ら溢れさせている愛液なのか判別が出来ない程、椅子を汚し陰部を光らせていた。
そして6問目の問題にも不正解をして再び男が箱の中から課題を引き出す。
『出ました!クリップです!!私、意外とこれが好きなんですよねぇ(笑)』
男はクリップを2つ志保の真ん丸に肥大している乳首にクリップを挟み込む。
「痛っっ…」
クリップの端に紐が出ており、股の間に収まる機械と繋がっていた・・
そして機械にあるスイッチを押すと紐は巻かれていき、志保の乳首が徐々に上へ引っ張りあげられる。
大きな志保の胸が乳首と同様、重そうに引っ張り上げられられて行く・・・
「痛っ!痛いっ!!止めてよっ…あぁぁぁ・・乳首が、、き、切れちゃぅ……」
『切れませんって志保さん…どうです皆さん?この大きな胸が引っ張り上がる光景……』
【ヒューヒューッ、もっと引っ張れーーッ】
『あらあら、お客さん達も喜んで来ましたよ?じゃぁ、もっと喜んで頂く為にじゃんじゃん進めましょうか。では次です!!』
男は相変わらず回答に困難な専門的な問題ばかりを繰り出す。
乳首に挟まれたクリップの痛みを忘れ、膣の中に進入させる異物の感覚させ忘れてしまう程、慣れと言う麻痺に陥っていた志保・・・
3問置きのアクション問題にも毎回失敗をさせて今、志保を隠しているのは顔だけとなっていた。
そしてまたアクション問題も失敗・・・
『お?11番の方!喜んで下さい。11番の方が口マンコと書いてますよ!』
『口マンコとはフェラチオの事ですね!ささ、11番の方こちらに……』
11番の観客は、太めの中年男性だった。
『どうです?今までご覧になってて?』
【堪らないですね!私の周囲が凄くイカ臭くなってましたよハハハ】
『なるほど!皆さん我慢汁を出しながら志保さんを見てたって事ですね!だそうです志保さん?』
「…………はぁはぁはぁ…」
『あらら、もう普通に返答出来ませんか?でも、口は開けて貰いますよ!では11番の方、出すもの出しちゃって下さい!!』
11番の男は志保の頭の横で下半身を丸出しにさせ、いきり立たせたモノを口に押し付けて来た。
歯を食いしばり、唇を噛んで開く事を拒む志保の顎を強く掴まえ開かされる。
僅かに出来た唇の隙間へ11番の匂いのキツいモノが押し当てられ、口の中へ押し込まれてくる・・・
「んんーッ…んぐぐんっっ……んがっ…」
志保の口の中に押し込んだ11番は頭を押え付け自ら立ったまま腰を動かす。
もっとと言わんばかりに志保の頭を強引に振り硬くなったモノを唇で刺激させる。
『志保さん、この男性がイクまで続けますよ?勿論、問題もね。答えられると思いませんが〜知りませんよ?』
『では、このまま続けますので観客の皆さんはシルエットで我慢してて下さいね(笑)』
「んぐっ..んごっ......んっ、んんっ...んんぐっ......」
志保は男性のモノを口に含まされながら乳首を引っ張り上げられたまま、膣の中を常に掻き回されている。
膣の中で蠢かす機械が激しく振るえ、ピストン動作を繰り返す・・・
今ではクリトリスに吸い付き、吸引する機械まで据付られていた・・・
座る椅子を溢れ出させる愛液と飛び散らかす汁で床まで汚していた・・・・
口を開く事を許されない志保は当然の如く、問題に答えられず仕打ちを受け続けている。


投稿者:ひでき 2009/5/28(木) 18:58:25 No.2011

そしてアクション問題でも不正解とされ、男は箱の中から紙を取り出す。
『SPゲスト?ゲストですって志保さん??一体誰何でしょうね…では、お呼びしましょう、ゲストの登場です!』
後ろの扉が開くと仮面をした女性が現れた。
仮面の女性は志保の隣に立ち尽くし言葉を発した。
{志保…いい気味ね……でも、こんな仕打ちじゃまだまだ足りないわよ!}
「んぐっ...んんぐ......!?」
男のモノを咥えながら横目で仮面の女性を見る志保。
{私が知らないとでも思ったの?あの手この手で人の男ばかり手を出すこのヤリマン女!!}
『えっと〜志保さんのお知り合いですよね?まぁ、事情はあると思いますが〜この場を借りてどうです?仕打ちの一つでもして置きますか?』
男は仮面の女にペニスバンドを手渡した。それも支えるのが困難な程、大きく重いペニスが付いたバンド・・・
仮面の女は長いスカートの中でペニスバンドを装着し、スカートの中から長いペニスを突き出させる。
一旦、志保の中に突き刺さる機械を外し、志保の目の前にペニスを突き出させた仮面の女性が立ちつくす。
{そんなにヤリたいならヤッてあげるわよ!このヤリマンめ!!}
仮面の女は極太ペニスを志保の中に間髪入れず一気に押し込んだ。
「ん゛ん゛ーーッ!!ん゛がぃ゛っっ!!!」
今まで数多く味わった男達を遥かに凌ぐスケールに志保は悶絶する。
{どう?気持ちぃでしょ…ほら、もっと悦びなさいよ志保!好きなんでしょ!!}
仮面の女は慣れない腰使いにも関わらずペニスをガンガンと志保の中に突き刺し、押し込む・・・
力の入る手足、身体を振るわせながら悶絶し続ける。
すると11番の男が無償に腰を振り出し、射精が間近と言わんばかりに腰を素早く動かしてきた。
「ん゛がっ、ん゛ががっ!ん゛ご…ん゛ごご……っ」
そして11番の男は志保の口から抜き出し、顔目掛けて一気に射精を放った。
志保の小さな顔が中年男の吐き出された精液によってドロドロになる。
{アハハ、お似合いじゃない?大好きな精子塗れになって…ほらぁ、もっと悦びなさいよ志保!}
仮面の女は腰の使い方が慣れだし、テンポ良く志保の中にペニスを出し入れさせる。
「あ゛っ...ご、ごめん......あっぁっ...ゆ、許して......」
{喘ぎながら何を謝ってるの?それで反省してるって言えるの!}
仮面の女は志保の顔を隠している最後の一枚のボードを取り外した。
大勢の観客に身体を晒したばかりでなく顔まで晒してしまった志保・・
極太のペニスで突かれ、顔は精液塗れにさせ悦ぶ姿を大勢の男達に晒す志保・・・
知らぬ内に志保の身体はグッタりとさせ、いつの間にか絶頂を迎えてしまっていた。
が、そんな事はお構いなしと仮面の女は志保の中を突き続ける・・・
気の抜けた声で志保は許しを乞う。
{アンタ、こんな大勢の前で一体、何回イッたの?本当好き者もいい所ね?もう良いわ…}
仮面の女は志保の中からペニスを抜き、その場から少し下がった。
{ねぇ、皆に言ってよ。このヤリマン女とヤリたい人は好きにしてって!}
『え?良いんですか?皆、大喜びで集まって来ますよ??』
{良いから早く!}
『ゴ、ゴホン!え〜今からこの志保さんとヤリたい人がいましたら前の方に順番に並んで下さい』
もう直ぐに殆どの観客が志保の前にズラ〜っと列を作った。
『ちょっと流石に多いですねぇ。あ、入れなくても出すだけでって方いましたらどうぞ囲んでやって下さい』
志保の周りに隙間が出来ない位に男が取り囲む。
下半身を丸出しにさせ、皆、力強くさせているモノを握り締め、志保に向けて扱き始める。
中には胸や身体に触れる者、舌を使い舐め上げて来る者もあった。
「やっ…やめてっ!さ、触らないでよっっ」
1人の男が志保の中に突き刺して来た。
弛みきった膣の中に素早く腰を振り勃起させたモノを出し入れさせる。
許しを乞う口を1人は自らのモノを捻じ込み塞ぎに掛かる者も居る。
周りからは大勢の男達の荒い息や喘ぎ声が鳴り響かせる。
身体には勢い良く射精した精液が飛散して来る。
射精を済ました男は後ろに下がり、新たな男が扱き始める。
顔にまで大量の精液に塗れ呼吸すら困難に陥る志保・・・
様々な色をした精液を身体中に浴びせられ異様な匂いを身体から放つ。
中には志保の膣の中で射精を済ます者も現れた。
膣の中に放たれた精液が溢れ出す暇すら無い程、入れ代わり男達は突き刺して来る・・・
{いい気味よ、志保…本当にいい気味よ!大好きな男に囲まれ、大好きなモノを突き刺されて本望でしょ?}
そして志保は観客の満足行くまで延々と精液地獄を味わった。
快感が麻痺する程、膣は擦れ痛みに変っていた志保・・・
顎は疲れ言葉を発する所か喘ぐのも辛くなる志保・・・
毛穴と言う毛穴を男達が吐き出した精液で塞がれ、乾く時間なく次々と精液が志保の身体を上塗りして行く・・・

ちゃんちゃん♪
クイズになって無かったかな(6 ̄  ̄)
でも、テレビを見ながらこんな事を考える俺って一体・・・
そろそろリアルな活動をさせねば(笑
相変わらずダラダラと長くてゴメンなさい。


投稿者:もっと 2009/6/1(月) 6:55:45 No.2023 [kfHo9lwJ/mk]

めちゃくちゃ感じちゃいました


投稿者:ひでき 2009/6/2(火) 19:38:50 No.2025

おーッ!
感じて頂けましたか♪
長かったでしょ?笑
読んでくれて ありがとうね。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.