0721

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


0721
投稿者:ひでき 2009/7/12(日) 18:01:58 No.2421

小学生の頃にあだ名を?オナ子?と呼ばれる様になった。
当時は名前が奈緒子だから少し変えて呼ばれてるだけだと思っていた。
そのまま他に疑問も違和感も感じる事なく中学生になった。
中学に入ると新しく仲の良くなった女子から〜
(奈緒って、オナ子って言われて嫌だったり恥しくないの?)と・・・
「ううん。何で?奈緒を逆にしただけでしょ。全然」
(ねぇ、今までそう思ってたの?それって違うだよ)
「え?違うって〜名前関係ないの?」
(うん…関係あるのは名前じゃなくて誕生日みたい)
「誕生日?私の誕生日って7月の21日だけど〜全然関係無いじゃん」
(うーん、じゃぁこの四マスに誕生日を書いてみて。そしたら分るよ)
奈緒子は友達の言われた通りに誕生日をマス中に書き込んだ。
「こう?これで何が分かるの?」
(この左に0を入れるとね…何て読む?)
「0721…ゼロ、ナナ、ニイ、イチ……でしょ?」
(ううん、そう読むんじゃないの!オナニーって読むんだよ、奈緒…)
「オ!?オナニーって…ひとりエッチ?」
(そう…奈緒はオナニーっ子と呼ばれて否定もしてなかったんだよ?)
「やだ…嘘でしょ……そ、そんな呼ばれ方って…」
小学生の頃はオナニーと言う言葉を知らなかった奈緒子。
だが、中学に入り性的知識を得始めた奈緒子があだ名の由来を知ると無性に恥しくなってきた。
その時を切欠に奈緒子は今までした事が無かった自慰行為・・オナニーに目覚めたのだった・・・
それは毎日と言っていい位にまで行なう習慣にまでなった。
高校に進学しても習慣は変らず、毎朝、毎晩と盛りの付いた猿の如く自慰に耽っていた。
そして誕生日になると決まって授業を抜け出し校内のトイレでする様になってしまった。
今日はその7月21日の誕生日、奈緒子は一年に1度の校内オナニーをする為
授業を体調不良と言い抜け出しトイレに向かった。
朝からずっとこの時の為に弄る事を抑え、授業中も悶々とさせながら我慢していた。
トイレに誰も居ない事を確認すると慌てて個室に入った。
直ぐにドアを閉め、スカートを下ろし扉に添え付けられているフックに引っ掛ける。
ブラウスの上からまだ発育中の小振りな胸を揉み解す奈緒子・・
便座に座りながらブラウスのボタンを外しピンク色のブラジャーを命一杯ズラし、小振りの乳房を露わにする。
豆粒の様な乳首は既に硬く変化させ痛い位に突起させていた。
便座に座りながら両手で乳首を摘み捻る・・
静まるトイレの中で声を押し殺しながら乳首を刺激する奈緒子・・・
次第に奈緒子の手は股の間に伸ばし湿るショーツの上から陰部を指先で擦らせる。
湿り気を帯びていたピンク色のショーツは見る見る内に変色させていく。
ショーツの中の陰部から溢れさせる愛液が擦る指先にまで付く程だった。
直に触れたくなった奈緒子は汚したショーツを脱ぎ、それをフックに引っ掛けた。
1年に1度の学校内での下半身丸裸の自慰行為。
狭いトイレの両壁に脚を一杯に広げながら陰部を直に弄る奈緒子。
両手を使いクリトリスを掻き毟り、拡がる肉ヒダを更に指で開きながら中指を膣の中へ押し込む・・・
指先を溢れさせる愛液で濡らし、静かなトイレに奈緒子の陰部が放つ淫音が響く・・
ビチャビチャと自分の下半身から発する音に興奮を更に高める奈緒子。
「ぁ...ぁ..ふぅ...ぁっ」
押し殺していた声を思わず漏らす。
気持ちが高まり奈緒子は絶頂が近付いて来てるのを感じながら陰部を弄り続けている。
「イ、イク...イック..ッ...イッちゃ......ぅっ...っ」


投稿者:ひでき 2009/7/12(日) 18:06:06 No.2422

なんてこった〜〜〜〜
半分消えちまっただよ=( ̄□ ̄;)⇒
因みにこの先は〜隣のクラスの男が現れます(笑
と、言う訳で続きはご想像で♪


投稿者:愛華 2009/7/12(日) 20:21:43 No.2423 [q0CbiR/diSc]

なんで消えちゃったんだろう?ひできさんの小説楽しみにしてるのに…良い所だったのに…!想像なんてできません!お願いです!続き書いて欲しいです!!


投稿者:ひでき 2009/7/12(日) 22:30:47 No.2424 [ziW80aAffSU]

愛華さん
楽しみにして頂いて嬉しいですよ♪
でも想像出来るでしょ?笑

中々趣ある願望、経験を持ってるんですから〜(笑)
まぁ、俺なんかのを楽しみにしてくれた様なので続きは書いてみます。


投稿者:愛華 2009/7/13(月) 18:12:27 No.2428 [q0CbiR/diSc]

ありがとうございます!嬉しいです。お時間のあるときで良いのでお願いします♪


投稿者:ひでき 2009/7/13(月) 23:03:27 No.2429 [ziW80aAffSU]

はい。
気長にお待ち願います。
それまで1人で楽しんでて下さいな♪
因みにソフト路線で書きますから、激しいのは期待しないで下さいね。


投稿者:ひでき 2009/7/18(土) 18:19:45 No.2460

奈緒子が絶頂を迎えようとした瞬間、聞き慣れた音が聞こえた。
カシャッ!
カメラのシャッター音が絶頂を迎える僅か前に耳に入り、奈緒子は指を止めた。
そして奈緒子は恐る恐るトイレの天井を見上げると携帯電話を持つ男と目が合った。
目が合った瞬間に再びカメラは奈緒子を捕らえた。
カシャ!!
「.........ッ!!!!!」
奈緒子の目は大きく見開き、頭の中が真っ白となった。
『オナ子ぉ〜〜授業中に何をしてるんだぁぁ?』
『あ、このパンツは没収な!』
フックへ引っ掛けられていた奈緒子の汚れた下着を男は奪い取りポケットの中へしまい込んだ。
「い、いつ…から……?」
『んー、オナ子が入って少ししてからだけど?』
『俺が隣に入ったの気付かなかった??気付かないか、いい音と声出してたもんな!』
「……………………」
男は奈緒子の顔を見ながらニヤニヤとさせ便座から下に下りた。
そして、奈緒子の入るトイレの前に立ち、扉をドンドンと叩きだした。
『ほら、開けろよオナ子〜逝く所だったんだろ?俺が見ててやっからさ』
「ヤメテッ!出て行ってよ!!」
『あれ〜良いの?オナ子のオナ写真…俺が帰ったら皆に見せちゃっても?』
『それにこの染み付きパンツは要らないのか?』
「きょ、脅迫するの?」
『別に脅迫するつもりないけどさぁ、授業を抜け出してオナるのもマズいと思うぞ?』
『言いたきゃ言えば。何て言うのか知らないけどさぁ…』
奈緒子はトイレの鍵を開けてしまった。
すると男はゆっくりと扉を開き、足を中へ踏み入れて来た。
『何か〜マン臭がプンプンしてないか?』
「……………」
『よし、続き初めてくれよ』
「で、出来ない……お願ぃ…許して……」
『ふーん…じゃぁこれはどうなっても良いって事か…』
男はポケットの中から奈緒子の下着をチラ付かせ、携帯電話の画面を差し出した。
奈緒子の欲望に狩られたハシタナク写る光景がしっかりと携帯電話に表示されていた。
何も言えなくなった奈緒子は手を股の間に向かわせモゾモゾと弄り始めた。
足を閉じながら触れていると男は奈緒子の顔にグっと首を伸ばしてきた。
『違うだろ?さっきはおもいっきり脚を開いてオマンコ丸出しにしてなかったか?』
『こうだったろ!!』
男は奈緒子の足を捕まえ両端一杯に足を開かせた。
「ヤダッ!ヤメテッッ…」
開かれた足の間へ男は顔を突き出し間近で奈緒子の陰部を覗き込む。
『あ〜オナ子に相応しいマンコしてんじゃないか〜』
『ほら、見ててやるから弄れよ?逝きそうだったろ??』
「そ、そんな人前でなんて…」
『あっそ、出来ないんだ…へ〜〜っ』
奈緒子は仕方なしに陰部を弄り始めた。
まだ、先程の余韻が消えていなかった奈緒子の陰部。
潤いも乾く事無く、すんなりと指先を迎え入れた。
『うおぉ〜オナ子のマンコはやたらエロいぞ!なぁ、もっと指を早くさせろよ?』
奈緒子は言われた通り指を膣の中へ素早く出し入れさせる。
オナニーは大好きだが、人前でするのは始めただった奈緒子・・・
男の目の前で恥しくも大きく脚を開き、大事な所を隠す事なく晒す。
恥しい筈なのに躊躇う事無く奈緒子の指は激しくなるばかりだった。
「んっ...んふっ......あんっ.....っ」
『見られながらでも興奮するんだろ?あ、見られた方が良いのか』
「ち、違っ..あっぁぁんっ......」
『ほら、もっと声出せよ!気持ちぃんだろ?ちゃんとオナ子の逝き顔見ててやっからさ』
奈緒子の出し入れさせる度に膣が再びイヤラシく卑猥な淫音を奏でてしまう。
「あっあっ..だ、だめっ...だめっ.....」
『な〜にが駄目なんだ?逝きそうなのか??』
『オナ子のエロマンコからマン汁がダラダラだぞ?恥しくないのかぁ?』
「い、いやっ...み、見ない..で...ぁっぁぁぁっ......」
「ヤっ...だめっ...だ、だ、、めっ.....っ、ぃ、逝っちゃ..ぅ......」
『俺の目を見ながら逝けよ!ほら、こっち向けよ!!』
だが、奈緒子は目を男の顔から逸らす。
『見ろって言ってんだろ!!』
男は奈緒子の顎先を掴み自分の目を見させる。
『逸らすなよぉ…俺の目を見ながら逝くんだオナ子……ほら逝けよ』
「み、見れない…は、恥か…あっあああぁぁぁぁ…も、もぉ……」
奈緒子は逸らしていた筈の目を男に向け、絶頂を迎えようとする。
「逝っちゃ...逝っく.....ぁっぁっぃ..逝っくっぅぅぅ...」
そして遂に奈緒子は男の目の前で絶頂を迎えてしまった・・・
男の目を見ながらの絶頂・・
恥らう言葉を放ってはいても、最終的により高い興奮を得た奈緒子だった。
『オナ子の逝き顔…中々だったぞ?』
男はニヤニヤと笑みを浮かべながら学生服のズボンを下ろそうとベルトを外そうとする。
「!?」
逝き果てた奈緒子の視界に男の仕草が入った。
『今度は俺が逝かせてやるよ…』
『マン汁ダラダラだから直〜ぐ入るぞ?』
「や、やめて!そ、それだけは…お願いっ!お願いだから!!」
『何言ってんだよ〜オナ子ぉ。お前のマンコは欲しそうにポッカリ開いたまんまじゃねーかよ』
そして男がベルトを外しズボンを下げようとした時に終業のチャイムが聞こえた。
キンコーンカンコーン、キンコーーンカンコーーーーン。
『マ、マジかよ!?もうちょぃっつー所で・・クッソ!』
『良いかオナ子!このパンツは放課後まで預かっておくからな!!』
『放課後、教室に残ってろよな!じゃないと知らねーぞ!!』
「え…そ、そんな………」
男は慌てて奈緒子の前から走り去って行った・・・・・・・。

ちゃんちゃん♪
7月21日が誕生日の人は、オナ子と呼ばれた事ありますかね?笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.