ゆうなサンのリクエスト

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


ゆうなサンのリクエスト
投稿者:ひでき 2009/7/26(日) 10:58:55 No.2554

終電間際の電車に彼氏と駆け込み車内に乗り付いた。
最後尾の車両は人影が少なく彼とゆうなを含めて4人だけ。
ゆうなが席へ座ると彼氏は隣では無く、ゆうなの前に腰を掛けた。
ゆうなの並びに座るスーツを着た中年サラリーマン。
そして前の座席の彼氏との並びには作業着を着た色黒の作業員。
中年サラリーマンは、ゆうなが座席に座ってからチラチラと短いスカートから覗かせていた足を眺めている。
斜め前に座る作業員も、ゆうなの白い足を舐め回す様に見ていた。
2人の男が彼女の ゆうなへ浴びせる視線に気付いた彼氏はある事を思いついた。
ゆうなは男達の視線には気付いておらず、彼氏の方をずっと見ていた。
すると ゆうなの携帯が目の前にいる彼氏からのメールを受信した。
目の前に座っているのに何だろう?と疑問におもいメールを開くと・・
【俺の目の前でM字開脚してみな!俺が良いと言うまでずっとだ…】
【しっかり膝を持って絶対に閉じるなよ!!】
え!?っとした顔を俺に向ける ゆうなを俺は睨みつけ顎をクイクイと動かした。
ゆうなは戸惑い周りを気にしながら片足を座席の上に乗せ、もう片方の足も乗せた。
ゆっくりと手で膝を掴み脚を開かせていく・・・
短いスカートは大きく捲くれ上がり、ゆうなの履くピンク色のショーツは完全に丸見えになった。
再び ゆうなが周りを見ると2人の男と目が合ってしまった。
ゆうなは慌てて彼氏へ顔を向かわせ口をパクパクと動かし小声で何かを訴える。
すると彼氏は一瞬ニヤりと笑みを浮かべた後、寝る素振りをさせた。
寝たふりをする彼氏の目の前で黙って1人M字開脚をする ゆうな。
キョロキョロと2人の男を意識し、恥しさのあまり顔を上げる事が出来なかった。
その内、中年サラリーマンが立ち上がり ゆうなに近付いて来た。
ゆうなの目の前に鞄を持ったまま立つ男・・
『お姉ちゃん、何してるの?パンツ丸見えだよ?もしかしてそう言うの好きなの?』
中年男性は、しゃがみ込み ゆうなの開く股の間を覗き込む。
慌てて ゆうなはスカートで股間を隠そうとするが、短くて隠しきれない。
『もっと見せてよ…見られたいんでしょ?』
「ち、違いますっ……」
小声で男へ否定をする ゆうな。
しかしこの時、ゆうなは履いていたピンクのショーツを濡らしてしまっていた。
イヤラシク形を作る愛液での染みが中年男性へ何を言おうが説得力が無かった。
『こんなに濡らして何を言ってるんだい?』
男は更に ゆうなの股に顔を埋め臭いを嗅ぎ出した。
スーハーーー、スーーーーーハーーーーーー。
『若い女の匂いはイヤラシクて堪らないなぁ…』
『触っても良いんでしょ?見せるだけじゃ物足りないよね…』
中年男性は ゆうなの愛液でイヤラシい形をさせた部分を指先でなぞりだした。
焦らす様な中年男性の手付きが妙な気持ちにさせてくる。
プルプルと小さく下半身を震わせ、何度も目の前に座る彼氏へ目を向ける。
しかし彼氏は未だに寝た振りをし、ゆうなへ行為を働く男を止める事はしない。
中年男性の手を抑え付け止め様とする ゆうな。
だが、中年男性の手は抑え付けられながらも器用に陰部をショーツの上から刺激してくる。
自由の利く親指と小指がショーツの両脇からスルりと中へ滑らせてきた。
ショーツの中で親指と小指が肉厚のあるヒダを挟み込み、上手に開く。
「んっ、んんっ...」
『声出しちゃ駄目じゃないか?ここ電車の中だよ?』
小指がショーツの中で愛液をまんべん無く陰部へ塗り手繰り中へスポっと簡単に入って来た。
小さな小指に溢れさせる愛液で、ゆうなの陰部は抵抗する事なくあっさりと膣の中へ入ってしまった。
『ヌルヌルだから軽く入ったよ?小指じゃ物足りないかな?』
中年男性は小指を数回ゆうなの中を出し入れをする。
細く短い小指は確かに ゆうなへ物足りなさを感じさせたがこの場の緊張感が興奮を高めてくれていた。
そんな中年男性と、ゆうなの行為を斜め前に座っていた作業着を着た男は眺めていた。
しかし眺めて終る筈もなく、作業着の男も立ち上がり ゆうなへ近付いていく。
作業着のズボンを大きく膨らませながら歩み寄る男。


投稿者:ひでき 2009/7/26(日) 11:02:52 No.2555

そんな男に ゆうなも気付き流石にこれ以上は危ないと判断した。
彼氏に助けを求めようと顔を振り向かせると、寝たふりをしていた彼氏が薄っすらと笑みを浮かべていたのだった。
え!?と驚かせる表情をさせ、歩み寄る男に目を向けるとズボンのファスナーから大きく突き出しているモノに目が行った。
中年男性の手を強く振り払い、その場から逃げ去ろうと試みた ゆうな。
だが、立ち上がろうとする ゆうなの手を作業着の男が掴み座席へ座らせる。
作業着の男は片膝を座席に付き、ゆうなの顔へファスナーから突き出しているモノを差し向けた。
《さっきから見てたけどこうされたかったんだろ?》
間近で見る作業着の男のモノは凄まじく大きく、逞しかった。
作業着の男は ゆうなの頭を押さえ自らのモノを含ませようとしてくる。
口を閉じ、必死に目を彼氏に向ける。
手を大きく振り彼氏へ助けを求める ゆうな。
しかし彼氏はその場から一歩も動く気配をさせない。
それどころか肘を着き、ゆうなの姿を楽しむ様に眺めていた。
《ほらッ、さっさと咥えろよ!それとも下の口にぶち込んで貰いたいのか?》
頭を大きく振り拒む ゆうな。
『お兄さん、少し強引過ぎやしないかい?此処でそいつは……』
《あ゛!?ならアンタは引っ込んでろよ!先に手を出したのはアンタの方だろ?》
作業着の男は中年男性へ怒鳴りつけ、ゆうなの閉じる口へ強引にドス黒い先端を押し付けて来た。
「んんッ…んんんーッ」
堅く閉じる唇へ押し込まれてくる異物・・・
そして咳き込んで一瞬開いてしまった口の中へ男のモノはズボっと喉奥まで突き刺して来た。
「んごぉっ...ごほっ......ごが...」
《歯ぁ立てるなよ!当たってんぞ!!》
作業着の男は ゆうなの頭を掴まえる手に力を入れ大きく揺らす。
咽返し涙目になりながらドス黒い色をしたモノを口の中へ出し入れさせる。
『お姉ちゃんゴメンな。我慢出来なくなって来たよ…』
中年男性は、ゆうなの履くピンクのショーツをズルズルと下ろしてきた。
ゆうなの陰部は丸出しに晒され、中年男性の細長いモノを押し当てられる。
乾ききっていない愛液を先端に塗りつけ挿入のサインを送り付ける。
ゆうなの足を大きく開こうとする手を何度も跳ね除ける ゆうな。
愛液をたっぷりと付着した中年男性のモノが徐々に ゆうなへ進入してくる。
「んあーーッ、んががぁーーーッ」
作業着の男のモノを含む口は言葉を上手く発する事が出来ない。
そして中年男性の細長いモノは、ゆうなの奥深く、男の根元までしっかり入り込んでしまった。
初めての複数での行為が電車の中・・
それも彼氏が交える事のない、見知らぬ男から受ける仕打ち・・・
作業着の男のモノは口の中でより一層逞しさを感じる。
頭を動かすと分る、ゴツゴツと浮かび上がらせた血管を唇が感じる。
膣の中には硬さは劣るが長い中年男性のモノが子宮に当たる程まで突いて来る・・
「んッんッッ...ん、ごぉ.....んごご...」
作業着の男のモノを咥える口の隙間からは唾液が零れ出して来る。
ドス黒い色に唾液が付着し、光らせるモノは一層力強さを増してきた。
《アンタぁまだか?逝くのか??》
『あぁぁイイ…若いオマンコは堪らん……ま、まだ逝くには勿体無い』
《ったく、代われよ!》
作業着の男は ゆうなの口から抜き出し中年男性の肩を突き飛ばす。
『な、何をするんだ!』
《アンタ長げーーんだよ!!》
ゆうなの身体を抱き起こし尻を突き出させる。
「ぁっ・・や、止めてッ…何を……」
座席に片手を付き、窓に片手を付きながら尻を突き出す格好になる ゆうな・・
突き出した尻を押え付け、ゆうなの中へ突き刺そうとする作業着の男・・・
中年男性のモノとは違ってヒダが一杯に拡がりだす。
メキメキと膣の筋肉がうねり上げ、悲鳴をあげる膣。
ゆうなの中へ鈍痛を感じさせながら突き刺さし始める作業着の男。
「い、痛...ぃ......止め、て」
《きっつぅ…ほら、もっと濡らせよッ!痛ぇのは俺の方だ》
唇を噛み締め今までに味わった事のない痛みに耐える ゆうな。
そして作業着の男のモノは根元までズブっと突き刺さった。
「あああぁぁぁ………っ」
ゆうなの中へ馴染ませる様に腰を回転させる作業着の男。
《あぁ…この締め付け堪んねーな!》
作業着の男は力強く腰を振り始める。
ゆうなの付く両足が浮き出す程の力強く荒い挿入・・
「はっあぁ…あっはぁ……あっあっあっ…」
始め鈍痛を覚えた膣は強い快楽への刺激に代わり始めてきた。
作業着の男は、ゆうなの突き出す尻肉を叩く。
《ほらほらぁ…もっと声出せよ……堪んねーんだろ?》
「あっはぁ…はっあぁぁ……っ」
ゆうなの口は閉じる事無く喘ぎ続ける・・・
まるで異物の様な硬いモノは激しく ゆうなの中を出入りしてくる。
ドス黒い色が、ゆうなの溢れ出した白濁した液で白く染まらせる。
作業着の男は射精が近付き、更に腰を強く、早く動かし出す。
ゆうなの膣が壊れるんじゃないかと言う程に・・
《はぁはぁはぁ…出すぞ!中だからな?はぁはぁ…》
「やッ!だ、だめッ!!中は・・中はお願いッ!」
作業着の男は、ゆうなの言葉に耳を傾けず素早く動かしていた腰を止め奥へ突き出す様にグっと押し込む。
《うッッ!》
ゆうなの中で射精を済ました作業着の男・・・
温かく大量の精液が注がれたのを膣の中で感じる ゆうな・・・
射精を終えた後も暫く、ゆうなの中でビクビクと脈打たせていた。
「いやぁぁぁぁぁぁッ…………」
作業着の男は射精を済ませた後、膣内の精液を押し込もうと腰をグイグイと回す。
そしてスポっと一気に萎えたモノを抜き出すとポッカリ開いた膣の中からドクドクと溢れてくる。
長い糸状の精液が床にまでドロ〜っと垂れ落ちる・・・
電車が駅で停車し、作業着の男は降りた。
傍観していた中年男性も降り、車両には ゆうな、そして彼氏の2人きり。
肩を落とす ゆうなへ立ち寄る彼氏は一言
『まさか中出しするとはなぁ……今日大丈夫なんだろ?』


ちゃんちゃん♪
何か・・イメージしてたのと全然違うんですけど(6 ̄  ̄)
ゆうなサン、すいませんでした。
これで我慢してくれませんか?
頼むからこれで濡らしておくれーーーッ(笑


投稿者:ゅみ 2009/7/26(日) 22:13:51 No.2560 [tsOrm0rHuK.]

初めまして!ひできさんの毎回読んでるんですケド超興奮してビチョビチョです!更新されるのを楽しみにしてるんでこれからもバンバンお願いします(*^_^*)


投稿者: 2009/7/26(日) 22:47:27 No.2562

新作拝見しました。
とても面白かったです^^

今回はゆうなサンのリクだったみたいなのですが
あたし的には『痴漢モノ』がダメなので・・・><。コワイ

今度はあたしもリクしてみようかな(笑)


投稿者:ひでき 2009/7/27(月) 0:11:34 No.2565 [ziW80aAffSU]

ゅみサン
毎回読んでくれてたんですか?
ありがとう御座います♪
ゅみサンも、びしょびしょにさせて弄って下さいね。
その方が書き甲斐あります。
玲さんは痴漢怖いですか〜
痴漢に合ったら、ちゃんと抵抗出来ますか?
玲さんも中々の妄想書いてるじゃないですか♪
お付き合いしてくれてる方も……


投稿者: 2009/7/27(月) 10:34:05 No.2566

通りすがりに2回ほど痴漢に遭った事があります・・・
どちらも一瞬の出来事だったので、
抵抗する間もなく当事者は走り去って行きました・・・
まぁ一人は現行犯逮捕していただきましたが(笑)

あたしの妄想は拙いものでひできサンには到底敵いませんが・・・
お相手の方にフォローして頂いております^^
なかなか行為に発展しないスローペースが
自分で書いてて焦らされてる気分になります(笑)


投稿者:ゅみ 2009/7/27(月) 13:54:37 No.2568 [tsOrm0rHuK.]

前の整体のやつとか実際そんなコトあったらゅみもそぉなっちゃうのかなとかィロィロ想像して楽しんでます(*^o^*)


投稿者:ひでき 2009/7/27(月) 23:45:06 No.2569 [ziW80aAffSU]

玲さん
痴漢は逮捕ですか!?
玲さんに お触りは出来ませんね(笑)
十分、よい妄想ですよ。
俺の非現実的なのと比べると…(ーー;)
因みに玲さんは変わってなんか居ませんよ。
人それぞれ好み、性癖があるんですから〜
普通なんてのが無いのかも知れませんね。
ゅみサン
整体〜何気にお気に入りです♪
スラスラ書けましたから。
きっとあんな媚薬的な物を使われると
ゅみサンの意志と反して、驚く程 濡らしてしまうでしょう。
自分の体じゃない様な腰の動きをさせてしまうでしょう…
そりゃ無いか!!笑


投稿者:ゆうな  2009/7/28(火) 3:47:33 No.2570 [aHbz6iyGJbY]

わぁ!ありがとうございます!やっぱり凄いです。中出しは怖いな…彼氏はひできさんだといいなぁって勝手に想像してしまいました。


投稿者:ひでき 2009/7/28(火) 6:50:24 No.2571 [ziW80aAffSU]

ゆうなサン
少しは満足して貰えましたか?
中出しは未経験?
ひできさんは彼女へあんな真似しません。
意地悪だけど優しい所あるんです!(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.