崩壊

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


崩壊
投稿者:ひでき 2009/8/9(日) 10:49:33 No.2617

母(40)と娘(15)が休日を利用し買い物から帰宅してきた。
「あれ?電気真っ暗じゃん。パパまだ帰っないんじゃない」
(本当?だってもう22時よ??後で電話してみよっか)
「とりあえず私、部屋に戻るね」
娘(瑞希)は自分の部屋に戻り、母親(奈緒)は一旦リビングへ向かい荷物をソファーの上にドンと置き、一息付く。
携帯電話を取り出し、旦那へ電話を掛けた母親。
呼び出しはするものの、旦那は電話に出ない。
母親は一旦電話を切って、再び掛けなおしてみた。
すると、よーく耳を澄ますと寝室の方から電話の着信音が聞こえてきた。
(あらやだ。パパ、電話置いて出掛けちゃったのかな?)
母親が寝室に向かい扉を開くと大きなベッドに全裸で横たわっている旦那の姿があった。
(ア、アナタ!!ど、どうしたの!?これって……)
慌てて旦那の傍に駆け寄ると、旦那の手足はガムテープで強く拘束されていた。
身体を起こすと口にもガムテープが貼り付けてあり、顔は殴られた様に傷と痣が数箇所あった。
(ね、ねぇ!アナタ、一体なにが!?)
すると旦那の目が大きく見開き、母親の奈緒へ目で何かを訴えている。
(なに?後ろ??)
奈緒が後ろを振り向いた瞬間、背後から男が覆い被さってきた。
(ヤッ!だ、誰?離してッッ…)
いきなり背後から身体を見ず知らずの男から弄られる奈緒・・・
『はぁはぁ…ずっと待ってたんだよ。帰って来るのをな!』
(や、止めてッ。貴方誰なの?ア、アナタ…ッ)
服の上から胸を強く揉み解され、スカートの中へ手を忍ばせてくる男・・
(はぁはぁ…止めてッ。はっはぁ・・離してッ)
見ず知らずの男の手が衣服の上から身体の敏感な所を刺激してくる。
身動きの取れない旦那の目の前で・・・
口を塞がれ声をこもらせながら妻への暴行を止めろと大声を発する旦那。
自分の目の前で妻の着ているブラウスが剥ぎ取られ、黒のブラジャーが露にされる。
見知らぬ男の手が妻の胸を覆う黒のブラジャーに手が掛かった。
肩紐を下ろされ、ズルズルと胸から腹までブラジャーをズリ下げる。
『はぁはぁ…中々良いもん持ってるじゃないか……はぁはぁ』
見知らぬ男は背後から妻の胸を両手を使い、横たわる旦那へ見せ付ける様に揉み解している。
(はぁはぁ…お願い……止めて…アナタ・・アナタ助けて……)
『奥さん…アンタの旦那が何をしたか知らないだろ?今のアンタと同じ様に抵抗しても一切止めようとしなかったんだぞ!』
(何を言って……アナタ何かの間違いでしょ?)
『何度も何度も抵抗したさ、でもな!お構いなしにアイツは俺の女に入れやがったんだよ!!』
(!!!!!?違うよね?アナタ、何か言ってよ!ねぇアナタッ)
『アンタの旦那は酔っ払って部屋を間違えて俺の女に入れたばかりじゃなく中に出したんだよ!!』
『考えられるか!自分の妻と間違えて中出しなんてよ!!』
『幸い出来てはいなかったが、どれだけ辛い思いをしたのか……』
『だから、アンタには悪いけど旦那の目の前で同じ事をさせて貰うからな』
『自分の大事な女が傷付けられた気持ちをアイツに味合わせてやるッ』
(アナタ……なぜそんな事を………)
見ず知らずの男から話を聞かされ妻は抵抗していた腕をダラリと下ろした。
(良いわ。私の身体で気が済むと言うなら好きにして結構よ……)
妻は履いていたスカートを下ろし、ブラジャーとお揃いの黒いショーツまで脱ぎ出した。
フサフサと生える陰毛を手で覆い隠し、その場で立ち上がる妻。
自分の目の前で妻が見ず知らずの男へ裸体を晒す悔しさ。
それを止める事すら出来ない無力さに旦那は肩を落とす。
(どうすれば良いの?)
『なら、そこに手を付きな』


投稿者:ひでき 2009/8/9(日) 10:52:55 No.2618

ベッドの淵に手を付かせると、妻の顔が旦那に近くなった。
『ほら、足を開いて、尻を突き出すんだよ』
旦那の顔に迫る妻の顔は悲痛な表情をさせていた。
男は突き出す妻の尻に顔を埋め両手で尻をググっと左右に開いた。
『ねぇ、旦那さ〜ん。奥さんのアソコは随分と毛深くてスケベだぞ?』
『尻の穴まで毛が生えてるじゃないか…』
唇を噛み締め、目を閉じ旦那の目を一切見ようとしない妻・・
男の指が陰部を弄りはじめる。
遊ぶ様な手付きでヒダを捲り、引っ張り刺激をしてくる。
割れ目に沿って何度も指先を往復させる。
次第にネットリとした透明の液が溢れ出してくる。
『奥さん濡れて来たけど?良いの?旦那の目の前で濡らすなんて…』
(い、言わないで……)
『話の分かる奥さんだと思っていたけど〜単なる好き者なんじゃない?』
『ほらほらぁ、こんなに出しちゃって良いのぉ?』
男は指先を往復させながら、時々敏感な所を刺激させる。
妻の溢れさせた愛液を指先に取り、指を旦那の顔に近づける。
『ほら旦那さん、この濡れた指・・凄いでしょ?こんなに濡らしちゃってるけど良いの?』
男は親指と中指をパチパチさせ、愛液の糸を引かす。
指先を再び妻の陰部へ運び、割れ目に沿って指先を往復させる。
何度か往復させスポっと膣へ指を入れる。
抜いては往復させ、また入れる・・・これを繰り返す。
(んッ…んんッ……)
『奥さん、気持ちいんでしょ?旦那の前だからって我慢しなくて良いんだよ?』
『ほら、旦那さんもしっかり奥さんの善がる顔みてあげないと』
指先を膣の中へグっと押し込み中を掻き回す。
妻の溢れさせた愛液が指先と重なり卑猥な音を寝室に吐き出す。
『2人とも聞こえてるだろ?この奥さんのスケベな音……』
次第に妻は突き出していた尻を動かし始めた。
『あらら・・自分から振り出しちゃったよ……どうする旦那さん?』
(ち、違う…動かしてなんか……ぁっぁっ…か、勝手に…・・ぁっぅ)
『あ〜あ、太腿までスケベな汁垂らしちゃって来たよ……』
『欲しいみたいだから、そろそろ………』
男は立ち上がり、履いていたズボンと下着を脱ぎ始めた。
仁王立ちから突き出る男のモノは腹に付くほど反り返っていた。
『旦那さん、よーく奥さんの顔を見ててな。今からコイツを入れてやるから』
男は自らのモノを支え妻の膣に先端を押し当て、愛液を馴染ませている。
『ほら、欲しいんだろ?だったらもっと足を開きな』
妻は閉じ気味の足を大きく開き、男のモノを受け入れる体勢になった。
『そうそう、パックリ開いてるぞ?ほら、入るぞ……』
男が妻の膣へ突き立てたまま腰を動かそうとした瞬間。
「ママぁぁ。私、先にお風呂入るからね〜〜〜」
(!!!!!!!!!!)
『ママ?なんだ、娘が居るんだ?ふ〜ん……先に言ってくれよな』
男は妻から離れ娘の瑞希の向かった風呂場へ行こうとする。
(ま、待って!何処に行くつもりなの?)
『ん?そんなの決まってるじゃないか〜』
(娘に何かしたら許さないから!)
妻は男にしがみ付き、男を部屋から出さまいとする。
何度振り払っても妻は男にしがみ付く。
『しつこいな…ったく。良いかい?旦那の一番大事なのはアンタじゃなくて娘って事だろ?』
『俺は、あの旦那の一番をぶち壊したいんだよ!目の前でな!!』
男はガムテープを取り出し、妻の腕を背後で巻き付けた。
(ヤメテッ、娘ッ…瑞希にはお願いだから何もしないで!!)
『さぁ…それは風呂場に行ってみないとなぁ……じゃ、そこで大人しくしててな』
『あまり騒ぐと娘にズブっとコイツをぶっ刺すからな!』
『ま、奥さんは娘にコイツを取られて残念か?アハハ』
男は寝室を後にし、娘の居る風呂場へ向かった・・・・・・・・。

続く(6 ̄  ̄)
娘さんピ~~ンチ!
此処でヒーロー登場させたらマズいか(笑
てか、何気に戦隊モノ書きたくなってきたぞ・・・・


投稿者:ゅみ 2009/8/9(日) 18:29:54 No.2619 [tsOrm0rHuK.]

こなぃだの続きですね(*^曲^*)早く先が読みたぁい!ひできさん次回整体物ゅみで書いてくれなぃですか?


投稿者:ゅみ 2009/8/10(月) 12:00:05 No.2621 [tsOrm0rHuK.]

書くのも大変なんですね(≧_≦)ゅみゎ早く整体の方書いて貰いたぃから途中で終わってもぃんですケドね!それょりひできさんのぃじゎる!言わせないで下さい!


投稿者:ゅみ 2009/8/10(月) 22:28:29 No.2623 [tsOrm0rHuK.]

読んでできれば相手がぃた方がいぃケドいなかったら…
何回も聞かないで`ε´
整体物ゎひできさんが先生でリァルにひできさんのしたぃ事してほしぃ!




投稿者:ゅみ 2009/8/11(火) 23:13:46 No.2626 [tsOrm0rHuK.]

同じ感じでいぃですょん♪胸ゎ小さいんだょなぁ……Bです
下着ゎ黒にピンクの華柄(*^_^*)ひできさん何歳なんですか?


投稿者:ゅみ 2009/8/12(水) 17:51:34 No.2629 [tsOrm0rHuK.]

昔ゎ紐はぃてたんだケドほどけて超あせったコトがあったからそれからゎはぃてなぃなぁ!年内緒なんだぁ!さらに気になってきたぁ^曲^でもィロ?書ける位だから経験豊富なお兄さんなんだなぁってきゎする^_^


投稿者:匿名 2009/8/14(金) 10:00:23 No.2630 [Lhlz7sGM7ww]

おはようございます。
ひできさん私も早く続きが読みたいです。
是非書いてください。
楽しみにしてます。


投稿者:ひでき 2009/8/15(土) 11:32:17 No.2643

男が寝室を後にすると、室内には父と母、夫婦2人が残った。
(アナタ、どうして!どうして!!ねぇ何か言ってよ……)
妻の問い掛けに唯、黙る事しか出来なかった夫・・・。
黙る夫に対し、次々と言いたい事を言い放ってくる妻へ我慢の限界に来た夫も口を開いた。
≪お前だって何なんだ!今のお前見てたら単なる好き者にしか見えなかったぞ!!≫
(ひっどい!誰のせいでこうなったと思ってるのよ!!)
(私がああでもしなかったら、2人共どうなってたか分からないのよ?)
娘の事を忘れ夫と妻が言い合っていると
(はッ!瑞希!?そう、瑞希!!瑞希ぃーーーッ)
我に戻った妻は娘の名前を大声で連呼する。
≪しーーーーッ!何か聞こえる。≫
ドスン、ドスン、、と寝室の先から大きく地を付く足音が聞えてきた。
更に耳を澄ますと娘の泣く声も聞え、それが2人に近付いてくる。
『ほら、そこ開けろよ…お前の親が中で待ってるぞ』
「ひんっ...ひっく......ひっく...」
扉の先の会話が聞え、両親が娘の名を大声で叫ぶ。
(瑞希!?瑞希なの?)
ガチャ・・・寝室の扉がゆっくりと開いていく・・・
濡れた髪を乱した娘が中を覗き込む・・
涙を流し目を真っ赤にさせた娘が中に居る父と母を見つめる・・・
≪み、瑞希ッ!!お、お前…大丈夫なのか!?≫
父は身動きの取れない身体を何とか起こし、娘に向け身を突き出す。
「パ...パ..マ......マ............」
『ほら、さっさと中に入れよ!』
何かから後ろを押されたかの様に見えた娘は両手を地に付かせ寝室へ入ってくる。
(!!!!!!!?)
≪!!!!!!!?≫
前屈させた両手を、ゆっくりとドスン、ドスンと左右の手を交互にさせ入ってきた。
娘は大粒の涙を零し唇を強く噛み締める娘の上半身は裸だった。
発育途中の小振りな乳房を小さく揺らしながら前屈姿勢で父と母に歩み寄ってくる。
半開きだった寝室の扉がドンッと開くと娘の背後には男の姿があった。


投稿者:ひでき 2009/8/15(土) 11:34:53 No.2644

男は夫婦の顔を見るとニヤ〜っと笑みを浮かべ中へ進入してきた。
扉の陰から娘の下半身が徐々に見え出すと父と母は言葉を失った・・・
下半身も全裸の娘の尻は上半身を前屈させ歩いているせいで高々と持ち上がっていた。
その全裸の尻を捕まえ押さえ付けている男の手・・・
娘が手を前に出し歩むと後ろの男も同時に前進してくる。
ゆっくりと、一歩一歩・・・
『早く歩けっつってんだろ!』
男は娘の尻をパンパン叩く。
「ひくっ...ひっく..痛...ぃ......パパ...ママ.....痛......ぃょ」
娘の身体と男が完全に父と母の居る寝室内に入った。
両親2人が娘の姿から目を反らしたくなる光景が目の前に映った。
娘の背後から男が娘を突き刺していた・・・・・・
太腿を伝い、足元にまで血を垂らし此処まで歩いて来た娘の姿に涙するしか出来なかった。
『どうだ?大事な物を奪われた気分は!!』
『ちゃんと娘を見てやれよ!処女喪失の記念だぞ?アハハハ』
(そ、そんな…瑞希……酷…ぃ)
『ほら、親に何か言ってやれよ…』
顔を上げた娘の表情には、もはや生気が抜けきった顔をさせていた。
「たすけ...て......痛ぃょぉ...パパ、ママ助け......て...」
『お前の父親はなぁ、母親だけじゃ物足りず他の女をレイプしたんだぞ?』
『そんな母親は父親の目の前で俺とセックスしようとしてたんだぞ?』
『どう思う?そんな親から生まれた自分をよ〜〜〜』
「違うッ!パパとママはそんな事しない!しないッ!!」
自分の両親を美化させていた娘は男の言葉を信じる訳が無かった。
『ま、今更どうでも良い事だけどな』
『お前は親の目の前で犯られ、親は目の前で娘が犯られるのを見るしか無いって事だ』
男は夫婦を横目に娘に突き刺したままだったモノを腰を動かし出し入れさせる。
『くぅっ…やっぱ締め付けが全然違うな……痛えー痛えーー』
「痛ぃッ!イタイイタイイタイッ...ヤメテッ痛ぃぃ...」
男が腰を引くと真っ赤に染まった男の長いモノが引き戻されて来る・・・
「ママッ、パパぁッ...助けてッ......痛ぃょぉ...」
(み、瑞希ッ!!お願いッ!お願いだからもう止めてあげて。娘を…娘を……)
足の自由が利く妻はベッドから身を乗り出そうとする。
『おっとぉ、動くなよ?娘の締まりがあまり良すぎて今にでも出そうなんだぞ?』
『処女を失い、中出しなんて可哀想だと思わないか?』
男の言葉で妻は踏み止まった。
『ま、そこで大人しくしてれば中出しだけは勘弁してやるからさ』
『じっくり娘のセックスでも眺めてな!アハハ』
男は娘の身体をを両親に向き合わせ膝を付かせ、四つん這いにさせた格好になった。
娘の背に覆い被さり、小振りの胸を揉みながら腰を振り、娘の中を出し入れさせる。
『この小さな胸も堪んねーな!アンタ達にゃ見えないだろうけど娘の乳首…硬くなってんだぞ?』
男は背後から娘の上半身を引き起こし、仰け反らす。
小振りの乳房に綺麗なピンク色をした乳首を摘み上げ、両親へ見せ付ける男・・
『ほら、わかるか?この可愛い乳首がコリコリに硬く立ってるんだぞ?』
『娘の成長を喜んでやれよ!アハハ』
娘の身体から離し、再び四つん這いにさせ腰を振り続ける男・・・
『お?大分馴染んで来た感じだな…それとも濡れて来てるのか?』
男は出し入れがスムーズになったのを良い事に、素早く腰を動かしだした。
徐々に赤く染まっていた男のモノが何かで洗い流されていく様に見る見る内に光輝かせるモノになって来た。
「はっはっ......んっ...」
『あれあれ?もう感じて来ちゃった?処女でも感じるもんなのか??』
頭を振り乱し、違うと反論する娘。
『ま、あの親の子だ!セックス好きな娘なのは当然か?アハハハ』
『あれ〜〜?アンタ…その突っ立ててるモノは何なんだ?』
『そりゃマズいんじゃないか?娘が犯られてる目の前で勃起はさぁ』
(ア、アナタ!?)
≪ち、違うんだ!これは俺の意思じゃ……≫
『本当、大した親だよ全く……』
『アンタも人の事言えないんじゃないのかい?』
(私?私が何だって言うのよ!)
『その閉じている脚…開いてみろよ?娘の前でガバっと開いて母親の本当の姿を見せてやれよ!!』
(な、何を言ってるの?言ってる事が分からない)
『ほらッ!さっさと開かないと直ぐにでも出してやるぞ!』
妻は躊躇いながら閉じていた脚を娘に向かって開いた。
『ほら、見てみろよ?見えるだろ?母親が娘のセックスを見て濡らしてるのが…』
『不謹慎な家族だよ本当〜娘が犯られている姿を見て父親は勃起、母親はびしょ濡れだもんな』
『自分の親の姿をよーく見ておくんだな!』
「パパ…ママ………そんな……」
『なぁ、アンタ達2人で今からセックスしてみろよ!娘にセックスの良さを教える良い機会だと思わないか?』
(な、何を言ってるのよ!そんな真似出来る訳ないでしょ!!)
『あれ〜良いの?中でドバーって出しちゃっても……』
『その立たせた所に腰を落とすだけで済むだろ?どうせビショビショなんだから手なんか必要ないだろ?』
妻は男の言葉に従い、横になる旦那が立たせているモノへ跨ごうとする。
≪お、おい!?本気かお前?瑞希が居るんだぞ?瑞希の状況を考えてみろよ!≫
(こうするしか無いのよアナタ…瑞希の為にはこうするしか……)
妻は夫が突き立たせているモノにゆっくりと腰を落とす。
(んんッ……)
≪止めろッ!止めるんだ!!≫
突き立たせたモノが根元まで妻の中へ含まれた・・・
≪くッッ………≫
『ほら、見てみろよ?親が目の前でセックスを始めるぞ?』
「パパ…ママ………」
手足を拘束され自由の利かない夫、そして脚のみが動かす事の出来る妻。
妻は膝を付き、腰を動かし始めた。
こんな状況だと言うのに一度含まれたモノは決して抜く事をしない妻。
膝でバランスを保ち腰を前後に動かし夫のモノを刺激し、自らも刺激する。
足を地に付かせ、今度は腰を上下に動かし出し入れを繰り返す。
母を捨て、妻を捨て、唯、女に戻っただけだった・・・
『どうだ?自分の親のセックスは?ママ…悦んでるだろ?』
『ほら、ママみたいな声出しても良いんだぞ?』
男は娘の中を掻き回す様に腰をグリグリと巧みに動かす。
「んッんッんんッ...ッ」
(ぁっぁっぁっ...あっぁぁ......)
『アハハハッ。家族でセックスとはな!笑いが止まらないなこりゃ』
この行為は夫と男が射精を迎えるまで終わる事は無かった・・・
無論、夫は妻の中に吐き出し、男は娘の中へ熱い体液を吐き散らしたのだった・・・・・

ちゃんちゃん♪
何か…何か酷い話だ(6 ̄  ̄)
ま〜〜絶対にありえないシチュエーションだって事は間違いないですね。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.