天狗

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


天狗
投稿者:ひでき 2009/8/22(土) 20:51:52 No.2669

高木優美(22)
綺麗な顔立ちに仕事がよく出来る彼女は社内でも有名だった。
男に媚を売らず、理不尽な上司へもハッキリとした口調で反発するプライドの高い女。
男性社員からは若い癖に仕事が出来る事から゛天狗?と陰で呼ばれていた。
そしてもう一つ、彼女が゛天狗?と呼ばれる訳があった。
あんな堅物女に男が居るわけ無い!男の代わりに天狗の面で自分を慰めてる!
そんな事を男性社員達の間で言われ続けていた。
俺はそんな゛天狗?と呼ばれている高木優美のもう一つの顔を偶然にも見てしまった。
毎日、定時になると真っ先に退出していた彼女。
そして俺は給料後の週末ともあって行き付けのキャバクラ店へ意気揚々と出掛けた。
最近お気に入りの女の子を指名し楽しい時間を過ごしていた俺。
楽しい時間が過ぎるのは早い物で、いつの間にか日付が変わろうとしていた。
明日は休みだが、金銭的な余裕が無くなるのを恐れた俺は渋々会計を済まそうとしていた。
幾つか賑わっていたテーブルを恨めしそうに眺め歩いていると、見た事のある女性が座っているのに気付いた。
メイクや髪型は違っている物の白いスーツに身を纏う女性は間違いなく゛天狗?と呼ばれている高木優美だった。
支払いしながら男性店員へ聞いてみた。
『ねぇ、あのテーブルに居る白いスーツの女性は?』
(あぁ、あの子?先週から入った美優ちゃんって言うんです)
(もしかして気に入っちゃいました♪)
『いやいや(笑)知ってる人に似てるな〜って思ってね。じゃ、また来るからさ』
(お待ちしております。ありがとう御座いました)
店を出てタクシー乗り場でタクシーを待つ事、約1時間。
不景気なんて嘘っぱちに思えた程、列を長くしていた。
すると、ヒールの音をカツカツと足早に歩く白のスーツの女性が俺の横を通り去った。
俺はもしやと思い列から離れ、女性を追いかけた。
何とか女性の近くまで追いついた俺は声を掛ける事にした。
『高木優美さん!』
俺の声に反応し振り向いた女性は紛れも無く高木優美だった。
「!!!!!!」
慌てて走り去ろうとする優美の肩を捕まえた俺。
『ちょっと待てって〜美優なんて名前変えてあんな所で何してたんだい?』
「誰ですか、貴方…それに私は優美なんて名前じゃありませんから!」
「離して貰えませんか?大声出しますよ??」
『そんな怖い顔しないでくれよぉ…』
「警察呼びますよ?」
警察の言葉に怯んだ俺は手を優美から離した。
すると、彼女は一目散に走り出した。
そして、自宅のあるマンションの前で鍵を鞄から取り出そうしてる際に俺もようやく追い付いた。
『はぁはぁはぁ…何も逃げなくてもさぁ・・はぁはぁ…』
『ねぇ、会社に知られちゃマズいと思わない?』
『キャバクラとは言えバレたらクビだと思うよ?』
「………………」
『ここ自宅?少し話さない?今後の事とか色々さ』
『もし、まだ俺を追い返したり、知らぬ顔をするなら部長に言っちゃうかもよぉ?』
「……………」
彼女は取り出した鍵を使いセキュリティの扉を開いた。
「………どうぞ…」
俺は彼女の後を黙って付いて行った。
エレベーターに乗り5Fで降り、彼女の自宅の前に到着した。
『此処?』
未だに沈黙を続ける彼女は黙って自宅の扉を開き、俺を招き入れた。
彼女の部屋は綺麗に片付けられており、余計な物は一切なかった。
部屋干ししていた洗濯物の中に、赤いショーツとブラジャーが目に入った。
『へ〜赤かぁ…ちょっと意外だったな……』
慌てて干してあった下着類を毟り取る感じでハンガーから外した。
『ねぇ、何か飲み物無いの?』
寝室の扉を開け、下着を放り投げると冷蔵庫から缶ビールをドンっと差し出された。
『怖っ!!』
缶ビールを飲みながら部屋の周りを見渡すと壁に゛天狗?の面が掛けられていた。
俺は思わずププっと含み笑いをしてしまった。
(何故この部屋で天狗?もしかして噂は本当だったとか??)
『ねぇ、あの面って何?』
「天狗ですけど・・それが何か?」
『やっぱ使ったりしてるの?』
「はい?何言ってるんですか?」
『使う訳ないか…笑』
「変な人……」
『で、どうする?俺に口止めしなくて良いのかい?』
「………………出来るんですか?」
『そりゃぁ、優美ちゃん次第だろぉ』
彼女は膝を付き、俺の前で正座をし、深く頭を下げてきた。
「お願いですから会社、そして他に他言しないで下さい……」
社内ではプライドが高いと言われていた彼女は惜しげもなく俺に頭を下げてきた。
『頭下げられてもなぁ……俺って口軽いからなぁ…』
「そこを、どうかお願いです……」
彼女は更に頭を沈め、床に付く位まで深くお辞儀をして来た。


投稿者:ひでき 2009/8/22(土) 20:53:40 No.2670

俺は立ち上がり、壁に掛けてあった天狗の面を取り外した。
『これ…被って貰える?』
「天狗の面を?これを被れば黙ってて貰えるんですか?」
『うーん、取り合えず被ってみてよ。それからかな』
彼女は俺に従い天狗の面を受け取ると、顔に面を重ね合わせた。
「これで良いですか……」
正座をしながら天狗の面を被る彼女の姿は滑稽だった。
社内で゛天狗?と呼ばれて居た女が現実に゛天狗?に扮する彼女を笑う事しか出来なかった。
俺は会社に戻ったら高木優美は゛天狗?だったと言いたくて仕方なかった。
「あの…もう外しても良いですか?」
『あ!ちょっと待って!!』
俺は携帯電話を取り出し、彼女に向けシャッターを切った。
「ちょっと!今、何を撮ったんですか?ちょっと、消して下さいッ」
『何言ってるのさ?こんな面白いの残しておかなくてどうするんだよ?』
「面白いって…何がそんなに面白いんですか!?」
『それよりさぁ、あまり俺に対して反抗的な態度を取らない方が良いんじゃない?』
「・・・・・・・・・・・・」
『ねぇ、その着ているの脱いでよ?此処で…』
「脱ぐって・・嫌です!」
『良いの?言っても…それに今の天狗姿も添付して皆に送っちゃっても良いの?』
彼女は黙って正座のまま、上に着ているジャケットを脱ぎ始めた。
カットソーを脱ぐとベージュの地味な下着が晒された。
背筋を伸ばし胸元を隠す彼女の乳房は若干小振りだった。
『干してあるのと比べると、かなり地味なの着けてるんだな』
『それも邪魔だから取ってよ…』
「これも…ですか?」
『そう、それも……何なら俺が外してやろうか?』
「いえ…結構です」
彼女は手を後ろに回し、ブラジャーのホックを外した。
ブラジャーのカップから零れた乳房に薄茶色の乳首が露になった。
薄茶色をした乳首は乳輪に埋め込まれ、陥没させていた。
「これで許して頂けませんか?」
『何言ってるの?下まだだろ??それも脱ぐの!』
「お願いです。もうこれ以上は……」
『あっそ…最初は誰に話そっかなぁ……』
俺は惚けた顔をさせ、横に流した目を彼女に向ける。
彼女はその場で立ち上がり、履いていた白のスカートを下ろしだした。
足元にストンと落ちたスカート、そしてブラジャーと同じベージュの色をしたショーツが現れた。
『やっぱお揃いかぁ…しかし地味だな、本当〜』
『あ、それもだよ?勿論、その中身は派手なんだろうな…ほら、早く脱いでよ!』
「お願いです…お願い、もうこれで……これ以上は…」
『ん?何か言った??』
俺は携帯電話を扱い、誰かへメールする素振りを見せた。
すると、後ろを向いて履いているショーツをスルスルと脱ぎ始めた。
キュっと尻肉が引き締まった、決して大きくはない彼女の尻が俺の目の前に晒された。
『じゃ、こっち向いて…』
手でしっかり胸と恥部を隠し振り向く彼女。
『手が邪魔!』
ゆっくりと手を下ろした彼女は、会社の姿と違い何か小さく映った。
隠すこと無く晒された胸と恥部・・
陰毛は普通だったが、丁寧に処理を施されて綺麗に縦長に揃えてあった。
『座って…』
その場で座り、再び正座をしようとする彼女。
『あ、正座じゃなくて〜体育座りね』
「………?」
俺の指示通り彼女は体育座りで座り込んだ。
『そのまま、ゆっくりと脚を広げていって……手は膝の上ね!』
「……!?。で、出来ません…」
『はい?何だって??』
「出来ませんと言ったんです」
『はぁ……残念。月曜に辞表用意して来た方が良いみたいだね』
「お願いです。他の事なら何でもしますから!これでどうか…」
『聞こえませーーーーん』
「・・・・・・・・・・・・・・・」
暫く間が空き、彼女はゆっくりと膝を掴み、両足を開きだした・・・
『もっと……』
俺の言葉で更に大きく脚を開き、これ以上は無理だと言う位まで大股を広げた。
開いた股の真ん中に丸出しになった恥部が微かに広がっていた。


投稿者:ひでき 2009/8/22(土) 20:55:23 No.2671

股の間を覗き込む様に屈み、頭を突っ込んだ。
『へ〜〜綺麗な色してるじゃん…ビラビラも小さいんだね?』
「・・・・・・・・・・」
『最近してる?』
「・・・・・・・・・・」
無言を突き通す彼女。
俺は彼女の股から抜け出し、再び彼女へ携帯電話を向けた。
カシャッ・・・。
撮影を済ました画面を彼女へ見せ付ける。
『どう?天狗の面を被った女が大股広げて大事な所を晒してる姿…』
黙って顔を背ける彼女。
『今度はダンマリ?別に良いけど俺の言う事には従って貰うからさ』
『その天狗はもう外しても良いや』
彼女は天狗の面を取り外し、床に置いた。
『その天狗の鼻…結構良い形してるよな……何cm位あるかな?』
天狗の面に突き出した鼻は10数cmはあるだろうか。
俺のモノと比べると若干劣るが使える鼻である事は間違い無かった。
『なぁ、その鼻さぁ〜入れてみてよ?』
「!?」
『1人で使ってたりしてるんだろ?その鼻を出し入れしてるんだろ??』
「違いますッ!!」
『やっと口を開いたな!とにかく入れてみてよ?』
『入れたら俺は黙ってると約束するからさ』
「ほ、本当ですか?これで誰にも言わないと誓ってくれますか?」
『ああ勿論!』
彼女は一旦は床に置いた天狗の面を掴み、そこから突き出している鼻を暫く見つめた。
そして俺は一言も言っていないのに、彼女は天狗の鼻を口に含み始めた。
口へ硬い異物を含み唾液を万遍無く付け、垂らし込む。
真っ赤な天狗の鼻が艶々と光らせた。
その自らの唾液で光らせた硬い天狗の鼻の先端を彼女は膣の入り口に数回、馴染ませる様に擦り付ける。
そして先端から、ゆっくりと膣の中へ自らの手で押し込んで行く・・・
「・・・・・・・・ッッ」
口を堅く閉じ、声を発する事なく自らの意思で天狗の鼻を押し込んで行く・・・
天狗の鼻が徐々に中へ埋められると彼女の眉間にシワが寄りだす。
『入っていってるぞ?ほら、もう少しで根元だ……』
残り数cmと言う所で彼女は一気に鼻を中へ押し込んだ。
薄っすら開いた口から溜め息の様な吐息が漏れる。
『入っちゃったよ…天狗を本当に入れちゃったよ……』
゛天狗女?の噂が現実となった瞬間だった。
俺は慌ててこの瞬間を見逃す事なく、彼女を写真に収めた。
「ヤメテッ!何で撮るんですか?」
『一応……』
「一応って…消して下さいッ!そんな物が残ってると不安で堪りません!!」
『後でちゃんと消すよ。それより折角入ったんだから出し入れしてくれよ?』
「もう嫌です!言う事は全て聞いてます。これで許して下さい」
『もう少しだけだって…何だったら俺が力ずくでって手もあるんだけど?』
彼女は面を両手で掴み、鼻を出し入れさせる。
「・・・・・・・・んっ」
俺から目を背けながら硬い異物を出し入れさせている。
下手な玩具を使うよりも、興奮を得られる光景だった。
天狗の鼻は唾液の残りか、膣から溢れる恥汁なのか定かでは無いが間違いなく艶は増していた。
『そうじゃないだろ?貸してみろよ!』
面を掴む彼女の手を退け、俺が面を掴んだ。
素早く面を前後させ、鼻を膣内へ擦り付ける。
「ヤっ...ヤメテっ......」
『気持ち良かったら声出しても良いんだぞ?ほらほらぁ、気持ちいんだろぉ?』
鼻を奥に押し込み、グリグリと膣内を掻き回す。
小刻みに面を震わせ、膣内へ刺激を与える。
懸命に声を堪えようとする彼女は口をへの字に閉ざし、眉間にシワを寄せる。
『あれ?気持ちよく無いの??これはどうだ…』
天狗の鼻を出し入れさせながら、顔を覗かせていたクリトリスを同時に刺激してみた。
「あっ...あっはぁ......ぅっ」
敏感な部分への刺激に思わず声を漏らしてしまった彼女。
床に付けて居た尻を浮かせ、上半身を仰け反らす。
一度漏れた声は抑え切れず、彼女は口を半開きにさせ喘ぐ事を止めなかった。
赤々とさせていた天狗の鼻は、彼女の吐き出す白濁した恥汁で変わり果てていた。
上半身、そして下半身を交互に震わせてしまう彼女。
鼻を出し入れさせる度に卑猥な恥音んを奏でる恥部。
そして、俺が面白半分に鼻を出し入れさせていると、彼女は背をべったりと床に付けた。
開いた脚は閉ざす事なく、胸で大きく息を吸っていた。
そう、彼女は天狗の鼻で絶頂を迎えてしまったのだった・・・
俺が彼女の絶頂に気付き、面から手を離した。
彼女は膣に天狗の面を突き刺した状態で、息を荒げている。
『逝っちゃったんだ?天狗で………』
「はぁはぁはぁ・・・・・・・・・・・・・・・・」
少し落ち着きを取り戻した彼女は俺に向けて言葉を放った。
「はぁはぁ…約束……守って下さいね」
『その前に聞いてるだろ?逝ったのかって!』
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「逝きました・・・・・・・・・・・・・」
『何で逝ったんだ?』
「天狗……天狗の鼻で逝きました…」
『アハハハハハハ〜天狗で逝ったか?アハハハハハハ』
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
『あ、約束ね?うん!今日は言わないから!』
「今日はって…それズルくないですか!!」
『ん?それって反抗してるの??』
「酷い………」

ちゃんちゃん♪
いやぁ、言いなりにさせるのって良いよな(⌒^⌒)b 
誰か俺に弱みを掴ませておくれ(笑


投稿者: 2009/8/22(土) 21:26:43 No.2672

弱みを掴んで
あんなことや、こんなことをして
楽しみたいのね?w
でも、そーゆうHも大好きだけどね♪



投稿者:ひでき 2009/8/22(土) 21:47:18 No.2673 [ziW80aAffSU]

花サン
弱み〜握らせて下さい!
お返しに握らせてあげるから(笑)


投稿者: 2009/8/22(土) 22:25:31 No.2674


どうしよっかなぁ♪
握らせてくれるだけじゃ・・・ねぇ?w



投稿者:ひでき 2009/8/23(日) 0:00:09 No.2676 [ziW80aAffSU]

握る意外に何をしたいんだい?
ほら、思った事をハッキリ言ってご覧よ…


投稿者: 2009/8/23(日) 0:11:08 No.2677

むぅ・・w

握る以外は
パクッってしたり、入れてみたり?(*/∇\*)



投稿者:ゅみ 2009/8/23(日) 0:26:07 No.2678 [tsOrm0rHuK.]

ひできさん読みましたょ!ゅみも弱み握られたコトぁるケドそれに対して性的要求されなかったな!されてたらどぉだったんだろぉ?!結構そ〜ゅ〜の好きだったりして*^_^*


投稿者:ひでき 2009/8/23(日) 6:44:15 No.2679 [ziW80aAffSU]

おはよーさん。
花サン
上の口に含んで唾液をたっぷりと染み込ませて、そいつを今度は下の口に突っ込み、スケベな汁を染み込ませたいんだ?(笑)
んもぉ、スケベ!(笑)
ゅみサン
その弱みって何だったんでしょうか?
是非とも教えて下さい(笑)
大丈夫!
俺は紳士だから人の弱みを知ったからと言って、
何かを要求するなんてしませんから!(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.