社内の出来事

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


社内の出来事
投稿者:ひでき 2009/8/31(月) 19:01:44 No.2710

社員の盆休みをスライドさせたせいで、休み明けの勤務は数人しか居なかった。
その数人で働く中に女性は中田志穂(21)1人だけだった。
10時の休憩になると志穂は室長の多田(42)から会議室へ呼ばれた。
多田と志穂は1年程前から密かに関係を持っており、この様に別室へ呼ばれる事も時折あった。
志穂は会議室で多田が来るのを待っていると戸が開き多田が現れた。
『休みは実家に帰ったのか?』
「はい。ご主人様はどうなさっていたのですか?」
『オイオイ…社内ではそう呼ぶなと言ってるだろ!』
「す、すいません!!2人切りになるとつい……」
『本当、気を付けてくれよ?』
「はい……それで用件とは?」
『そうそう。こいつを渡そうと思ってな』
多田は手に持っていた紙袋から真新しい箱を2つ取り出した。
それは箱を見ただけで何か分かる代物だった。
「これって……」
『当然、君も知ってるだろうが〜リモコンローターって奴だ』
「………あの…もしかして私にこれを…?」
『その通り。ほら、休憩終わってしまうだろ?早く用意するんだ』
「あの…用意って……」
多田は嬉しそうな顔をしながら箱からローターと送信機を取り出し電池を入れ使用出来る様にする。
『何ボーっと突っ立ってるんだ?時間が無いって言ったろ!』
多田は立つ志保のスカートの中に手を入れ、ストッキングとショーツを膝元まで下ろした。
「ぁっ...ヤ、ヤメっ......此処、会社です.........」
多田はローターを口に含み唾液を万遍無く塗り手繰る。
唾液で艶光を放つローターを志穂の膣へググっと押し込んだ。
「んっ......」
志穂の中へ受信機となるローターを入れたままショーツとストッキングを元に戻した。
そして、もう1つのローターはショーツを摘み上げ、クリトリスへ当たる位置にスポっと落とし込む様に入れた。
「あ、あのッ…ご主人……多田さん」
『こう言うの好きだろ?スリルとかに感じるだろ?』
多田は送信機の1つを握り締めスイッチを入れた。
「ぁ...っ......」
スカートの上から股間を抑える仕草をさせた志穂。
『これはどっちだ?』
「な、中です……」
『じゃぁこっちは………』
もう片方のスイッチを入れると志穂は膝を折り、長い机に倒れ込む様に肘を突き出した。
『こっちは?』
「ク、クリ…です……多、多田さんっ…止めて下さい。こんなんじゃ仕事なんて…あっ」
『仕事は勿論して貰うぞ?んー少し音が気になるが〜バレるなよ?』
『バレて困るのは自分だからな!あ、勝手に外す様な真似は絶対にするなよ?』
『顔に出すと怪しまれるからな!ほら、そんな顔したらマズいだろ?』
志穂は腹痛で痛みを絶えてる時の顔を多田に向ける。
一旦スイッチを切って、志穂の肩を軽く叩き仕事へ向かわせた。
多田はローターの空箱を会議室に添え付けてあるゴミ箱へポイっと投げ捨て仕事に向かった。
自分の席へ戻り不安な思いをさせながらPCのモニターを見る志穂。
職場の仲間へ視線を送ると尚更、緊張してくる。
キーボードを叩くリズムが明らかに悪く、仕事も捗りが悪かった。
それでも何とか集中しようと懸命に意識を仕事へ向けていると下半身へ微弱に震え出す違和感を感じた。
「!?」
その違和感が徐々に強い振動となって膣内に押し込まれているローターが震え出す。
強弱を切り返され、端から見えない尻を左右に浮かせ誤魔化そうとする。
キーボードを打つ指が止まり、俯きだす志穂。
少し離れた机に座る多田からは志穂の堪える表情がしっかりと見えている。
薄ら笑いを浮かべ志穂の表情を楽しむ多田。
『中田君!手が休んでるぞ?人が居ないんだからしっかりしてくれよ!!』
多田が業とらしく志穂へ激を飛ばす。
「!?す、すいません…」
再び入力作業を進める志穂へ違和感所か強い刺激がクリトリスを襲いだした。
「!!!!!!!!!!」
打ち込んでいた指先に力が入りPCのモニターにはHの文字で一杯に埋め尽くされた。
唇を強く噛み締めながら慌ててHの文字を削除する志穂の下半身は見えない所でプルプルと震わせていた。
刺激が一旦止んで、志穂は多田へ向けメールを送った。
【無理です…こんな事されたら仕事に打ち込めません】
【外して来ても良いですか?】
メールを送り多田へ視線を向けると多田は首を横に振る。
それ所か、送信機を志穂へ見せ付けながらスイッチを再び入れてきた。
「あっ......っっ」
思わず声を漏らしてしまった志穂へ、正面に座る同期入社の高橋が声を掛けて来た。
{中田ちゃんどうしたの?}
「う、ううん。何でも無いよ。足を机に打っちゃって(笑)」
志穂は下手な作り笑いを同期の高橋へ向け何事も無かったかの様に振舞った。
その少し後に多田からメールが入ってきた。
【バレてしまうぞ?もっと普通を装わないと…】
【此処から見てて明らかにおかしく見えてるからな!】
昼休みまで多田の行いは続いていた。
内心、志穂もこの行為は決して嫌では無かった。
寧ろ、誰かにバレてしまったら・・・そんな事を思うだけでより興奮を増していたのだった。
昼食を終え、トイレで用を足そうとショーツを見ると乾ききらないまでに湿らせてしまっていた。
そんな自分の溢れさせた汁で汚してしまったショーツを見て志穂は興奮を得ていた。
思わずクリトリスにローターを押し当て、今ここで多田が操作しないか待ち望んでる自分が居る・・・
だが、ローターはピクリとも動かず虚しく自分で擦り付け快楽を得ていた。


投稿者:ひでき 2009/8/31(月) 19:04:49 No.2711

志穂が密かにトイレで快楽を得ている中、多田は志穂と同期入社の高橋を会議室へ呼び付けた。
{室長何か?}
『実は…そのゴミ箱にこんな物が捨ててあったんだが……』
多田は自ら捨て去ったローターの空箱を高橋へ差し出した。
{こ、これって……一体だれが!?}
『今日、女性社員の出勤は中田君だけ…まさかとは思うが……』
「まさか!!彼女はそんな事をする様な子じゃないと思っていたんですが…」
『私もだよ…そこで私から聞くのはどうかと思って。同期の君の方が聞き易いのではと思ってね』
{ぼ、僕がですか?幾ら同期とは言えそんな事…}
『中田君も大人だ。そんな事は無いだろうが社内の風紀の為、聞いてみて貰えないか?』
{……………わかりました。何とか聞いてみます}
『すまないね。こんな嫌な役を任せてしまって…』
多田と高橋の間で交わされた約束事をトイレで快楽を得ている志穂は知る由も無かった。
昼休みが終わり、仕事に付く高橋の机の上に2つの発信機が置かれていた。
{これってさっきの?}
高橋が密かに発信機を手に隠し持つと、志穂が戻って来た。
{このスイッチを入れれば中田ちゃんかどうか分かるかも…}
{あの大人しい中田ちゃんがまさか……}
志穂が椅子に座り仕事に取り掛かって少ししてから高橋は発信機の1つをスイッチ入れてみた。
志穂の肩がビクっと振るえ、一瞬表情が堅くなった事に気付いた。
そして振動を強くすると完全に志穂の作業する手が止まってしまった。
俯き、口を強く塞ぐ志穂を高橋は見ていた。
一度スイッチを切って、高橋は志穂に声を掛けた。
{あ、中田ちゃん。後ろの棚にある赤いファイル取って貰えるかな?}
志穂は立ち上がり、少し背伸びをしてファイルを取り出そうとする。
その時だった、高橋は2つのスイッチを強にしてスイッチを入れた。
志穂の伸び切った体が崩れ、棚に少し寄り掛かってしまった。
{中田ちゃん大丈夫?}
高橋は志穂の元へ駆け寄った。
「う、うん。ちょっとお昼からお腹の調子が良くなくて……」
腰を少し引かせ、ファイルを高橋に手渡した。
{薬飲んだ方が良いよ?}
「うん。ありがとう」
{あれ?何だこの音……携帯のバイブかな?}
「!?あ、ゴメン。私の携帯かも?」
そして、このやり取りで高橋は確実に志穂がゴミ箱に捨ててあった箱の中身を使用していると確信した。
確信はした、だが実際に目にしていない高橋は更なる真実を求めようとしていた。


投稿者:ひでき 2009/8/31(月) 19:08:45 No.2712

15時になり休憩の時間になると、高橋は志穂に会議室へ来て貰う様伝えた。
志穂を連れ高橋は会議室内へ入ると扉を締め、志穂へ歩み寄る。
「なに話って?」
{中田ちゃんコレ…何か分かるよね?}
高橋は2つの発信機を志穂に差し出した。
「!?さ、さぁ…な、何だろうね?ちょっと私には分からないかな……」
震える志穂の声は明らかに動揺を隠し切れて居なかった。
「は、話ってそれだけ?だったら私もう戻るよ」
足早に会議室から出ようと扉に手を掛けた瞬間、下半身を振動が襲い出した。
膝を落とし、扉にもたれてしまった志穂・・
「やっぱり………」
志穂が後ろを振り向くと送信機を自分に向け突き出している高橋の姿があった。
「どうしてこんな物を……」
高橋は2つの送信機をリズム良く強弱を繰り返してきた。
「あっぁぁ......っ。どうして高橋君が....」
床にペタリとへたり込んでしまった志穂。
そんな志穂にジワリジワリ歩み寄る高橋。
{まさか、中田ちゃんがこんな真似するなんて……}
「ち、違うのっ!こ、これは……はっぁぅ…」
近寄る高橋から逃げようとする志穂だが足腰に力が入らず四つん這いで逃げ惑う。
ヨタ付くメス犬の様に這いながら長机に手を伸ばす。
力を振り絞り机の上に上半身を乗せると、背後から高橋の手が志穂の腰を捕まえた。
高橋が耳を突き出し志穂の腰辺りを聞き入ると機械音が響かせていた。
{聞えるよ中田ちゃん…聞えてくるよ?ヴィ~~~んって音が……}
「はぁはぁはぁ…」
息を荒げ、高橋の言葉が耳に入らないまで力を無くした志穂。
少し突き出し気味の志穂の尻を軽く撫で、下からスカートの中へ手を突っ込んで来た。
高橋の手が股間を弄るとゴツっとした硬い異物が納まっているのを知る。
{これ…か……}
そのままショーツの中でクリトリスへ押し当てられているローターをググっと押さえ付けた。
「あっぁぁ…ダ、ダメッッ……」
蹲る志穂を容赦なくグイグイとローターを指で押し付けて来る。
スカートを捲り上げるとストッキング越しに黄色いチェック柄のショーツが露にされた。
ストッキングをズルズルと降ろし、ショーツを伝い尻を撫で回す。
黄色いショーツは恥ずかしい位に大きな輪染みを作っていた。
そして、ローターを収めている部分はボコっと突起させている。
{可愛いパンツをこんなにさせちゃってるなんて……}
{此処は会社だよ?会社に来てまでこんな物を忍ばせてるなんて幻滅だよ}
「ごめんなさい…ごめんなさい……」
不思議と出てしまう謝る言葉。
{俺に謝ってどうするんだよ?}
高橋は志穂の履く黄色いチェック柄のショーツに手を掛けた。
ズルズルとショーツを降ろして行くと、小振りな可愛らしい尻が現れる。
{うわっ!イヤラシイ……}
更にショーツが下ろされ隠そうともしない志穂の陰部は自ら溢れさせた淫汁でベタベタにさせていた。
高橋がショーツを膝元近くまで下ろすとボトっとローターが床に落ちる。
落ちたローターを拾うと志穂の顔の横へ置いた。
{こんなの忍ばせてたんだね……}
{そう言えば2つあったよね?もしかして……}
高橋が丸出しにされている志穂の陰部を覗き込むと、中からストラップの様な紐が飛び出していた。
{こんな所にも……}
膣の中から飛び出した輪の中に指を引っ掛けクイクイと引き抜こうとする。
大量に溢れさせた淫汁のせいで、少し力を入れただけで飛び出してしまいそうなローター。
{あ…!?中田ちゃん。毛が無いじゃん!剃ってるんだ……}
{何か〜全然イメージが違うんだけど…}
「高橋くぅぅん見ないで……」
そんな言葉を口に出す志穂だったが一向に淫部を隠そうともしなかった。
高橋は志穂の態度でこのままセックスに持ち込めると思っていた。
既に硬くさせていたモノを取り出そうとしていると、扉がガチャっと開く音がした。
『どうだった高橋君?』
志穂と高橋は同時に振り向き多田の存在に驚いた。
{し、室長!?あ、はい。見ての通りでした}
多田は長机にしがみ付き、尻を突き出しながら淫部を晒している志穂を見る。
「あ…ああ……こ、これは…………」
『中田君…君って子は……』
『高橋君、ご苦労さん。もう下がってくれ。後は私が…』
{え?で、でも…}
『仕事がまだ残ってるだろ!それとこの件は他言しないように!!』
{は、はいっ!!!}
高橋はズボンのファスナーを上げるのを忘れ会議室から出て行った。
『さて…こんな所で一体なにをしてるんだ?』
「あぁ、あ、、あの…これは……」
『ん?これは??そんな格好して何をしてるんだと聞いてるんだ!』
「で、でも室長が高橋君に…!!」
『んん?私が??』
「い、いえ…何でもありません……」
『もしここで私が来てなかったらそこには違うモノが入っていたんじゃないか?』
「そ、そんな事は!!」
『ふんっ!どうだか…その姿を見る限りそんな言葉は信じられないがな……』
『こんな真似が2度と起こらない様にお仕置きが必要なのかも知れないな……』
多田は自ら仕組んだ今日を気に、志穂へ更なる快楽へ落とし込もうとしていた。
勿論、高橋を使いながら・・・・・・・・・・・。

ちゃんちゃん♪
うーん・・・( ̄ヘ ̄;)


投稿者:なみ 2009/9/1(火) 21:54:48 No.2713 [zpg6./Ic25U]

続きが気になりますぅ〜 
かなり想像しながら読んでました…

おかげでなみのアソコは…ビチョビチョデス//


投稿者:なみ 2009/9/1(火) 21:55:06 No.2714 [zpg6./Ic25U]

続きが気になりますぅ〜 
かなり想像しながら読んでました…

おかげでなみのアソコは…ビチョビチョデス//


投稿者:ひでき 2009/9/1(火) 22:51:48 No.2715 [ziW80aAffSU]

なみサン
びちょびちょになってくれましたか♪
ヌルヌルが気持ちいでしょ?

続き〜なんも考えてないんですよ(ーー;)


投稿者:ゅみ 2009/9/2(水) 12:22:20 No.2716 [tsOrm0rHuK.]

声かけて〜そのァトゎ〜ってさすがに10代だったからね〜何もなぃですょ^曲^向こうもビックリしたみたぃだし!


投稿者:ひでき 2009/9/2(水) 23:45:25 No.2717 [ziW80aAffSU]

やっぱ何かを期待して声を掛けるんでしょうか?

ゅみサンは、この夏は何人、いや何本受け入れたんでしょう(笑)


投稿者:ゅみ 2009/9/3(木) 20:20:15 No.2718 [tsOrm0rHuK.]

そんなの答えられませ〜ん^曲^逆にひできさんゎ何ホールぃれたんでしょうか?


投稿者:ひでき 2009/9/3(木) 23:59:40 No.2719 [ziW80aAffSU]

ひできサンは〜1ホール……
これ本当(笑)
ささ、聞くだけじゃなく答えて下さいな♪


投稿者:ゅみ 2009/9/4(金) 14:31:53 No.2748 [tsOrm0rHuK.]

1本ですょ!1本!


投稿者:ひでき 2009/9/4(金) 15:20:55 No.2749 [ziW80aAffSU]

11本に見えた(笑)

しかし1本てのも怪しいなぁ

ま、お揃いって事か。


投稿者:ゅみ 2009/9/4(金) 19:24:44 No.2750 [tsOrm0rHuK.]

彼氏じゃなぃのに何本も入れる女じゃぁりませ〜ん^曲^


投稿者:ひでき 2009/9/4(金) 21:58:59 No.2751 [ziW80aAffSU]

おーッ!
まさか そんな言葉が聞けるとは…(笑)

じゃぁ俺のは余った穴で良いので……笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.