入院

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


入院
投稿者:ひでき 2009/10/25(日) 9:44:33 No.2930

『姉ちゃん重いから気を付けてよ!』
棚の上に置いてあったダンボール箱を両手を差し出し両手で受け取った瞬間、予想以上の重さにダンボールで両手を下敷きにしてしまった。
「痛っ!!」
その後、母に連れられ病院へ行くと両手が骨折と診断された。
両腕には硬く固められたギプスで私は手を自由に動かせなくなった。
念の為に精密検査をするとの事で1日の入院をする事になった。
私に付き添っていた母が弟へ着替えを持って来るように連絡をし弟が私の着替えを持って来てくれた。
本音を言うと、着替えを弟に持って来て貰いたく無かった。
弟とは言え高校生、私の部屋に出入りされるのに抵抗があった。
しかも、引き出しの中から下着を漁られなんて考えたくも無かった。
『姉ちゃん骨折だって?だから重たいって言っただろぉ』
「あんな重いなんて思わないってば!軽そうに渡したアンタが悪いのよ!」
『ったくぅ、良い社会人が人のせいにするってのもどうかと思うけど…』
『そうそう、姉ちゃんの着替え〜適当に持って来たけどさ』
「あ、ありがとう……」
着替えを置く時の笑みを浮かべた弟の顔が意味深に思えた。
面会時間が過ぎ、母と弟が家に帰った。
普段は部屋に鍵を閉めている私の部屋に、帰った弟が色々と物色したり物を漁ったりしそうで不安で堪らなかった。
女の知られたく無い秘密を、あの意地の悪い弟が知って何も無いとは思えなかった。
不安な気持が元気無さそうにさせていたのか、病室に居る他の患者の人が声を掛けてくれた。
1人は父と同じ位の年配の男性。
そしてもう1人は私より少し年上の男性だった。
2人共、笑顔で私のベッドに歩み寄って励ましてくれた。
2人と少し話し込んでいると、看護婦の方が入浴の時間と言って来た。
私は着替えを看護婦の方へ預け、入浴室へ向かった。
正直、この年になって人から体を洗って貰うなんて想像もした事が無かった。
女性である看護婦とは言え、裸を見られるのが恥ずかしくて堪らなかった。
私より少し若そうな看護婦は私へ話し掛けながらパジャマを脱がしてくる。
ブラジャーのホックをサッと外し、割と大きな私の胸がプルんと跳ね上がった。
『綺麗な胸〜羨ましい♪それにこんな大きいなんて〜少し分けて下さいよぉ(笑)』
「そ、そんな大きくも無いし、綺麗じゃ無いですよ」
『それって嫌味ですかぁ?(笑)』
「そう言うつもりじゃ……」
看護婦の笑顔で受け答えに、少し緊張が解けてきた私。
ショーツを降ろされても恥ずかしさが薄れ、大事な所を晒しても笑顔で居られた私。
両手をビニールで濡れない様にされ、手をバンザイする形にされながら体を洗われていく。
気付くと泡の付いた看護婦の手が私の胸ばかり洗っている気がした。
洗う動作と言うよりマッサージしている感じの手付き。
私の乳房に泡を滑らせる様にさせてくる・・
乳房を掌で滑らせ、親指が私の乳輪をグルグル回っている・・・
こんな状況で泡に隠れている私の乳首が尖らせて来てるのが分かる。
「あ、あの…胸ばかり洗ってません?」
『そう?気のせいですよ♪』
私の言葉で看護婦の手付きが更に変わった。
イヤラシイ男の手付きに変わって来た。
泡に隠れている私の突起してしまった乳首をヌルヌルした指で摘もうとしてきた。
軽く摘む指先から乳首がツルんと逃げる。
それを楽しむ様に看護婦は繰り返してきた。
乳首を摘まれる度に私は体を捩らせる。
私の反応を面白がる様に、今度は泡の付いた手を私の股間へ運び出した。
陰毛で泡を更に泡立て、ヌルヌルした指先を私の大事な所へ運んできた。
見なくても分かる、看護婦の指が私の割れ目に沿って上下させている。
「そ、そこも洗うんですか?」
『勿論ですよぉ。女性なら此処が一番デリケートで汚れやすい場所って分かりますよね?』
「わかりますけど…そ、そんなに……んっ…」
看護婦の指先が割れ目を素早く上下してくる。
その時に指の何処かが私の敏感なクリトリスへ触れ、私は声を思わず漏らしてしまった。
「ぁっぁっっ...」
腰を小刻みに捩じらせ漏らす声を堪えようと必死だった。
私が下に屈む看護婦の目を見ると明らかに私で楽しんでいる様な笑みを浮かべていた。
「ぁっぁっぁっ...や、止めて......お、お願い。それ以上は...」
私の体は絶頂に近付きつつあった。
『そうですね。もう十分綺麗になりましたね♪』
絶頂を間近に看護婦の手は私の大事な所から離れていった。
私は止めて貰いたかった。
此処までしたなら最後まで・・・と思ったりしてしまった。


投稿者:ひでき 2009/10/25(日) 9:46:44 No.2931

看護婦は何事も無かった様に私の体を洗い流してくれた。
体を拭いて、用意してあった着替えを取り出す。
『きゃーっ♪こう言うの履くんですかぁ?』
「???」
看護婦は取り出したショーツを私の前に突き出し広げだした。
それは私が持っている下着で一番エッチなショーツだった。
色は白で後ろは勿論、前も横も全て紐状になったショーツとして機能を満たさない物。
弟が見せた意味ありげな笑みはこの事だったと今気付いた私。
やはり弟は私のタンスの中を奥まで漁った事実が判明した。
「え…そ、それはきっと弟が悪ふざけで……」
『そうなんですかぁ?弟さんの悪戯なんだ〜』
「そ、そう。悪戯なんです」
『でも〜他の替えが無いから今日はコレ履くしかないですね♪』
『って、あんま履く意味ないっぽい……(笑)』
看護婦は紐状のショーツを手で開き私の前でしゃがみ込んだ。
『じゃぁ、足を通して下さ〜い』
ショーツの広がる輪に足を通す私。
ショーツを人から履かせて貰う事は始めてで、恥ずかしさが込み上げる私の中で興奮させる物があった。
看護婦が私の腰までショーツを上げてくれ、後は自分で履くと私は言った。
微かに動かせる指先で紐を摘み上げ、ショーツを履き終えた私。
『それって履くとどんな感じなんですか?こっち向いて見せて下さいよぉ(笑)』
背を向け拒んだ私の前へ看護婦がスタスタとやって来て、ニヤニヤと笑いながらその場でしゃがんだ。
看護婦の目線が私の股間と同じ位置になり、私はギプスで固められた両手で股間を隠そうとした。
『え〜〜それじゃ良く見えないじゃないですかぁ…』
「だ、だってそんな見せる程じゃないですよ」
看護婦は私の手を払い露になった股間を見て驚き、笑い始めた。
『やっだぁ(笑)完全に食み出てますよぉ?やたらエッチに見えるぅ♪』
「…………………」
恥ずかしさの余り私は返す言葉を失い、看護婦が私の股間を見て笑っているのを見る事しか出来なかった。
私がしゃがむ看護婦の顔を見ていると、視界に自分の情けない恥部がどうしても目に入った。
陰毛は全てと言って良い位に露になり、私の大き目なヒダヒダが白い紐を咥え込んでいる唇の様に映っていた。
さっきの看護婦の刺激と興奮で私のヒダヒダは通常より大きく膨れ上がっていた。
「も、もう良いですか…」
『あ!ごめんなさい。こんなの珍しくて(笑)』
『看護婦ってエッチな下着とか多いって思われがちなんですけど私はこんな物は無いから(笑)』
話しながら今度はブラジャーを手にすると再び大笑いをする看護婦。
「!!!」
ブラジャーもショーツとお揃いで買った物だったと私は思い出した。
しっかり上下揃えて持ってきた弟を私は恨んだ。
背後でクスクスと笑いを堪える看護婦が私を羞恥に追い込む。
ブラジャーの紐を背で結んでくれた後は私の前に立ちニヤニヤと笑みを浮かべ出す。
パッドは当然付いていないブラジャーの中心は円で穴が開いてある物。
その円からレースが編み込まれた物だったが乳房が透け、円からは乳首が綺麗に飛び出していた。
『それって乳首擦れたりしません?(笑)』
「ど、どうかな?こんな物を付けるの初めてだから…」
私の口から見え透いた嘘が勝手に出た。
看護婦は私の体を爪先から頭の先までジロジロと見る。
陰毛とヒダヒダを食み出させ、乳首を丸出しにさせている下着姿の私を見て。
『私には無理〜〜かな(笑)』
「……………」
看護婦は私にパジャマを着せてくれ、病室へ向かった。
病室へ向かう途中、歩く私の乳首がパジャマと擦れてしまう。
どんなにゆっくり気を付けて歩いても乳首は擦れ刺激を受けてしまう。
足を前に運ぶ度に大きなヒダヒダもパジャマの布地で擦れ、時々捲れあがる感覚になった。
浴室での看護婦から中途半端に受けた刺激の余韻を残したまま私は病室へ向かう。
『歩くと擦れません?(笑)』
「へ、平気です……」
『駄目ですよぉ?欲情しちゃ〜〜(笑)』
『病室には男2人も居るんですからね!(笑)』
「欲情!?し、しません!!」
『顔に出てますよぉ♪』
私は歩きながら興奮をさせていたのを顔に出していたらしい。
「……………」
まるで私には意地悪な弟と妹が居る気分にさせられた。
病室へ着き、ベッドへ横たわる私。
ベッドの両脇には両腕を吊り上げる為の器具が用意されていた。
『寝る時は両手をこの上に乗せ、あまり動かさない様にして下さいね』
『何かあったらコレを押しますと私共が向かいますので』
『後は〜もう少しで就寝ですからお静かに願います』
雰囲気が随分と変わった看護婦に私は少し驚いた。
「は、はい。色々とありがとう御座いました」
『それと〜渋谷さんと大倉さん!以前の様に変な真似はしないで下さいね!!』
『私は知ってるんですから!』
看護婦は同室の男2人に意味深な注意を促し病室を出て行った。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.