妄想三部作(2)

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想三部作(2)
投稿者:ひでき 2009/11/15(日) 4:36:58 No.2943

休み時間、停学の解けた大友君に連れられ僕は体育倉庫向かった。
僕がこないだ田中さんの事件で生徒会長の明奈ちゃんを呼んで来た事に対し、因縁を付けて来た。
学生服の襟を掴まれ、嫌がる僕を引き摺る様にして体育倉庫の中に入った。
大友君は僕を壁に押し付けお腹を1回殴ってきた。
蹲る僕の顔目掛けて拳を叩き付けて来た。
僕は悪くも無いのに何度も僕は謝った。
倒れ込み、怖がり痛がっていると大友君は僕に向け蹴りを浴びせてくる。
止まらない大友君の蹴りを喰らい続け、僕は唯それに絶えるしか無かった。
そして、体育倉庫の入り口から大声が聞えた。
「ちょっと何してるの!」
大友君が後ろを振り向き、僕も視線を先に向けるた。
『何だぁ、またかよ……』
現れたのは生徒会長を務める明奈ちゃんだった。
明奈ちゃんは前の授業が体育だった事もあって、休み時間に1人片付けをしようとしていたらしい。
「またって、それはこっちの台詞よ!大友君、停学が解けたばかりでしょ?」
「また問題起したら卒業出来なくなっちゃうよ?」
『あーーッ、ほんっとウザいな!こないだもそうだけど何で邪魔ばかりすんの?』
大友君は入り口に立つ明奈ちゃんに歩み寄って行った。
「な、何よ!何か文句でもあるの?悪いのはそっちでしょ!先生に言うからね」
流石の生徒会長の明奈ちゃんも少し怯えて居た様に見えた。
大友君は明奈ちゃんの体操着を捕まえ、僕の所まで突き飛ばした。
体育倉庫の扉を閉め、内側にある鍵を閉めた。
周囲を見渡す大友君の目に縄跳びが目に入った。
その縄跳びを持ち出し、倒れ込んだ明奈ちゃんに近付いて行った。
「な、何?何かしたら先生に本当、言うからね!そうしたら退学だよ?」
『言えば?俺、卒業とか興味ねーしぃ』
大友君は明奈ちゃんをマットへ押し付けた。
明奈ちゃんの手を後ろにさせ、縄跳びでグルグルと手に巻き付け縛った。
僕は怖くて何も出来なかった・・
「ちょっ…やだッ!解いてよ!!」
手を後ろ手で縛られた明奈ちゃんはマットの上で芋虫みたいにモゾモゾと動き回っていた。
バランスの悪いマットの上で起き上がろうとする明奈ちゃんだったが、上手く立てず倒れ込んでしまう。
そんな明奈ちゃんを見て楽しんでいる大友君。
息を切らし、立つ事を諦めた明奈ちゃんは仰向けのまま動かなくなってしまった。
大友君は明奈ちゃんを起こし、背後に座った。
『さ〜て、生徒会長はどんなブラをしてるんでしょう♪』
明奈ちゃんの体操着を大きく捲り上げた。
「!!!!!!」
明奈ちゃんの白いブラジャーが正面に倒れ込む僕に向け晒された。
後ろから明奈ちゃんの胸元を覗き込む大友君。
『おおーッ♪やっぱ真面目な生徒会長は白なんだ(笑)』
「やッ、止めてッ!」
『てか、お前〜胸小っさ!!』
そう、明奈ちゃんの胸は可愛らしい位に小さかった。
『ではでは、お次はおっぱい披露♪』
大友君は明奈ちゃんのブラジャーのホックをプチっと外した。
そして、緩んだブラジャーを上に運ぶと明奈ちゃんの白く小さな胸が晒された。
「いやっ!」
『全然無いじゃ〜ん』
僕の目の前で、明奈ちゃんの小さい乳房に綺麗なピンク色をした乳首が丸出しにされている。
『丸山ぁ、大好きな生徒会長の胸はどうよ?』
僕は思わず眼を反らした。
『あらら・・丸山君は小さいおっぱいには興味ないってさ(笑)』
そう言って明奈ちゃんの胸を揉み始めた大友君。
小さい胸が不思議な形に変えられながら揉まれていた。
大友君の指が明奈ちゃんの乳首を摘んだり引っ張ったりしている。
「や、止めて……」
『生徒会長のおっぱい見て、丸山お前勃起しちゃってんじゃねー?(笑)』
僕は強く首を振った。
が、大友君の言葉は正しかった。
僕のアソコはズボンの中で圧迫され痛い位に勃起させていた・・・
『なぁ、丸山〜そこでズボン脱いでみろよ!』
僕は強く何度も首を振って断った。
すると、大友君が僕に近寄り殴って来た。
怖くて抵抗出来なくなった僕は従うしか無かった。
立ち上がりズボンとパンツを降ろし、アソコを両手で隠した。
『手ぇ邪魔!ちゃんと生徒会長に見せてやれって!』
ゆっくり隠している手を退けた僕・・
『うほーーッ!丸山のチンポ勃起してんしぃ(笑)』
『どうします生徒会長?(笑)』
『あの男、勃起させたチンポを丸出しにしてますけど、良いんですか?(笑)』
「ま、丸山君……」
僕は大好きな明奈ちゃんに大事なアソコを見られ恥ずかしかった。
でも、大きくなったアソコが鎮まる事も無かった。
『なぁ、丸山。生徒会長のアソコ…見てみたくないか?見たいだろ??』
一瞬、僕は明奈ちゃんを見て首を横に振った。
『正直になれよぉ…そんなに勃起させてさ〜見たいんだろ!』
『丸山、それ降ろしちまえよ?』
大友君は明奈ちゃんの履いているショートパンツを指差した。
『俺達以外誰も居ないし生徒会長のアソコ見るチャンスなんて2度とねーぞ!』
そう言うと後ろから大友君が僕を蹴り飛ばしてきた。
明奈ちゃんの足元に倒れ込んだ僕は手を付いた。
顔を上げると明奈ちゃんの晒している胸が目の前にあった。
近くで見る明奈ちゃんの胸・・・
手を出せば届く距離、舌を出せば届く位、明奈ちゃんの胸に接近していた。
『ほら、さっさと降ろせよ。見たいだろ?』
「ま、丸山君…お願ぃ……止めて?」
明奈ちゃんの涙ぐむ目と、後ろに居る大友君を何度も首を動かし見合わせた。


投稿者:ひでき 2009/11/15(日) 4:38:22 No.2944

そして僕は明奈ちゃんに向け一言。
ゴメン・・と言って明奈ちゃんの履く体操着のショートパンツに手を掛けてしまった。
脚を閉じ、脱がされないよう力を入れてくる明奈ちゃん。
僕も力を入れ一気にズリ降ろした。
アソコの毛をモジャモジャさせた明奈ちゃんの大事な所を一瞬だったけど僕は見てしまった。
脱がされても足を閉じ、大事な所を隠そうとしている明奈ちゃん。
『アハハ、頑張りすぎてパンツまで一緒に脱がしちまったじゃん(笑)』
大友君は明奈ちゃんの後ろに再び座り込んだ。
『よいっしょっと』
『生徒会長〜丸山がもっとちゃんと見たいってさ』
後ろから大友君の手が明奈ちゃんの太腿を掴んだ。
『丸山ぁ〜よーく見とけよ?(笑)』
「やめて…やだッ…やだッッ!」
『これが生徒会長のオマンコだーーーーッ(笑)』
大友君が後ろから明奈ちゃんの太腿を持ち上げる様にガバっと大きく広げた。
僕の目の前で明奈ちゃんがアソコを丸出しにさせられた・・・
後ろから明奈ちゃんのアソコを覗き込む大友君。
『うひょ〜〜綺麗なオマンコしてんじゃん♪』
生唾を飲み込み、明奈ちゃんのアソコに目が釘付けになる僕。
「お願い止めてっ...見ないでっ......」
明奈ちゃんの形の良いアソコ・・
僕のアソコはこれ以上ない位にまで起き、脈打たせていた・・・
大友君はそのまま明奈ちゃんのアソコを手で広げ、更にアソコを僕に見せ付けてきた。
『オマンコがパクパク〜〜〜(笑)』
正直、僕は堪らなかった・・
このまま触れもしないのに出てしまうんじゃないか?
そう思うほどまで興奮してしまっていた。
僕のアソコの先っちょからは透明な液が床に糸を引かせながら垂らしていた。
大友君の指が明奈ちゃんのアソコを弄くりだした。
嫌がる明奈ちゃんが時々身体をビクンとさせる時があった。
『あれれ〜濡れて来てんよ?(笑)』
『生徒会長ってインラ~ン(笑)』
『オマンコ濡らして感じちゃって良いの?生徒会長なのに良いの?(笑)』
唇を噛み締め、大友君の弄る指に堪えている明奈ちゃん。
その内、大友君の指が明奈ちゃんのアソコに突き刺さっていった。
「............っっ!!」
『簡単にズッポリ入っちゃったけど?』
アソコに突き刺した指を出したり入れたりを繰り返す。
言葉を発せず、頭を何度も振る明奈ちゃん。
『なぁ、音…しちゃってんよ?感じてんだろ??(笑)』
目の前に立つ僕の耳にも聞えて来た。
明奈ちゃんのアソコからビチャビチャとイヤラシイ音が聞えて来た・・
息も荒くなって時々、はぁはぁ・・・と声を漏らす様になった。
『生徒会長の癖にスケベだよなぁ…オマンコをビショビショに濡らしちゃってさ』
『今日からお前は淫乱生徒会長だ!(笑)』
『なぁ、丸山ぁ。お前、コイツとしたいだろ?』
僕は本心からか、頷いてしまった。
『うんだって!正直だねぇ(笑)』
『あの〜丸山君がセックスしたいらしいですよ?(笑)』
『このビショ濡れオマンコにチンポ入れたいみたいですが?(笑)』
「はぁはぁ…止めて……も、もぅ…」
『おい、丸山!もう我慢出来ないってさ。早く入れてやれば?(笑)』
大友君の言葉に僕はゆっくりと明奈ちゃんへ歩み寄った。
今すぐにでも出てしまいそうなアソコを立たせながら近寄った・・・
明奈ちゃんの足元で膝を付く僕。
大友君が再び明奈ちゃんの足を持ち、大きく広げた。
「ま、丸山君…お願いそれだけは……」
明奈ちゃんが許しを乞いだし躊躇する僕。
しかし、大きく広げられた足の中心にビチョビチョになったアソコを見てしまった僕は勃起したアソコを掴み明奈ちゃんのアソコに押し当てた。
『丸山童貞だろ?良かったじゃん♪大好きな生徒会長に童貞あげれてさ(笑)』
大友君の言う通り、僕は童貞だった。
オナニーをする時は必ず明奈ちゃんを思いながらする位に好きだった子。
まさかこんな形とは言え僕が明奈ちゃんとHが出来るなんて思った事すらなかった。
僕はアソコを押し付けたまま、ゆっくりと明奈ちゃんの中い入れていった・・・
「んんっ...っ......」
腰を使うとか分からない僕は無我夢中でアソコを入れて言った・・
僕のアソコが少しずつ明奈ちゃんの中に埋まっていく・・
明奈ちゃんの唇の隙間から声が漏れ出してきた。
それを笑いながら覗いている大友君。
『入ってく、入ってくぞ!それ!丸山そこで一気に打ち込むんだ!(笑)』
僕のアソコが半分位入った所で大友君の言うとおり強く明菜ちゃんの中へ押し込んだ。
「っぁぁ...っ......」
明奈ちゃんの顔が少し険しくなった。
そして、僕のアソコは完全に明奈ちゃんの中に埋まった。
明奈ちゃんの中は温かく気持ち良かった・・
僕のアソコをギュッ、ギュっと締めて来る感じが凄く気持ち良かった。
これがセックス・・・
明奈ちゃんのアソコ・・・
僕はゆっくり動き、アソコを1回だけ戻してまた入れてみた。
「はぁはぁはぁ………」
明奈ちゃんが声を出している。
僕のアソコで感じてるんだと思った瞬間だった。
あっ!!
僕は射精をしてしまった・・・
僕は明奈ちゃんの中で出してしまった・・・
「!!?」
『うおーーーっ!今逝ったろ?(笑)』
「ま、丸山君…嘘でしょ?違うよね?」
『丸山ぁ、中出しはマズくね?(笑)』
僕は明奈ちゃんの中からアソコを抜き出した。
そして直だった。
明奈ちゃんのアソコから僕が出してしまった白い精液がドロっと出て来た・・・
『丸山中出し決定!!(笑)』
「そ、そんな………丸山君…」
ご、ごめん・・・僕は明奈ちゃんに謝った。
僕が明奈ちゃんの中で出してしまった事に大ハシャギしている大友君。
明奈ちゃんは涙を流し出した。
僕は何も言えず、謝る事しか出来なかった。
すると、体育倉庫の外でドンドンと扉を叩く音と声が聞えて来た。
『チッ…誰だよ……』
大友君が鍵を開け、扉を開けるとジャージ姿の美月先生が立っていた。
美月先生は僕達を見て慌てて他の先生を呼びに駆け出して行った。
数分後、生活指導の先生を連れて来た美月先生が戻って来た。
明奈ちゃんは保健室へ、そして僕と大友君は生活指導室へ連れていかされた。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.