妄想三部作(3)

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想三部作(3)
投稿者:ひでき 2009/11/15(日) 4:39:41 No.2945

生活指導室で多数の先公に囲まれている俺と丸山。
俺達の親に連絡が行き、学校に来る事になった。
丸山はどうか知らないが、俺は間違い無く義務教育とは言えこれで退学になると思っていた。
俺が野次馬の先公達に説教されていると体育の授業を終えたジャージ姿の美月ちゃんが着替えて来たいと言い出して来た。
「あのぉ…ご両親の方にこの格好じゃ……一旦着替えて来ても宜しいでしょうか?」
周りの先公に了解を得て、美月ちゃんは着替えに向かった。
それから数分経ってから俺は便所に行きたいと口にした。
『俺、便所行きたいんだけど?』
先公達は自分の立場だとかウダウダ言い出したが仕方なく便所に行く事を認めてくれた。
当然、俺は便所に行くつもりなんか更々無かった。
俺の行き先は美月ちゃんが向かった教員用の更衣室だった。
廊下を走り、一目散に更衣室へ向かった俺。
更衣室のドアノブをゆっくり回すと予想的中、鍵が開いていた。
授業中と言うのもあって安心した美月ちゃんは更衣室の鍵を閉めていなかった。
静かに扉を開け、中を覗き込むとTシャツを脱いでる最中の美月ちゃんの後姿が見えた。
そして俺は当たり前の様に更衣室の中へ入って行った。
『へ〜〜〜教員用の女子更衣室ってこうなってたんだ〜』
「!!!!!?」
美月ちゃんは後ろを振り向き、俺の姿を目にすると慌てて胸元を脱いだTシャツで覆い隠した。
「お、大友君!?ど、どうして貴方が此処に…」
『どうして?うーん…美月ちゃんが邪魔したせいで生徒会長とヤレなかったからかな?(笑)』
『丸山だけしっかりヤって、オマケに中出しまでしちまってさぁ』
『だから美月ちゃんに責任取って貰おっかなって(笑)』
「せ、責任って…貴方!自分のした事が分かってるの!!」
「と、とにかく此処から出て行きなさいッ!!」
俺は更衣室のドアを閉め、鍵を閉めた。
「早く出て行かないと他の先生達が来るわよ?」
『美月ちゃ〜ん、そんな怖がるなって〜〜』
「怖がってなんか……」
俺が更に中へ歩み寄ると、美月ちゃんの顔が強張った。
「ち、近寄らないでッ!大声出すわよ?」
『出せば?(笑)』
近寄る俺に、美月ちゃんは背にロッカーを背負って居るのにも関わらず、更に後退りしようとしていた。
俺は美月ちゃんの真横にあるロッカーを強く叩いた。
ビクっと身体を硬直させ、怯え出した美月ちゃん。
そして美月ちゃんが胸を覆い隠していたTシャツを奪った。
すると地味なスポーツブラに包まれた大きな胸が露になった。
『あらら…随分と地味なのを着けてんじゃん』
慌てて胸を腕で隠そうとする美月ちゃんの手を掴んだ。
美月ちゃんの両腕を掴み、背後に並ぶロッカーに貼り付けた。
「は、離しなさいッ!!」
無防備に晒す下着姿の胸を直視した。
『やっぱ、美月ちゃんのオッパイってデケーな……』
「ちょ、ちょっと大友君!離しなさいって言ってるのが聞こえないの?」
美月ちゃんの腕に力が入るのが分かった。
が、俺の捕まえる力を振り解く事は無かった。
俺は開放された胸元に顔を埋める。
グリグリと柔らかい胸に顔を沈め、押し付ける。
「や、止めなさいッ!」
その内、ブラが上に上がり乳房が大きく見え出して来た。
俺は歯でブラを噛み、ブラを捲りあげた。
すると、小さな薄茶色をした乳首が飛び出した。
『小っちゃ…美月ちゃんの乳首、小っちゃ(笑)』
「大友君ッ、好い加減にしなさいッ!」
美月ちゃんの言葉を無視し、俺は舌を伸ばした。
乳首と若干色の違う大き目の乳輪を伸ばす舌を丸々と這わす。
美月ちゃんの身体が一瞬震えたのがわかった。
乳輪に浮き出るブツブツを舌先で感じながら何周もさせる。
次第に小さな乳首がプクっと膨らみ出して来た。
『あれ?乳首が立って来ちゃいましたよ?(笑)』
「止めなさいってば…ッ」
『美月ちゃん、もしかして感じて来ちゃった?(笑)』
俺は突起した乳首を舌先でチロチロと小刻みに舐め始めた。
押さえ込んでいる美月ちゃんの手に力が入って来た。
俺の舐める唾液で乳首がテカテカと光りを放つ。
口の中に乳首を含み、唇で甘く噛む・・
乳首を吸い込み、最後は唇で噛む・・・
乳首を含みながら美月ちゃんの顔を見上げると眉間にシワを寄せ、何度も首を振っていた。
『美月ちゃん…気持ちいんだろ?』
「な、何を言ってるの!止めないと本当に大変な事になるわよ?」
俺は美月ちゃんの履いているジャージの中へ手を入れ、下着の上から大事な所に触れた。
『ああ…確かに大変な事になってるな……此処(笑)』
美月ちゃんの股間は下着の上からでさえ分かる程に湿らせていた。
触れた指先を少し動かすと、美月ちゃんは俺の腕を捕まえながら腰を引かす。
「や、止めなさい…大友君止めてッ」
割と大きな声を出していた美月ちゃんの声がやたらと低くなった。
『美月ちゃ〜ん、かなり濡れてきてんよ?』
『パンツ相当汚しちゃってんじゃないのぉ(笑)』
『俺が確かめてやんよ!』
俺は美月ちゃんの履いているジャージに手を掛け降ろそうとした。
すると、脱がされまいと美月ちゃんはジャージを強く掴んできた。
力対力では俺に分があるのは当然だった。


投稿者:ひでき 2009/11/15(日) 4:42:36 No.2946

徐々にジャージからベージュ色をした下着が見え出す。
『また地味な色したパンツ履いてんじゃ〜ん』
「大友君ッ、離しなさい!止めてッ!!」
必死な顔をして歯を食いしばる美月ちゃん。
しかし、美月ちゃんの掴む手に力が弱まった瞬間、一気にジャージは足元まで降ろされた。
ベージュ色をした少し際どい形をした下着が丸出しにされた。
俺はその場で腰を落とし、美月ちゃんの片側の膝裏を掴み抱え上げた。
片足を持ち上げられ、足を開かされると美月ちゃんの股間は丸見えになった。
俺が股を覗き込むと股間部分がベージュ色の下着が大きく色を変えていた。
『美月ちゃん、ビショビショじゃん!パンツの色が変わってんよ?(笑)』
慌てて股間を手で隠す美月ちゃん。
股間は隠されたが俺は背後へ向かう下着の布地が細くなっているのに気付いた。
『あれ?これってもしかして…』
俺は立ち上がり、美月ちゃんの身体を反転させた。
するとプルんと両尻を晒し、その間をベージュ色をした一本の線が延びていた。
『やっぱり…(笑)美月ちゃんこれってTバックじゃん♪』
今度は尻を隠しだす美月ちゃん。
『地味なベージュも意外だったけど、Tバックも意外だったな…』
「こ、これは体育があったから……」
『ふーん、体育の日はこんなパンツ履いて食い込ませてるんだ?』
「ちっ、違う」
『こんな風に食い込ませて動き回ってるんだろ!』
俺は下着を掴みグイグイと引っ張り上げた。
更に前面も掴み上げ引っ張り上げる。
前後を交互に引っ張り、美月ちゃんの前の割れ目と後ろの割れ目へ下着を食い込ませながら擦る。
美月ちゃんの足を爪先立ちにさせる程、強く上に食い込ませる。
俺の行為を止め様と美月ちゃんの手が俺の手を押さえ付けてきた。
「やっ、やめてっっ」
力無い美月ちゃんの手を物ともせず俺は続けていく。
すると爪先立ちをしていた足が地に付き、俺の手を押さえていた美月ちゃんの手はロッカーにへばり付きだした。
膝を折りながら俺に向け尻を突き出す格好になった美月ちゃん。
前面を強く食い込ませると陰毛を大きく食み出させ、ヒダが完全に飛び出していた。
背後からはアナルのシワが自然と出すまでに・・・
そして美月ちゃんは顔までロッカーにへばり付かせ息まで荒く吐かせていた。
そんな姿に、頃合とみた俺はズボンを下そうとベルトに手を掛けた。
ベルトを外す音に気付いた美月ちゃんは首を回し俺の下半身に視線を向けてきた。
「だ、駄目っ!止めてっ!!」
ズボンを降ろし、パンツをさげると今にも美月ちゃんへ突き刺そうとさせるモノを晒した。
俺は美月ちゃんの足を開き、腰を押さえ付け下着をズリ降ろした。
開いた足からパックリと拡がっている美月ちゃんの大事な所。
そこへ俺のモノを押し付けた。
「大友君、お願いだからっ…」
押し付けていたモノを軽く擦り付け、俺は腰を美月ちゃんへ向け突き出した。
「あっぁぁ………」
潤い溢れる美月ちゃんの中へ俺のモノは簡単に収まった・・・
根元まで含まれた俺のモノを美月ちゃんはキツく締め付けていた。
『あ〜あ、入っちゃたよ…簡単に入っちゃったよ美月ちゃん』
「抜いてっ、大友君抜いて…」
『抜くってこう?』
俺は数回、美月ちゃんの中を出し入れさせた。
「はぁぁぁ......っ」
『美月ちゃんのマンコ…俺のチンポをパックリ咥えてんよ?』
腰の動きを徐々に早めて行く・・
「あっあっあっ…やめっ……やめ、てっ………」
美月ちゃんの片手が俺が突くのを拒もうとしてきた。
その手を払い退け挿入を続けると、再びロッカーへ両手でへばり付く美月ちゃん。
『ねぇ、先生と生徒が学校でハメるのってマズくない?(笑)』
『もし外に知られると美月ちゃんも学校に残れないだろ?』
俺の言葉に応える事をしない美月ちゃんは唯、喘いでいた・・
『なぁ、気持ちいでしょ?気持ちいって言えよ』
「はぁはぁはぁ…き、気持ち良くなんて…はぁっ」
『気持ちいんじゃん!思いっきり感じてんじゃん(笑)』
俺は先から根元まで大きく出し入れさせた。
美月ちゃんの身体は仰け反り、大きな胸をロッカーにべったりと押し付けていた。
『美月ちゃん感じてるんだろ?気持ちいって言えよ』
「あぁぁぁぁ……っ」
気持ちいの一言で俺は征服欲を満たそうとしていた。
が、どれだけ突付いても美月ちゃんは喘ぐだけでその一言は口にしなかった。
俺は美月ちゃんの両肩を掴み、目にも止まらぬ速さで出し入れをさせた。
「あぁぁぁぁぁっ……やめてっ、やめてぇ」
『はぁはぁ…気持ちって言わないと生徒会長みたいに中出ししちまうぞ?』
『良いのか?中で出しても良いのか??はぁはぁはぁ…』
「だ、だめっ!中は・・中は駄目っ!」
「はぁっ…はっぁぁ……き、気持ちぃ…気持ちい…………」
限界スレスレで、やっと望んでいた言葉を吐かせた俺は満足気に美月ちゃんの中へ射精をした。
美月ちゃんの中へ強く押し込む様に俺は精液を吐き出した。
中へ吐き出された感触に気付いた美月ちゃん。
「そ、そんな…どうして……」
『だって美月ちゃん、言うの遅せーんだもん(笑)出ちゃった♪』
顔を歪ませ、目を潤ませる美月ちゃん。
そこへ更衣室の外から大声を出しながら扉を叩く奴が現れた。
【先生っ!居るんですか?居るなら開けて下さい!!】
『開けてっていってるけど?開けちゃう?(笑)』
美月ちゃんはピクリとも動かなかった。
【すいません、開けますよ!】
外側から鍵を使う音がし、扉が開かれた。
そこには生活指導の山崎が立っていた。
山崎は俺を見、美月ちゃんの姿を見て形相が変わった。
【大友ーーっ!お前って奴は!!】
『先生ぇ〜美月ちゃんが学校でセックスしてたんですけど良いんですか?(笑)』
俺は怒り狂う山崎に向け、美月ちゃんの尻を突き出した。
そして、尻を捏ね繰り回した後に抜き終えて間もない穴をさらした。
すると美月ちゃんの中から俺の出した精液がドロドロと溢れ、床に垂れた・・・
『美月ちゃん中に出してって言うから〜〜』
泣き崩れた美月ちゃんを見て山崎は俺に殴りかかってきた。
そして俺は退学となった・・・・・・・

初の三部作(笑)

因みに〜ひできサンは引退カウントダウン突入です。
妄想界から住民票を移動します(笑)


投稿者:美代 2009/11/16(月) 0:03:32 No.2947 [gwUi/bb2XxY]

引退しちゃうのですか?
しないでください、楽しみにしてるみんないると思いますよ、私もそうだけど(泣)今日のも良かったよ凄く(^_^)また、つ次がみたいなぁ!友達と会長さんの続きと先生も来なります。続きお願いします。


投稿者:ひでき 2009/11/16(月) 17:30:04 No.2948 [ziW80aAffSU]

美代さん
これは続きは無いんですよ。
ですので、ご自身の妄想力を活かして下さいな♪
まぁ、此処は引退しても他に居ると思いますのでご安心を〜
また課題に戻るかな(笑)

俺に限らず他にも妄想好きな男性は多いので きっと大丈夫ですよ。
もう少し書くと思うので暇な時にでも読んでやって下さい。


投稿者:うさぎ (kawaii0112)  2009/11/17(火) 1:19:10 No.2949 [EHq6tVanMP.]

こんばんわ(^-^)
はじめまして。。
ずっと ひできさんのファンでした。。。
引退って言葉見て思わずレスしちゃいました(;^_^A
もう ひできさんの妄想読めないんですか?
淋しいです(;_;)
こんなことなら うさぎもリクエストすれば良かったと後悔してます(T_T)
最後に うさぎで お話書いてもらいたいです(*_*)
ダメですか?


投稿者:ひでき 2009/11/17(火) 8:14:27 No.2950 [ziW80aAffSU]

うさぎサン はじめまして。
隠れて読んでくれてたんですね。
ありがとうです♪
まだ少し書きますので しっかり保存しておいて下さい(笑)

で、リクエストとはどんなでしょう?
詳しく教えて頂けると大変助かります。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.