3ヵ月

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


3ヵ月
投稿者:ひでき 2009/11/17(火) 19:14:14 No.2953

俺と彼女はお互いの仕事が忙しく中々会う時間が作れなかった。
それが約3ヶ月続いたが、やっとお互いの休日が重なり俺は彼女の家に向かった。
まだ明るい昼間だと言うのに久し振りに愛し合った。
彼女の肌に触れる懐かしい感触が新鮮で緊張をさせていた。
初めて肌を合わせる感じで行為を進めて行き、彼女の中へ挿入させた。
(あれ…久々だよな?何か緩くないか……)
俺は心の中でおかしいと思いつつも彼女へ出し入れをさせていた。
彼女の反応を見ると、一応声を出し感じている様に思えた。
(普通3ヶ月もしてなけりゃキツいし、最初は痛がるよな?)
俺の彼女の洋子は、少し控え目で大人しいタイプだった。
だから洋子が浮気したとも思えなかった。
実際、仕事が忙しかったのは事実だし男を作る余裕は無かった筈だ。
だが久々のセックスがあまり気持ち良く感じなかった俺は中々逝けなかった。
それでも腰を上手く動かし、角度を変えたりしながら自分で刺激のあるポイントを探しながら挿入を繰り返した。
そして洋子の腹に向け何とか射精まで至った。
きっと俺の体は疲れていて体調が悪かった事にしておこうと心の中に不信感を閉じ込めた。
すると洋子が俺に向かって信じられない言葉を吐いた。
「ねぇ、久し振りなのに随分と長かったね?」
「それにこんなちょびっとしか出てないけど…」
「もしかして私と会えない間に他でしてた?」
確かに俺の出した精液はやたらと少なかった。
が、それには理由があった。
『バカ言うなよ!少ないのは今日の為に一人でして来たからだよ』
そう、俺は洋子の家に来る前にやたらと性欲が溢れ自慰行為をして来たのだった。
そう言っても洋子は俺の言葉を信じようとせず疑った目で俺を見ていた。
次第に腹が立ってきた俺も思わず言い返してしまった。
『お前だってなぁ、久々に入れたってのに全く痛がって無かっただろ?』
『おまけにやたら緩々で気持ち良く無かったぞ!』
『お前の方こそ男作ってたんじゃねーか?』
「酷っどぉ!わ、私だって…」
『私だって何だよ?言ってみろよ』
「わ、私だって一人で……したから。昨日の夜だけど…」
『一人でしたっつったって指を入れた位じゃあんな緩くはならないだろ!』
洋子は過去に一人ではしないと良く言っていた。
まぁ、実際はしてるんだろうけど恥かしがり屋な面が言わさなかったと思ってた。
だから俺としては洋子が今この場で昨日一人でしたと言うのは信じがたかった。
『今までそんな事言った事すら無かったろ?変な言い訳なんかすんなよな!』
『どうせ俺より大きい男としたんだろ?ほら本当の事を言ってみろよ!』
「本当だもん!私、浮気なんてしてないし、ちゃんと一人で昨夜したんだもん!!」
『じゃぁ、どうしてそんな緩くなってんだ?前はかなりキツかったぞ?』
「そ、それは…きっと……」
『きっと何なんだよ?』
洋子はベッドから起き上がり、引き出しの奥からビニールに包まれた物を持ち出して来た。
「これ…きっとこれのせいだと思う……」
洋子が恥かしそうに俺へ突き出して来た物を受け取った。
少し重みのあるビニールから中身を取り出して俺は正直驚いた。
『洋子…これって!!お前……っ!?』
「………………ディルドー」
洋子は小さな声で俺に渡した物の名称を口にした。
『ディルドーって何でお前がこんな物を?』
「だって…ずっと会えなくて寂しかったからついネットで……」
洋子の使用していたと言うディルドーは、形は男のモノにそっくりに作られており、色も肌色でとてもリアルだった。
その上、太さや長さの全てを俺のモノを上まっていた。
『まさかお前がこんな物を買って使うなんて…正直びっくりだよ』
「……………ごめんなさい」
『で、洋子はどうやってこれを昨夜使ったんだ?』
「え?色々と…」
洋子は恥かしそうな顔をさせ返答を濁した。
『色々って何だよ?教えてくれよ』
「だ、だから色々な風に……」
『ふ〜ん、本当にコイツのせいなのか?』
「ほ、本当だってば!浮気とかじゃなくてコレできっと…」
『じゃぁ、どう使ったかちゃんと教えてみろよ』
洋子がベランダに出入りする窓硝子に向かって指を指した。
「………これ、底に吸盤が付いてるからそこに付けて……」
『窓?窓に付けてどう使うって言うんだよ?』
「だ、だからそこに付けて…う、後ろから……って言う感じに………」
『付けてみろよ』
洋子は手にしたディルドーを適当な位置にペタっと貼り付けた。
『そこなのか?そこに付けてそれからどうしたんだよ?』
「もっと下の方…」
『此処か?それともこの辺か??』
俺は洋子が頷くまでディルドーを窓に付け替えた。
「う、うん…その辺かも……」
『そうか…じゃぁ、これを此処に付けた後はどうするんだ?やって見せてくれよ』
「え!?やってって?」
『洋子が昨日やった事を俺に見せてくれれば良いんだよ』
「だ、だってこんなに外が明るいし…昨日は夜で暗かったから……」
『なに?出来ないの?』
「だって今だと外から見えちゃうかも…」
『誰もこんな3階なんて見やしないって!ほら、本当だと言うならやってみろよ』
洋子は戸惑いながらも窓に貼り付けられ突き出しているディルドーに向かって歩み寄った。
そして、ディルドーの前で膝を付かせポッカリと口を開いた。
貼り付けられたディルドーをフェラチオをし始めたのだった。
『何で咥えてるんだ?』
「んごっ。こうして少し濡らさないと入らないの……」
俺の目の前で玩具とは言えあんな物を咥える洋子の姿に興奮させた。
まるで第三者のモノを咥える風にも見えてきた。
唾液をディルドーに塗り終え、ゆっくりと立ち上がった洋子。
膝を少し落とし、ディルドーを後ろ手で固定させ自分の秘所にあてがった。
明らかに手付きが慣れていたのが伺えた。


投稿者:ひでき 2009/11/17(火) 19:16:35 No.2954

洋子は貼り付けられ突き出すディルドーを秘所に押し込んでいった。
「んんっ…こ、こうやってしたの……もう良いでしょ?信じてくれたよね?」
『ああ。そうやって昨夜自分で出し入れさせてたんだろ?』
『よく分かったから続けてみろよ』
「もう恥かしいよ…分かったんだから良いでしょ?」
『折角入れたんだから止めたら勿体無いだろ?ほら、昨夜は激しく動いたんだろ?』
俺は洋子の腰を無理やり動かし、ディルドーを出し入れさせた。
「あっぁ…や、やぁっ…止めてよっ……」
『なら自分で動くか?それなら止めても良いけど』
俺は洋子の腰から手を離した。
すると洋子は自らの意思で腰を動かしだした。
「はっぁ..あっはぁぁ...は、恥かしいよぉ」
『恥かしい事、昨日してたんだろ?俺に内緒でこんな物使った罰だと思えよ』
「さ、さっき謝ったでしょ…んっんんっ……み、見られてると恥かしいの…」
『恥かしい割りに随分と腰が激しく動き出してるけど?』
「そ、それは……あっあっあっ…」
『気持ちいんだろ?』
「き、気持ちぃ…はっはぁっ気持ち良過ぎて止まらな…いっ」
俺は窓からベランダに出た。
そして反対側の窓の前で屈み、洋子の中をディルドーが出し入れする様子を眺めた。
『なぁ、洋子ぉ。こっちから丸見えだぞ?いやらしく出し入れしてるぞ?』
「んんっん…そ、そんな風に言わないでっ……見ないでっ」
洋子は手を膝に付かせ、恥かしいとか言っている割に腰使いが激しくなっていった。
全裸の胸を大きく揺らし、その姿は淫女と呼ばれてもおかしくない位だった。
初めて見る洋子のこんな姿に俺は無償に興奮してきた。
一度出し終えた俺のモノは再び逞しさを取り戻していた。
俺は室内へ戻り、逞しくなったモノを洋子の顔に差し向けた。
「……!?」
『そのまま咥えてくれよ、洋子……』
洋子は躊躇する事無く俺のモノを手で支え口に含んだ。
「んんっ...んご...っんんごっ......っ」
擬似とは言え、今している行為はまるで3Pだった。
洋子が腰を引いた時にディルドーを貼り付けられている窓を見ると、ディルドー周辺に液体が飛び散っていた。
洋子の足元をみると大きく濡れた跡が数滴あった。
『洋子どうだ?3人でしている感じだろ?』
「んごっ、んんっ...んはぁぁ......」
俺のモノを咥えながら大きく頷いた洋子。
そして俺が窓の外を見てみると人が立ち止まり、何となく俺達の方を見ている様な気がした。
『あ…洋子、誰かこっち見てるぞ?』
洋子は俺のモノを口から吐き出し、後ろを振り向いた。
「やだっ!こっち見てる!!」
腰の動きを止めた洋子の頭を手で振り向かせ再び突き向けた。
『ほらぁ、止めるなよ…ほら続けな!』
「だ、だって人に……」
『どうせあそこからじゃ大して見えやしないって!』
そう言って洋子の口へ強引に捻じ込んだ。
「ごごがっ...ごごっ......んづがじぃっ」
嫌がる洋子の頭を押さえ付け、俺は自分で腰を動かし洋子の口で刺激を与えた。
大きく垂れ落ちる胸を揉み、乳首を摘みながら腰を動かす。
すると恥かしさが通り過ぎたのか、洋子の腰は再び激しく動き出した。
自らの意思でディルドーを出し入れさせる洋子・・・
窓を開けていると言うのに洋子の秘所からは、いらしく卑猥な音を大きく聴かせていた。
「んんっんんんっ...んぐっ、んぐぅ.....んっぐぅっっ」
洋子は塞がれた口から嗚咽の様な声を吐き出すとその場で膝を落とした。
崩れ落ちた洋子の口から俺のモノは離れてしまった。
しかし、息を切らす洋子の顔に目掛けて俺は自分で扱いていた。
そして射精が近くなると洋子に顔を上げるように言った。
『はぁはぁはぁ…ほらっ、洋子こっち向けよ』
無意識に上げた洋子の顔目掛けて俺は精液を吐き出した。
「あああ……」
口を半開きにさせ俺の吐き出した精液を浴びせられた洋子・・・
頬を伝い、床に垂れ落ちる俺の精液・・・・・
「顔に出すなんて……」
『あはは、何故か沢山出ちゃったな』


ちゃんちゃん♪
これはありそうな話だと思う!(笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.