彼女を監視

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


彼女を監視
投稿者:ひでき 2009/11/22(日) 18:15:02 No.2959

俺は付き合って半年になる彼女に質問をしてみた。
『なぁ、鈴花ってオナニーとかしてりしてるの?』
「はぁ?する訳ないでしょ!そんな寂しい事アタシはしませーん」
『嘘だぁ、殆どの女ってするだろぉ?』
「それでもアタシはしないのだ♪」
断固として口を割らない彼女だったが、どうしても俺としては信じ切れなかった。
それから1週間して俺は内緒でネットを利用して隠しカメラを購入した。
勿論、彼女の住むワンルームの部屋に取り付ける為だ。
彼女がシャワーを浴びている隙に俺はベッドが納まる位置に隠しカメラを取り付ける事に成功した。
早く彼女を一人にしてオナニーを初めて貰う為に、まだシャワーを浴びている彼女へ今日は帰る事を伝え家に帰った。
旧式の為カメラは小さいが録画出来る時間はそう長くは無いので俺は毎日欠かさず仕事を終えた後は彼女の家に寄ることにした。
彼女にバレない様に録画されたメモリーカードをこっそりと入れ替え、それを持ち帰る。
取り付けた日はオナニーをする事は無く、ただ彼女の寝相の悪さに少しガッカリした。
2日、3日も全くする事は無く、終に一週間になった。
昨日の土曜日は俺は飲み会で彼女の家に行く事が出来なく、次の日になる日曜日に彼女の家に向かった。
休日に何も無く帰るのもどうかと思い、俺は彼女とセックスをした。
セックスに疲れたのか彼女が眠ってる最中に昨日録画しておいたメモリーカードを差し替えた。
そして、俺は自宅に戻った。
そう言えば彼女も昨日は飲みに行くって言っていたのを帰る車内で思い出した。
もしかした酒の力で性欲が増し、そこには俺が居ないからオナニーをした!かも・・・。
と、微かな期待を胸に抱き自宅のPCにメモリーカードを差し込んだ。
期待感を溢れさせPCの画面に食い入る俺だった。
暫く誰も居ない彼女のベッドが薄暗く映っていた。
この購入した隠しカメラは安かった為に音が入って来ないやつだった。
映像のみの物で静かな時間が続いていた。
俺は諦めモードで映像を早送りしていると全裸の彼女がベッドに投げ飛ばされた感じで映りだした。
『うお!?全裸?しかも吹っ飛んで来たぞ!もしかしてヤル気満々か?(笑)』
『相当飲んで来たな…』
俺は映像を通常の速さに戻し、全裸でベッドに座る彼女を見ていた。
ベッドの壁に寄り掛かり、彼女は胸に触れ揉み始めた。
『な〜にがアタシはしないだよ!ちゃっかりオナりだしてんじゃん(笑)』
彼女の顔は常に下を向かせていた。
『へぇ、鈴花ってあ〜やってオナニーを始めるんだ…』
片方の手は閉じる股の間に置いたままだった。
『下は弄ってるのか?遠くてよくわからないなぁ』
そして彼女の顔が一瞬上がったと思ったら足を大きく開きだした。
大きなM字開脚をさせ、黒々とした陰毛を丸出しにさせる彼女。
股に置いてあった手が、肘の動きで触れ始めたと認識をした。
再び上げた顔を俯かせたまま彼女は片方の手で胸を刺激し、もう片方の手で陰部を刺激していた。
『くぅ…堪んねーっ!鈴花の初オナニー鑑賞がこんなに興奮するなんて…』
俺は自分の彼女の自慰行為を映像で見て興奮してしまっていた。
ズボンを迷わず下げ、興奮させたモノを取り出し握りだした。
画面を見ながら自分で扱いていると一瞬だったが画面の端に黒い影が動いたのに気付いた。
『ん?何だ今の…何か動いたようなぁ……気のせいか』
唯、風か何かで置いてあった物が動いたんだろうとしか、この時は考え付かなかった。


投稿者:ひでき 2009/11/22(日) 18:16:45 No.2960

彼女の自慰行為も声が出ないせいか、興奮が冷め初めて来た頃だった。
画面に映る彼女が自慰行為を止め、両手をバイバイする様にしだした。
首を大きく横に振り、ベッドの上で立ち上がろうとした瞬間だった。
全裸の髪の長い男が現れ、立ち上がろうとする彼女を押し倒したのだった。
『な、何だ!?ちょ、ちょっと待てっ!一体この男は誰なんだよ!!』
思わず俺は画面に顔を近付けてしまった。
ベッドの上で仰向けになりながら頭を振り、髪を乱す彼女・・
馬乗りになった男が彼女の暴れる手足を押さえ付ける。
彼女の手を捕まえながら下半身をズルズルと彼女の顔に向け動かしていた。
そして首を振り嫌がる彼女の口に向け、男は自分のモノを無理やり突っ込んだのだった。
彼女の頭を両手で固定し、自ら腰を振る男。
その行為が数分間続き、今度は彼女の暴れさせる下半身の方へ男は移動した。
暴れる彼女の両足首を捕まえ、足をそのまま彼女の頭に向けググっと運んだ。
くの字が更に窮屈になった格好をさせられた彼女。
手を強くベッドに叩き付け、男の手足を叩き抵抗を見せていた彼女。
そんな彼女が無理やり犯される映像を見て俺は心の中で、頑張れ!負けるな!!と声援を送っていた。
俺は自分の彼女が俺の知らない男に犯されそうになっている姿に完全に見入っていた。
『鈴花!頑張れっ!!もっと手を使え!!』
『足の力を絶対に緩めるんじゃないぞ!』
俺は無意識に拳を握り、歯をギリギリと食いしばって彼女の映る画面を見ていた。
しかし、彼女の抵抗は此処で終わった・・・
抱えられた両足を左右に向け大きく開かされてしまったのだった。
『鈴花ぁぁ…どうして……まだだ!もう一度踏ん張れ!!』
一度、大きく開かされてしまった彼女の足は閉じる事なく、無防備になった股の間に男の頭が入り込んで行った・・
男は彼女の陰部を舐めていた。
彼女は男の頭を押し返そうとしていたが、男は動じる事なく彼女の陰部を舌で責め上げていた。
映像に映る彼女の表情はわからない。
泣いているのか、それとも感じ、喘いでいるのか正直わからなかった。
男は彼女の陰部を舐めながら自分のモノを手で刺激していた。
『す、鈴花っ!ヤバイぞ、そいつ入れようとしてるぞ!』
『気付けってば!何か抵抗しろって!!』
男が彼女の陰部から口を離し、起き上がった。
そして男は彼女の陰部へ暫く自分のモノの先をを擦り付けるていた。
彼女はピクリとも動かず、抵抗しようともしていなかった。
『諦めるなよ…ヤラれても良いのか?なぁ鈴花……』
そんな俺の想いも虚しく男は腰を彼女に向け強く突き出したのが分かった・・
横を向いていた彼女の顔がその瞬間、天井に向けられた。
男は再び彼女の両足を抱え上げ、左右に開きながら彼女の中へ自らのモノを出し入れさせている・・・
遠目でも分かる、男の強そうな挿入。
一回、一回、力強く腰を突き向ける男。
その体位での挿入を止め、今度は彼女を抱き抱え男がベッドに寝そべった。
男の上に跨る彼女を下から眺める男。
男が何かを彼女に向け言ってる風な感じがした。
彼女は首を横に振って男の上から逃れようとしていた。
そんな彼女の太腿に向け、男は叩いた。
彼女を逃すまいと押さえ付けながら数回、太腿を叩いていた。
すると彼女は男の胸板に両手を付かせ、自ら動き出した。
膝をベッドに付かせ、腰を前後させる彼女・・
そうと思えば、足の裏をベッドに付け膝立ちになりながら腰を上下に動かしていた。
『鈴花ぁ…何やってるんだよ?そんな男の上に跨って腰なんて振るなよ……』
しまいには、彼女は大きく揺らす胸を自分の手で揉みながら腰を振り出す有り様だった。
男は身を起こし、彼女の胸と密着しながら下から突き出した。
彼女の胸を口に含みながら激しく下から突いている・・・
そして彼女の手は男の背に回して、しがみ付く様になりながら突かれていた・・
男は動きを止め、彼女の中から抜き出した。
また彼女に向け、男は何かを言っている。
『今度は何を言ってるんだ?一体なにを話してるんだよ!!クソっ!』
俺がヤキモキしている間に、彼女はベッドの上で四つん這いになりだした。
男に向け尻を高く突き出した格好になっていた。
彼女は四つん這いになりながら首を振り、髪を振り乱していた。
そんな彼女の尻を男は平手打ちをした。
画面を通しても分かる位に、彼女の大きな尻は赤く染まっていた。
彼女は枕に顔を埋め、自分の両手で尻、いや、陰部を男に向け開きだした。
『鈴花………』
そして枕に埋めた顔を横に向け、男に向かって口を開いていた。
『まさか…自分の口から男に何を言ってるんだ……自分が何をしているのか分かってるのか?』
彼女が男に何かを言った後、男は彼女の尻を掴みながら再び挿入を始めた。
彼女の胸の揺れで、どれだけ強い挿入なのか俺には分かった。
前後に大きく弾ける彼女の胸が止まる事は無かった。
男は彼女の両腕を掴んで、彼女の上半身を反らしながら挿入を続ける・・
今度は彼女の胸が縦横にブルんブルんと激しく揺れ動く。
常に彼女の視線は天井に向けられ、その横から見る口は開きっ放しだった。
そして男の腰の動きが止まり、少ししてから彼女の中から抜き出した。
男は彼女を四つん這いにしたまま、尻を捏ね繰り回している。
彼女の陰部を覗き込みながら、グニュグニュと捏ね繰り回していると大きく笑った。
『嘘だろ!?もしかして中に出したとか?』
『クソっ!此処からじゃ良くわかんねーよ!鈴花、違うよな?』
そして彼女は体の向きを変え、シーツを眺めていた。
それから男の萎えたモノに向かって自ら体を寄せて行ったのだった。
彼女は男のモノを手で支えながら頭を上下させいる。
次第に回復させていく男のモノに向け、今度は自ら跨ぎ初めてしまった。
『鈴花ぁ、どうしちゃったんだよ…今日、俺とした時はいつもと変らなかったじゃないか』
その後、録画は終わってしまい俺の頭の中はグチャグチャになった。
これからまだしたのか?それとも終わったのか?
色々な事が頭を過ぎった。
今すぐ彼女へ電話するべきか、それとも家に向かうべきか・・
ただ、隠しカメラの事を話したくない気持ちもあった。
俺はどうしたら良いんだろう・・・・・・・・。

ちゃんちゃん♪
貴女の部屋にも彼氏の監視が・・・怖っ!(笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.