妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想
投稿者:四葉 2009/12/31(木) 16:15:23 No.3014 [pc6XzLs6WSLE6]

ニーハイを超える脚線美を生み出せるサイハイブーツなる物。
確かにこれを、ショートパンツに合わせられるとグッと来ますよね♪(俺だけか?)
ワンピースやミニから覗く僅かな肌も堪りませんよね♪(短かけりゃ何でも良いかも)
そのサイハイブーツって立ったままの状態で脱げますか?(ニーハイもそうですが…)
特に身体の硬い女性には非常に困難だと思います。
ま、基本ブーツは膝を曲げずに脱ぐのって極めて無理に近いでしょう。
今回は、膝を曲げる事が困難なサイハイブーツを履いた子を見かけた妄想です。
(後でストレッチがあるとか言わない様に!)


今の時代〜正月に公園で遊ぶ子供が減り人気は殆ど無くなった。
そんな公園でポツンとベンチに座り込みボーっとしていると俺の目の前を1人の女性が通り過ぎた。
まだ若く学生と思わせる女性。
太腿まで伸びるブーツ、そして丈の短いスカートとの間に見える僅か数cm肌。
俺からしたらまだまだ子供だと言うのに、その後姿が何故か大人びて見えた。
それは、堪んねーな…と心の中で呟く程だった。
そんな事を考えていると、コツコツと地面を蹴る音が俺から遠のいていく。
女性の後姿を寂しく目で追っていると、女性の身体が何かに足を掴まれた感じでガクっとなった。
暫くその女性を眺めていると、どうもブーツのヒールが排水溝の穴に入ったらしい。
それも鉄で出来た無数に穴のある溝。
女性は刺さった方の足に力を入れ懸命に抜こうとしている。
『アハハ、ほら頑張れ!もっと力を入れるんだ!!』
俺は人事だと思い、女性の行動を唯おもしろ半分で眺めていた。
必死にヒールを抜こうとする姿は間抜けだった。
自由の利く片足に力を込め、踏ん張る女性に更なる災難が訪れた。
その自由に動かせていた足に力を込めたせいで足元がズレ、余ったヒールも奇跡的に入ってしまったのだった。
両手をグルグルと回しながら前のめりに倒れ込んでしまうと思った時だった。
女性は前方にあった低い石垣に手を付き倒れ込むのを阻止できた。
『おお〜ヤルぅ♪』
両方のヒールが溝にハマってしまった女性。
石垣に手を付きながら身体を揺すり、足を引き抜こうとする女性。
この時の女性は若干前屈みになっていたせいで、短いスカートからは下着が丸見えになっていた。
『うお!ドピンクじゃん♪』
離れて座る俺の目から見ても濃い色をしたピンク色の下着だと言うのが分った。
しかし、女性は下着が見える事を気にしてないのか、頭にないのか足を抜く事に必死だった。
女性は引き抜く事に諦めたのか、姿勢を正した。
そして上半身を反転させ手をブーツに伸ばそうとしている。
ブーツのファスナーが後ろなんだろう。
しかし女性は膝を曲げるのが困難、そして悲しい事に身体が硬そうだった。
遠目から見た感じ、あの状態だとファスナーまで手が届いても数cmしか下ろせないだろうと思う位だった。
何度も上半身を反転させ、手をファスナーへ伸ばす行動を繰り返すが一向にブーツが脱げる事は無かった。
そんな行動を繰り続ける女性を見ていると俺の頭の中で、あれ?もしかして…と思わせる事があった。
俺は頭の中で良からぬ事を考えながら女性に歩み寄っていった。
『あの〜どうしたんですか?』
近くで見る女性の顔はとても可愛く、半分泣きそうな表情をしていた。
「ブーツが……」
『ブーツ?あらら…こりゃまた見事に入っちゃって……』
「は、はい……取ろうとしたら片方も…」
『そっかぁ…こう見事にハマっちゃったら抜けないんじゃないかな?』
「せめてファスナーだけ下ろして貰えたら…」
『そうしたら脱げるって訳ね!ちょっと待ってて』
俺は女性の足元にしゃがみファスナーを下ろそうとした。
だが、簡単に下ろせる筈のファスナーを時間を掛ける俺。
『あれ?何か引っかかって中々下りないぞ!あれ?あれ??』
しゃがみながら下から女性のスカートの中へ視線を向ける。
俺の視線に気付いたのか女性は手でスカートを覆い隠した。
「あ、あの…上……あまり見ないで貰えますか?」
『上?どうして??』
「下着が…見えちゃうので……」
『あのさぁ…人が親切にしてあげてるのに下着の事?』
『ピンクのパンティさっきから丸見えなんだけど?』
「ぇ!?」
俺の口調が変った事にオドオドと戸惑い始める女性。
『つーか、助けてやってるんだからパンティ位見せろっつーの!』
『こんな短いの履いていて見るななんて言うんじゃねーよ!!』
『自業自得なんだよ!!』
立ち上がった俺は女性のスカートを意地悪く捲ろうとする。
「やぁっ!や、やめてっ!!」
必死にスカートを掴み抵抗する女性。
俺は女性の身体に触れまくる。


投稿者:四葉 2009/12/31(木) 16:17:52 No.3015 [pc6XzLs6WSLE6]

身体を捩り、何度も手で俺を払おうとする。
『ったく、邪魔な手だな!どうせ逃げれないんだからジッとしてけって!!』
当たり前だが此処で抵抗しない女性なんて居ない。
『はぁ……仕方ないな』
俺は公園の辺りを見渡し、人が居ないのを確認した。
しゃがみ込み自分の履いている靴の紐を解き、靴から紐を抜いた。
『ほら、手ぇ貸せ!』
「ヤダッ!イヤッ!イヤッ!!」
女性は拒み、力を入れる手を掴み靴紐を結んだ。
そして手を後ろに回し、もう片方の手へも紐を巻き付け結んだ。
『ほーら、これで……立ってるだけぇ』
『後は な〜んも出来ない!何されても な〜〜んも出来ない!!』
この時、女性は身体の自由を奪われた。
「お願いします……許して下さい………」
「解いて下さい……お願いします…」
『後でな!これからが楽しいんじゃんよ』
完全に無防備と化した女性の前に立ち、来ているニットの裾をガバっと捲くった。
「ヤメテッ!!」
思わず上体を屈ませる女性。
『オイッ!そんなんじゃ見えないだろ!』
上体を揺らし胸を晒される事を拒む女性。
当然、上体を屈ませると逆に背後は・・・
俺の手は短いスカートを一気に捲り上げた。
ピンク色の艶々した下着が丸見えになった。
『あ〜あ…パンティ丸見え』
「イヤッ…」
上体を元に戻そうが晒す下着が隠される事は無かった。
丸出しになる尻を下着の上から撫で回し、頬擦りをする。
『可愛い尻が丸出しになってるぞ?』
「ヤダッ……ヤメテってば…」
『このパンティの中身は、かなり可愛くないんだろうな!』
「!?お願い…それだけは……」
腰を揺すり、肩を大きく揺らしながら許しを請い始める女性。
しかし、俺の手は一気にピンク色の下着を膝までズリ下ろした。
色白い尻がプリんと晒された。
晒した尻を撫で回すと、掌にブツブツ感が伝わって来た。
『アハハ、鳥肌立ってんじゃん!寒いのにこんな格好してっからだよ!!』
それでも俺は尻を捏ねる様に撫で回す。
「お願いですから…もぅ……」
女性の言葉を聞く事も無く、俺は目の前にある欲求の標的に釘付けだった。
隠せない股の間を覗き込み、イヤラシイ笑みを浮かべる俺。
尻を両手で開き、アナルを覗き込む。
『あ〜これはまたスゲーな……尻の穴までマン毛がボーボーじゃねーかよ?』
尻を揺すりながら許しを願ってくる。
「お願いです…許して下さい……」
閉じ気味の足のせいで女性の陰部も若干開きが悪かった。
俺は手で女性の陰部を掴み、メキメキと左右に開いた。
『可愛い顔してマンコは酷ねーな!』
女性の陰部を酷評しながら俺は指を擦り付けていた。
『あ〜あ、マン汁が出て来てんぞ?感じてるのか??』
頭を振り乱す女性。
「許して…許して下さい……」
『ったく、仕方ねーなぁ……待ってな!』
俺は女性の陰部へ向け、ペッペッと唾を吐き捨てた。
そして、辺りを確認し自らズボンを下ろし、肌寒い中ですら熱くさせているモノを取り出した。
硬くさせていたモノを陰部へ宛がうと女性は分ったのだろう。
「そ、それだけは本当に許して!お願いだから止めてッ!!」
此処まで来て止める男は早々居る訳も無く、俺は女性の中へ押し込んでいった。
「ああぁぁぁぁ......ぃゃっ...ぃゃぁ.........っ」
俺のモノは根元まで全て中へ納まった。
『足の開きがイマイチだからキッツぅ…』
女性は俺のモノをキツく締め付けてくる。
縛られる手を握っては開き繰り返している女性。
腰を前後させ、熱い塊を出し入れさせる・・・
次第に動きを早め、その塊が残像を残す程、素早く動かす。
人の居ない公園で肌と肌がぶつかり合う音が響く・・
女性の上体を反らし、胸をブラジャーから食み出させながら背後から突き刺す。
小さな胸に大きく突起させている乳首を摘み上げながら出し入れを繰り返す。
女性の口からは抵抗する言葉は発されず、悶え喘ぐ声のみが吐き出される。
「あぁ...あぁぁ......」
俺も息が荒くなり、腰の動きも鈍くなりだした。
『堪んねーッ!堪んねーよッ!!このマンコ…メッチャ気持ちぃ!!』
「んっ...んん...っ......あっあぁぁ....」
『ほら、ほらぁ。気持ちぃんだろ?正直に言ったら止めても良いんだぞ?』
「あっあっあっ...き、気持ち...ぃ......気持ちぃ...です......」
『嫌がってた割りにコレかよ!ったく好きだなぁ…』
俺は尻を強く掴み、鈍った腰に鞭を入れ素早く動かした。
「あっあっあっあっ……だめっ…だめっっ」
『はぁはぁはぁ…逝くぞ?逝くからな!!』
俺は女性の中から抜き出し、尻目掛けて射精をした。
ピュッ、ピュッッっと勢い良く放たれた精液が女性の尻に浴びせられた。
射精を終えた俺は何事も無かったかの様にズボンを履いた。
そして、去り際に一言。
『早く助けて貰えな!また俺と同じ事されたりしてな』
「え?ええ?ちょ、ちょっと……」


投稿者:あき 2010/1/4(月) 1:44:55 No.3018 [V9GoS8OiwrM]

違ってたらごめんなさい…。もしかしてひできサンですか?


投稿者:四葉 2010/1/10(日) 15:54:31 No.3019 [pc6XzLs6WSLE6]

あきサン
お返事が遅くなりすいませんでした。

えっと…内緒ですよ!(笑)


投稿者:あき 2010/1/11(月) 0:37:58 No.3023 [V9GoS8OiwrM]

あは(笑)
やっぱりそうなんですね♪話の組み立て方や文体でピンときました(^o^)

内緒にしときまーす(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.