熟女

【didaのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


熟女
投稿者:dida 2010/1/28(木) 16:37:48 No.3074 [pcj7b1WVDmsSg]

夜の仕事をしているタカシは、14時のアラームで目を覚まし遮光性のカーテンを全開にする。すぐに傾いてしまう陽の光を浴びて、カラダを入念にストレッチさせた後ランニングに出かけるのが大木タカシのいつものパターンだ。

タカシは、きのう挨拶に来た奥さんのことを考えながら走っていた。

向かいの新築一軒屋に越してきたという、吉岡夫妻が昨日挨拶にきた。サラリーマン風の旦那さんと、細身のスラッとした感じの奥さんで、二人とも40代だろう。

手短な挨拶だけなので、ほんのわずかな時間だったが、奥さんと顔を合わせた瞬間にドキッとした。大木タカシはいわゆる熟女好きだ。

タカシがハタチ前後の頃は、40代の女性というのはオバさん意外の何者でもなかったが、自分が30代となった今では、重力に逆らえない乳房、熟したカラダ、熟したエロ心も魅力に感じていた。

ランニングを終え家に帰る途中、遠くに見える吉岡宅の玄関から奥さんが出てきているのが見える。本当なら胸を躍らせるところだが、疲れ果てていたタカシは挨拶するのがダルく感じて、帽子を深くかぶり下を向いてやり過ごそうとすると、

「こんにちはー」
爽やかな声で奥さんが声をかけてきた。
(バレてるっ)タカシは、今 気がついたという素振りで疲れきった表情を笑顔にして挨拶した。昨日、ほんのわずかな時間 顔を合わせただけで、帽子を深々と被っていてもわかるものなのか・・・何かふにおちなかったが、振り返ると奥さんのデニムに張りついたお尻が堪らなかった。

部屋に戻り、仰向けになりストレッチをしながら、何気なしに向かいの家を眺めていると、向かいの3階の窓からこの部屋がまる見えになっていることに気がついた。

2階どうしの目線では、建物の構造上見えないのだが、向かいの3階からこの部屋はまる見えだった。
ひょっとして奥さん、ランニング前、ストレッチしていたのを見てたんじゃないか。それで、顔を伏せていても分かったのかもしれない。


翌日、いつものように14時のアラームで目を覚まし、遮光性のカーテンを全開にする。今日はガンガンに暖房を入れ、ランニングタイツに上半身は裸でストレッチを始めた。
いつもはウェアーを着ているが、露出男に近い発想からきているのだろう。ストレッチをしながら、さりげに向かいの三階の窓を見る。すると、奥さんがこっそりとこちらを見ていた。

やはり、思ってたとおりだ。

タカシは胸の奥がざわめくような気持ちを感じながら、ストレッチを続ける。そして、上半身は裸に黒いタイツ姿のタカシに 江頭2:50かっ!奥さんが一人でツッコんでいるのではないかと思いながらも、下半身が熱くなっていた。

タカシはストレッチをやめ、タイツを脱いだかと思うとパンツも脱ぎ捨て、裸になり奥さんから見える位置にノートパソコンを持ってきて電源を入れる。

自分のオナニーを見せるつもりなのだ。

もうすでに、半立ちの浅黒いものを左手でさわりながら、「お気に入り」に入っている「動画」を開き熟女を探す。最初に出てきた「奥さん、減るもんじゃなし!」をクリックした。

「やめて下さい! 旦那が帰ってきます ほんとですから!イヤー」
「いいだろ〜 奥さん 減るもんじゃなし・・・」
笑ってしまいそうなAVだったが、吉岡さんにかぶせて妄想しはじめる。タカシは、真面目そうだった吉岡さんを思い浮かべながら、膨らんだカリをゆっくり弄りだす。

「吉岡さん、男のオナニー嫌いですか・・見られてるからこんなに硬くなってきてます」
「そんなの見せないで・・ 困ります・・」
「欲しかったらしゃぶって下さい・・無理しないで・・」
タカシのペニスは光沢を帯びるほど勃起してきた。

向かいの3階の窓を確認すると、まだ奥さんの姿が見える。自分のオナニーを見られていると思うと、カラダがゾクゾクしすぎて思考回路がおかしくなりそうだった。


投稿者:dida 2010/1/28(木) 16:39:57 No.3075 [pcj7b1WVDmsSg]

「ハァ ハァ・・吉岡さん・・ ちゃんとシゴいてるところ見て下さい・・もっとよく見て・・ハァ ハァ・・」
マザコンのようなセリフを、タカシは恥ずかしげもなく声に出し、今までオナニーやセックスで味わったことのない悦びを感じながら、血管の浮き出たグロテスクなペニスを激しくシゴきだした。

「はぁ はぁ・・ 奥さん・・ ちゃんと見てますか・・ 奥さん・・ ぅんん・・ 逝きそう・・ 逝きそうだよ 奥さん・・・」
我慢汁のついた右手が乾くのではないかと思うくらい、ペニスを握る手を激しく上下させ、左手は背後の床を支え、脚がつりそうなくらい反らし全身が硬直しているかとおもうと、

ザーメンがいきおいよく飛び散っていく。

ザーメンを出しながらも激しくシゴく右手とペニスは、白く濁った液体で汚れてしまい、もう これ以上出るものが無いというくらいシゴいた後、ようやく右手の動きを止めた。

気がつくと、自分はもちろん、床やパソコンにもザーメンが飛び散っていた。異様な興奮の余韻にひたりながら、服を着たタカシは今すぐに吉岡さんに会いたくなり、何かいい口実はないか考える。
昨日買ってきたばかりのみかんのナイロン包装を破り、スーパーの袋に全部入れ玄関を出た。

吉岡と書かれた洒落た名刹の下にあるインターホンを押す。
「はい」
「向かいの大木ですー」
ガチャッとドアを開け、驚いた表情で奥さんが出てきた。
「田舎からみかん大量に送ってきたんで、これ良かったら食べてもらえませんか。置いておいても腐らせちゃうんで。」

「あらー すいません。それじゃあ遠慮なく頂いときますね。」
平然を装いながらも、みかんを受け取る奥さんの表情がぎこちない。タカシはそれを見て、また下半身が熱くなる。

「そういえば、うちも田舎から届いたものがあるからよかったら・・」
今までオナニーしていたかと思うと自分の家を訪ねてくるタカシを奇妙に感じながらも、近所付き合いも大切だと思ったのか、家のなかへ入っていく。

タカシも一緒に中に入っていき、ドアを閉めた瞬間に奥さんの腕をつかみ、
「おれのオナニーどうでした・・」

「エッ なに やっやめて下さい なんなんですか!」

「3階から見てたの知ってるんですよ・・ 最後まで見てたじゃないですか・・」
低い声でささやきながら、後ろから奥さんのカラダを抱きしめ耳元を愛撫しはじめる。

そして、生暖かい舌を耳から首筋に這わせていき、長いスカートをたくし上げ紫色の下着があらわにされた。
「うちの嫁より脚、綺麗じゃないですか・・堪りませんね・・」
膝のほうから伸びてくる手は、容赦なく紫のパンツを荒々しくさわりだし、

「何ですか 奥さんこれ。 こんなイヤらしい染みできてますよ・・」
湿った下着の上からクリトリスを弄りだした。

「ちょっと・・ ほんとにやめて下さい 主人に怒られますから」

「いいじゃないですか 奥さん 減るもんじゃなし・・」

しっ しまった!
さっきのAVの影響でこんな死語をつい言ってしまった。すると奥さんが「ぷっ」っと吹き出して「なに 減るもんじゃなしって!」と笑いながら、「どうせするんだったらベットにいきましょう」と、寝室に招かれた。

ベットに腰掛けると同時にタカシはキスをした。渇いていた唇が、奥さんの唾液で潤っていくのが分かる。すると奥さんがタカシを押し倒し、上になって激しく舌を絡ませてくる。タカシはこの展開に戸惑いながらも、奥さんの舌を唇で覆い唾液を吸いとった。

「大木さん 口空けて・・」かぼそい声でそう言うと、上からトロンとした目でタカシを見つめたまま唾液をそそぎこんでくる。タカシの股間は益々熱くなっていた。

「ちょっとおもちゃで遊んでみる?」
そう言ってベッドの下から箱を取り出し、中の物を全部ベットにさらけだす。そこには、手枷、足枷、バイブ、鞭、ロウソクと色んな物が揃えられている。(この奥さん、かなりのマゾだ!)そうタカシ思った。

「大木さん 好きなの選んで・・」またかぼそい声で聞いてくる。
「じゃあ手枷からにしましょうか・・」もうタカシ頭の中は、奥さんの卑屈に拘束された姿が浮かび、勃起した先からヨダレを垂らしている。

すると、奥さんがタカシの腕に手枷をつけ「大木くん こういうの好きなんだー」低い声で呟きながら、タカシの乳首をつねりだした。

(おっ奥さんSなの??)今になってタカシは気づいたが、こういうプレイを経験しておくのも悪くないなと思い、
「奥さん・・ 乳首 痛いけど感じます・・」こう言ったのが悪かったのかもしれない。

「おまえ変態だね〜 乳首つねられて感じているの じゃあもっとキツイのが必要だね〜」
大木さんから 大木くん そしておまえに変わった奥さんの表情は、目を細くして完全に逝っていた。そして、パンツを脱いだ奥さんがタカシの顔を跨り、擦りつけてきながらタカシの乳首を洗濯バサミで挟む。

激痛に耐えながらも奥さんのしげみの中を必死に舐めまわし、世にいるM男さん達を尊敬した。(彼等はこんな苦痛を快感へと変えてしまうのか・・)

奥さんは容赦なく腰を動かしながら、
「さっきみたいにシゴいているとこ見せなさいよ。おまえ見られるの好きなんだよね〜」
タカシがペニスを握った手を上下させると、さらに奥さんの腰の動きが激しさを増し、
「ぁあ〜逝きそう・・ おまえも逝っていいよ・・」といわれ、情けなくも同時に逝ってしまった。

その後、奥さんがペニバンをつけている隙に逃げるように吉岡宅を出ていった。
なんという悪夢だ・・ 見事に返り討ちにあった気分のタカシは、妻とのセックスが恋しくなりながら、みかんを買いにスーパーに行くことにした。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.