百合系の妄想のその後。

【ブルゥのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


百合系の妄想のその後。
投稿者:ブルゥ 2010/2/7(日) 11:52:29 No.3087 [pc0lPKMwjebss]


夫の出張は2週間続き…その間、沙希は毎日の様に娘の由真に調教されていた。

全裸で縛られ…放置されたり、いろいろな大人の玩具で責められ…次第に娘に屈服させられていく。

今日もまた…由真が訪ねてきていた。

「ねぇ、お母さん。今日は何して遊ぼっか?」

夕食を終え、シンクで洗い物をしている沙希の背中にぴったり体を寄せ…由真が耳元で囁く。

ピクッと体を震わせ、食器を洗う手が止まる。

「ゆ、由真さん。明日はお父さんが帰ってくるし…今日は早く寝ましょ。ねっ」
ぎこちない笑顔で…そう言った沙希だったが、下腹部が熱くなっていくのを感じていた。

「ふーん、そうなんだぁ。私ぃお母さんが泣きながら…イキます、イキますって声聞かないと寝れなくなっちゃった。きっとお母さんも同じ気持ちじゃ無いかなぁって思ってたんだけどなぁ。ふぅぅぅ」
由真は沙希の乳房を、ブラウスの上から両手で包み…耳元に息を吹きかける。

「あぁ、や、やめてっ。ダメっ」

ピチャ、ピチャ、チュッ、
由真は沙希の耳たぶを舐め、キスをした。

「そっかぁ、止めて欲しいんだね。じゃ、いーよー、止めてあげる。」

ホッとしつつも複雑な気持ちになる沙希。

「ありがとうございます」
いつしか娘に敬語を使うのが癖になっている。

しかし由真はまだ…沙希の乳房を両手で包み、優しく揉んでいた。

「由真さん、あっ、ヤメてくれるって…はぁ、はぁ」
手が濡れていて、両手が使えない沙希は…食器とスポンジを持ったまま、振り向く。

すると…
由真の顔が近づいてきて…
唇を奪われてしまう。

「んっぐっ」
ブラウスの上から、乳房を揉む力が強くなってくる。

不自然な体勢のまま…口の中で舌と舌が絡み合うと、下腹部がジーンと熱くなってくるのを感じた。

背後からぴったりと密着され、乳房を揉まれ…舌と舌が絡みつくキスをされている。

「ぐぅぅ、はぁ、はぁ、はぁ」
由真の唇が離れ、沙希は荒い息で正面を向き、持っていた食器とスポンジを置く。

「但しぃ、お母さんが濡れてなきゃねっ」
そう言うと、スッとスカートを捲り上げ…ショーツの中に手を差し込んだ。

そして…無理矢理に脚の間に手を入れ、割れ目の辺りをグッと触る。

「あ゛っ、ダメっ」

沙希は濡れたままの手で、由真の腕を掴む。

ニヤッと笑う娘。

「ふーん。びちょびちょじゃない。こんな…スケベな体のくせに、良く言えるわね。ほらっ」
沙希の目の前で…濡れていた部分を触った指を広げる。

すると、糸を引いているが見えた。

「ヤダっ。恥ずかしいぃ」

「フン。何が恥ずかしいのか、言ってご覧なさい。娘にキスされて…濡らす私は恥ずかしい体ですって!」

「あぁぁ、苛めないでぇ。許して、許して下さい」

「それにぃ、こんな濡れた手で私を掴んで!冷たいじゃない。お仕置きよ!」

(お仕置き…)
沙希はその言葉に弱かった。

夫と知り合ったSMサイトのチャットでも、お仕置き…という言葉を聞くと、体が火照り…どうしようもなくなってしまう。

「いやっ、お尻叩きは勘弁して下さい」

「だーめっ、さぁ、シンクに手を突いて…お尻せ突きだして!」

「あぁぁぁ、イヤ、イヤ、あ゛ぁぁ」
沙希はそう言いながらも、自分でショーツを太ももまで下ろすと…脚を少し開いてシンクに手を突いた。

もう、体が覚えてしまっているのだろう。

「もっと突きだして!」

「由真さん、許してぇ」

「さぁいくよっ」


投稿者:ブルゥ 2010/2/7(日) 11:54:12 No.3088 [pc0lPKMwjebss]



由真は沙希の白い尻を優しく撫で…そして…

パッチィィィン!
強烈に叩く。

「ひっぐぅぅぅ」
沙希は仰け反った。

(はぁぁ、響くぅぅ)

「すっごぉぉぃ、私の手の形に腫れてきたっ。ふふっ。」

「恥ずかしいぃ」

「もう一度っ」

パッチィィィン!!

「ぐぅぅぅぅぅ」
苦しそうに呻く沙希。

「あはっ、楽しいぃ。今日ね、面白い物持って来たんだぁ。こーれっ」
由真はポケットから、何か小さい…鉛筆キャップの様な物を取り出す。

「はぁ、はぁ、はぁ」
シンクに手を突いたまま振り返って見るが、沙希には何か分からない。

「ジッとしててぇ、動いちゃダメだよ」
由真はそう言うと…沙希の足下にしゃがんだ。

「な、何を。あぁぁ、ヤメてくださいぃぃ」

「うるさいわねぇ。脚をもっと開きなさい」
パッシィィン!

沙希は言われるまま、脚を開く。
すると…
股間の、割れ目の中…少し勃起してしまったクリトリスを掴まれ、そして…キュッと吸い出されてしまう。

「あっ、あ゛ぁぁ、な、何コレ。いっやぁぁ」
沙希はクリトリスを吸い出される感触に、戸惑い…声を上げた。

「お母さん。私が・・時間を掛けて・・いつか男の子みたいなデカクリにして、あ、げ、るっ、ふふっ」

「そ、そんなっ、イヤですっ、と、取ってぇぇ」

「うるさいわねっ。」
由真はそう言うと、二本の指をキッチリ揃えて…沙希の濡れた膣の中にジュップっと差し込んだ。
「あっ、イヤっ、ダメッ」

上半身はブラウスを着たまま、スカートを捲り上げ…下半身だけ裸でシンクに手を突いている沙希は、クリキャップをはめられたまま…由真の指を挿入されてしまう。

ジュッ、ジュッ、ジュッ、
そして…由真は膣の中で前後左右に指をクネクネ動かしながら、ゆっくりと抜き挿しし始める。

「お母さん、コレでしょ?この動きがイイんでしょ?言いなさい!ほらっ!」

「クッ、いやっ。クリが…痛いぃ。はぁ、はぁ、はぁ」

シュップ、ジュップ、ジュップ。

「ほらっ、言わないと…止めちゃうからっ」

「……だ、ダメぇぇ、ヤメないでぇ。はぁ、はぁ、イイですぅ。はぁ、も、もっとぉイシメてぇぇ、あっ、あぁぁ」

「クスッ、恥ずかしいお母さんね。良いわ。クリキャップに吸い出されたまま…イキなさい」

ジュッ、ジュップ、ジュッ、ジュップ、
沙希の愛液がツーと垂れ、台所のフローリングに垂れる。

「あっ、あっ、ソコぉぉ、イヤ。でもぅ、はぁ、はぁ、ヤメないでっ。あっ、あっ、いぃぃ」

「ほらぁ、ほらっ、クリトリスが吸われて…こんなにおっきくなってるよ」
沙希はクリキャップを指先でピシッと弾く。

「がぁぁぁ、だっめぇぇぇ、イクぅぅ」

「ハハハ、はしたないね、沙希さん、ほらっ、どんな顔でイクのか見せなさい」
由真は沙希の髪の毛を掴むと、グイッと後ろを向かせる。

「ぐぅぅ、いやぁぁ、見ないで・・イクっ、イクゥゥ」

ジュップ、ジュップ、ジュップ、
「すっごぉぃ、白目剥いて・・よだれが垂れてるよ。ふふっ」
由真はそう言うとパッと手を離し、再び…クリキャップにシッペをした。

ピシッ、ピシッ、
「ひっぐぅぅ、イクっぅぅ」
体を固くさせる沙希。

そして、
シュッ、シュゥゥぅ…

「ハハハ、また潮噴いたっ。びしょびしょねっ」

「はぁ、はぁ、はぁ、恥ずかしいぃ」

ビクッ、ビクッと体を痙攣(けいれん)させながら、肩で息をしている沙希の股間には…まだクリキャップが装着されている。

「今日から、昼間はずっとクリキャップ付けてなさい。命令よ」

「えっ、そ、そんな…酷いぃ、はぁ、はぁ」

夫よりも屈辱的に責める娘…由真。

沙希の体のマゾの炎がまた、燃え上がった。


(終わり)


投稿者:  2010/2/7(日) 13:28:08 No.3089 [I8YgZuboLkE]

こんにちわ。。
今回のも ドキドキしながら読んじゃいました。。
読んでるうちに柚も。。
(*/ω\*)


次回も楽しみにしてます
(*^_^*)




投稿者:ブルゥ 2010/2/7(日) 20:11:17 No.3093 [pc0lPKMwjebss]

柚さん、コメントありがとうございました。

励みになりますよ〜

また頑張りますっ。



投稿者:さや  2010/2/7(日) 22:15:05 No.3094 [L.PibS7z5Jc]

ブルゥさん…今回ヤバイです!!
なんだか…いろいろなところ刺激される感じでした!
もうヌレヌレですよ〜(>_<)

さすがに続きは無いかと思いますが…あるなら、期待してますよ(^^)

ありがとございました♪


投稿者:ブルゥ 2010/2/7(日) 22:54:25 No.3096 [pc0lPKMwjebss]

さやさん、コメントありがとうございます。

実は…自分が以前書いた小説の主人公に、沙耶っています。

だからドキドキしてました。ははっ。

百合系の子の設定ですっ。

それはさて置き、また…この続きとか、別の話を書きますね。

宜しくお願いします。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.