妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想
投稿者:四葉 2010/2/7(日) 18:11:11 No.3091 [pcmWI0N7A6a1Q]

何気なく散歩をしていると以前、俺が住んで居たアパートを発見した。
『へぇ、此処ってまだ残ってたんだ〜何か懐かしな』
『今って誰か住んでんのかな?』
昔、自分が暮らしていた部屋にはどんな人物が住んで居るのか気になった俺はポストが設置してある一階フロアに向かった。
『確か〜301だったよな。お!?ちゃんと住んでるじゃん!』
『後藤さんか〜♪男か?それとも女??』
住んで居る人の名を知ってしまうと今度は男女の判別をしたくなった俺はポストの中にある郵便物の氏名を見ようと隙間を覗き込んだ。
『くっそぉ、全然見えねーッ!』
夢中になって中を覗き込んでいると俺の背後から女性が声を掛けて来た。
「あの…家に何か?」
予期せぬ呼び掛けに俺は驚き後ろを振り向くと、そこには可愛らしい20前後の女性が立って居た。
『え、いや…チラシを配ってた所で……』
俺が咄嗟に出してしまった言葉に女性は怪しんだ目で俺を睨み返す。
「何のチラシですか?」
当然、俺がチラシなんか持っている筈も無く、俺からこの場を逃げ去ろうとすると余計に怪しまれてしまう。
何とかして女性の方から去らそうと俺は考えた。
『実を言うと新聞なんですが…』
大抵の人が、避けたくなる勧誘を口にした。
「新聞?ごめんなさい、これから仕事なんでまた今度にして貰えます?」
女性はそう言い、俺から逃げる様に早足でこの場を去って行った。
『ふぅ……危かったぁ…それにしても可愛い子だったなぁ』
『俺が住んで居た所にあんな可愛い子が…♪』
『そう言えば〜此処のスペアキーってまだ持ってたよな…』
俺はキーケースを開き、ジャラジャラと数ある鍵を広げた。
『お、あったあった。これこれ♪』
此処を引っ越す時にマスターキーは返却したが、その時に作ったスペアキーを所持したままだった。
『……………まさかな!普通、鍵は変えるよな』
本来、家を引払うと鍵は返却、そして変更するだろう。
が、そこで俺はもしかしたらと疑念を抱いた。
半信半疑で3階へ向かい、自分が住んで居た1号室の前で立ち止まった。
周囲を見渡し、鍵穴へ所持していたスペアキーを刺し込んだ。
そして捻ると、ガチャ・・・・・。
『嘘だろ…マジで!?』
静かにドアノブを捻ると、驚く事に扉が開いたのだった。
恐る恐る扉の隙間から中を覗くと、玄関には一足の靴も見当たらなかった。
俺は再度、周囲を見渡し思わず家の中に足を踏み入れてしまった。
『ヤッベぇ…入っちゃったよ!どうしよ……』
先程、偶然にも顔を合わせてしまった女性が住んで居る家に、俺は不法侵入と呼ぶ罪を犯してしまった。
俺の鼓動は早まり、心臓がバクバクと音を立てる。
しかし、これは罪の意識から来た物では無く、完全なる興奮から来る物だった。
1Rの部屋は玄関からでも見渡せた。
そして、俺の目線は室内に干されている女性の洗濯物に向けられた。
玄関に立つ俺は扉の鍵を閉め、靴を脱ぎ中へ入った。
歩く俺は自分の住んで居た部屋の懐かしさなど微塵にも感じる事なく、干されている洗濯物へ一直線に足を運んだ。
『あの子のパンティーだ♪』
吊るされているピンク色のショーツに触れると洗ったばかりだったらしく、濡れていた。
『他にはどんなパンティー履いてるんだろ?』
俺はベッドの真下に並べ置いてある籠に気付き、それを引っ張り出した。
すると、籠の中には小さく丸められている女性の下着を発見した。
黒や赤など色の濃い下着は一切無く、春を思わせる下着ばかり納まっていた。
丸めてある下着を広げてみては鼻を近付け臭いを嗅ぐ。
『顔と一緒で可愛いパンティ履いてるんだな♪』
中には洗って落ち切れていない染みの残るショーツもあった。
『ああ…此処にあの子のアソコが……』
そんな事を考えていると自然と鼻息も荒くなってしまう。
ブラジャーを手に取り、サイズをみてみた。
『A70…Aカップかぁ……胸まで可愛いだ♪』
拳を作った手をカップの内側へ押し込み、外側から手を沿え揉む仕草をしてみる。
『ああ…堪らない。どんな乳首してるんだ?アソコはどんなんだよーッ!気になるぅ』
そして俺は、女性のショーツを握り締めながら硬くさせてしまったモノを鎮める為に扱いた。
ベッドに横たわり、枕に残る匂いを嗅ぎながら射精に逝きついた。
勿論、握り締めたショーツに吐き出し、拭き取った。
自分好みの可愛い女性が1人で暮らす部屋での自慰行為は最高に興奮した。
俺はこの日を境に女性が出勤するのを見計らい、数日間女性の家に足を運んでは下着を物色し自慰行為を済ましていた。
だが、一度たりとも女性が脱ぎ終えた下着を見る事が無かった。
何故なら女性が朝に洗濯をしてしまい、俺が来た頃には全て洗ってしまうからだった。


投稿者:四葉 2010/2/7(日) 18:13:39 No.3092 [pcmWI0N7A6a1Q]

俺はどうしても脱ぎ終えた下着を見て、手にしたくて仕方が無かった。
そうする為に出した答えが夜の浸入だった。
女性が寝静まれば洗濯機の中には一日履いた下着がある筈。
深夜になり、再び女性宅へ足を運んだ。
そして、当たり前に持っているスペアキーで鍵を開けた。
ゆっくり、そして静かに扉を開き俺は願った。
『頼むっ!チェーンロックしてないでくれよ……』
徐々に扉を開いて行くと、チェーンロックはされては無かった。
『か、神様ありがとう!』
玄関にある靴が一足だけなのを確認し俺は息を殺して中へ侵入していった。
微かに女性の寝息が聞える中、俺は洗濯機へ足を運んだ。
洗濯機の中を覗き込むと上に洗濯用ネットがあった。
迷わずネットを取り、中身を取り出した。
『あった♪』
薄暗くて色や形はよく分らないが、俺は取り出したショーツを一杯に広げた。
そしてクロッチに被り付く様に鼻と口を押し付けた。
『スーハー、スーーーハーーーーー。た、堪らない……ああ、何て強烈な臭いなんだ』
俺はショーツを頭から被り天井を仰ぎながら息を何度も吸い込んだ。
女性が残した匂いに酔いしれる俺のモノは脈打ちが止まらない。
触れてもいないのに、膨らんだ先までもが天井を仰いでいる。
痛くて痛くて我慢できなくなった俺は、硬く反り立ったモノをズボンを下ろし露にさせた。
ベッドで眠りに付く女性の方を常に意識しながら露にさせたモノを握り締めた。
今、俺は下着を頭から被りながら扱いている・・
その持ち主を眺めては大きく息を吸い込み扱いている・・・
『はぁはぁはぁ…堪らないよ……臭いも君も堪らないんだよ……』
俺の手は残像が現れる程に動きを早め、更に刺激を高めた。
立った状態で、膝を折りシュッシュと扱き自らの手で快楽を得ていた。
『はぁは…だ、だめだ。逝っちゃうよ……こ、今度はブラに出すからね』
ネットの中からブラジャーを取り出し、ブラジャーを先端に近付けながら扱いた。
『ほら、ほら出ちゃうぞ!今夜は沢山出そうな気がするんだ。はぁはぁ…』
そして俺はブラジャーのカップ目掛けて射精をした。
目には見えないが、相当な量の精液が吐き出された感覚があった。
『はぁはぁ…たっくさん出たよ。ふふふ…』
そしてネットから取り出した下着を元に戻し、眠り続けている女性に向け
『明日の夜も来るからね。楽しみだな♪』


そのまま寝込む女性へ夜這いすると思った方はゴメンなさい(笑)
最近〜性欲が低下してるんでこんなもんです(汗)
寒いと昔からダメなんです・・・


投稿者:さや (sayakachan)  2010/2/7(日) 22:24:29 No.3095 [L.PibS7z5Jc]

こんばんは〜(^^)

グロいというか、リアルですね。もしもその女性が私だったら…なぁんて考えちゃいました(>_<)

実際されるのは…まぁ嫌ですけど…いろいろドキドキですよね(笑)

私のこと、もっとしりたいですか!?…だったら…ふふふっ(^^)


投稿者:あき 2010/2/8(月) 0:43:42 No.3097 [V9GoS8OiwrM]

四葉サンo(^-^)o

こんばんは!
毎週日曜のお楽しみです(笑)いつも『今回の妄想はどんなのだろう?』と、胸を踊らせています(o^-^o)
性欲減退中ですか?やはり夏のがムラムラするんですか?(笑)


ちなみにあたしはそんなに下着の種類無いですよ(笑)黒の総レースは大事な勝負下着です(笑)
せっかく四葉サンに報告するオナニーだったので、特別に使用しました☆(笑)


投稿者:四葉 2010/2/11(木) 11:26:19 No.3101 [pcmWI0N7A6a1Q]

さやサン。
だったら・・・なに?
ふふふって〜なになに??
教えてくれよーッ(笑
唯、さやサンに人妻のイメージは無いんですけどね。

あきサン。
日曜のお楽しみにしてくれて嬉しいですね♪
が、休日の楽しみは彼氏にしてあげて下さいね!(俺って紳士…笑)
性欲とか性行為は冬より夏の方が〜ですね。
黒の総レースは勝負下着でしたか。
今回は勝負オナニーって事で使用してくれたんですね(笑
勝負下着は一枚だけですか?
だったら勝負が多過ぎるとヨレヨレになっちゃいますね!笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.