待望の?↓の続きです

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


待望の?↓の続きです
投稿者:四葉 2010/2/28(日) 12:45:28 No.3114 [pc1jwarG1jFoM]


友達である達也の彼女、明菜を抱く!否、奪う計画を打ち立てた。
まずは、達也が目を覚まさない事を願って10時を過ぎるのを待った。
その間に俺は達也の携帯電話から明奈の電話番号とアドレスを自分の携帯電話に転送した。
時計が10時を回り達也はまだ起きそうになかった。
俺は早く、早くと時計ばかりを気にしていた。
何故、俺が10時に拘るかと言うと〜それは携帯ショップが開店する時間だったからだ。
これは明菜に少しでも怪しまれない為に重要な時間帯なのだ。
そして時刻が10:30分になった頃、俺は自分の携帯電話から明奈に向け1通のメールを送った。
【おはよー。昨夜は気持ち良く逝けて今頃ぐっすりかな?】
【あれから携帯をトイレに落としちゃってさ】
【今、慌てて携帯買い換えたとこでさ】
【新しいアドレスと番号はこれね!登録し直しておいて】
明菜に送りつけた新しく変ったと言うアドレスと番号は俺の携帯電話のものだった。
そして、達也の携帯電話から明菜に関する通話履歴、メール履歴、最後に明菜のメモリーまで消去した。
俺は達也の携帯電話から明菜の情報全てを消滅させた。
これで達也は自分から明奈へ連絡を取る事は出来なくなった。
後で達也がどんなに騒いだ所であの酔いでは記憶には無い筈だ。
幾らでも嘘を並べられると俺は確信していた。
順調な滑り出しで、俺のシナリオを運ぶ。
寝ている達也を起こし、何事も無かったかの様に接した。
目を覚ました達也は携帯電話をコートのポケットから取り出し何かを確認していた。
きっと明奈からのメールを確認したのだろう。
この時、俺の心臓は激しく鼓動を始めていた。
当然だが明奈からのメールが無く達也は直ぐに携帯電話をしまい、時計を見て慌ててバイト先に向かった。
達也が俺の家を出て直ぐに、明奈からのメールが俺の携帯電話に受信された。
【おはよ♪携帯落としちゃったんだ?可愛そーーっ】
【アド変了解しました〜あ、昨日は凄く気持ち良くグッスリだったよ(照)】
【今までの達也と雰囲気が違うんだもん。超感じちゃった♪】
明菜からのメールを読みながら俺は笑いが止まらなかった。
これで言える事は、明奈は俺を達也だと完全に思い込んだ事。
そして、明奈と本当の彼氏である達也の連絡は完全に閉ざされたと言っても良いだろう。
この後、バイトが休みな俺は目覚めた明奈へ写真の撮影を命じた。
明奈は俺の指示通り、恥じらいながらも過激な写真を撮り、俺へ送って来た。
数日間こんな騙し行為を続けていると、一向に明菜から連絡の来ない達也から話があった。
「あのさ〜彼女から全然連絡来ないんだよ…」
「で、俺の方から連絡しようと思ったらアドレスとかが無くなっててさ…」
『んー…確か、お前この間飲んだ時に大声で叫びながら消してやる!とか言ってたぞ?』
「え!?」
『俺は冗談だと思ってたけど〜消しちゃったんだ?』
「幾ら探しても何処にも無いんだよ!アイツ確か明日こっちに帰って来る筈なんだけど」
『明日帰って来るんだ?じゃぁ、今日当たり向こうから連絡してくるんじゃん?』
俺は明奈が明日、こっちに帰って来る事は百も承知だった。
毎日、毎晩、達也に成り代わり俺が連絡取っていたからだ。
達也はこのショックを隠せず、トボトボと肩を落し帰って行った。
そして、日は変り明奈が帰省する日が訪れた。
事前に連絡を受けていた俺は駅まで明奈を迎えに行った。
何度も送られて来た明奈からの写真のお陰で顔は完璧に覚えた。
到着予定の時間になり、駅の改札口で待っていると明奈らしき人の到着。
知らされていた服装と顔で直ぐにあれが明奈だと言うのが分った。
改札口を出てキョロキョロと見渡す明奈。
きっと、達也を探しているんだろう。
俺は空かさず明奈へメールを送った。
【悪い、急にバイト入っちゃってさ。まだ仕事してて抜け出せないんだよ】
【友達を変りに向かわせたから少し時間を潰しててくれる?】
メールを送信してから暫く経ってから、俺は1人ポツンと立つ明奈に向かって声を掛けた。
『あの…○○明奈さんですか?』
「は、はい。そうですけど…」
『俺、達也の友達で斉藤と言うんですけど〜達也から聞いています?』
「あ、さっき来ました。何か忙しくて迎えに来れないって…」
『最初、俺が替わろうか?って言ったんですけどアイツ変な所が真面目だから…』
「そうですか……」
『取合えず〜達也が終わるまで何処かで待ってません?』
「すいません。何か初めてお会いする方にご迷惑を掛けちゃって…」
実物で見た明奈は写真で見るより相当に可愛いく、俺より年上か?と思わせる容姿をしていた。
背が小さく、コートをパンパンに張らせている胸が妙に目立った。
明奈を近くのコーヒーショップに連れ、来る筈も無い達也を待つ事にした。
達也は今、明奈が帰省した事すら知らない。
その明菜が俺と2人きりで会っている事すら知らない。
そして、明奈は達也が迎えに来ると未だに思っている。
俺は焦らず慎重になりながら、他愛も無い会話をしながら時間を潰す。
「斉藤さんって大きいですよね、何かしていたんですか?」
『ずっとラグビーをね…他にも大きい所あるよ?(笑)』
「もぉ(笑)私には達也ので満足してまーす♪」
「それにしても遅いですね…私、彼が迎えに来ないと止まる所ないんですよ」
『あらら…じゃぁ俺ん家にでも泊まる?(笑)』
「それは〜ダーメっ♪私、これでも彼にベタ惚れなんですから(笑)」
『ハイハイ(笑)俺、ちょっとトイレ行ってくんね』
俺はトイレに向い、鏡に向かって思わずガッツポーズをして喜んだ。
今の所は順調に俺の描いたシナリオ通りに事が運んでいたからだ。


投稿者:四葉 2010/2/28(日) 12:46:43 No.3115 [pc1jwarG1jFoM]

用を足し、明奈の元へ戻ると明奈は俺を不信な目で見つめて来た。
「どう言う事ですか?」
『ん?何が??』
明奈は携帯電話を持ち、電話を掛けた。
すると、テーブルに置いたままの俺の携帯電話が鳴り出した。
ディスプレイには明奈と名前が表示された。
「どうして斉藤さんが彼の携帯を持ってるんですか?説明して下さい!」
『あらら………………ミスっちゃったな…』
『んー、説明ね、これで説明つくかい?』
俺は自分の携帯電話を操作し、明奈が送り付けて来た数々の羞恥写真を表示し、明菜へ突き出した。
「ど、どうして!?そ、それを……」
『どうしてって〜自分から俺に送って来たんじゃん(笑)』
「わ、私…斉藤さんになんか送っていません!」
明奈は混乱し始めた。
「な、何が何だか……え!?ええ!??」
『んーーー。要するにぃ俺が偽達也を演じてた訳だ(笑)』
「何?偽??じゃぁ達也は?」
『今こうして俺と会って居る事も、この写真の事も何も知らずにバイト中〜〜〜(笑)』
『携帯握りながらオナって喘いでいた事も知らな〜い(笑)』
「そ、そんな事って………」
『この写真〜一生懸命バイトしている達也に送ってみようか?どう反応するだろうなぁ…』
「ダ、ダメッ!ヤメテッ!!」
『相当落ち込むだろうなぁ…ずっと明菜から連絡が来ないってイジケてたもんなぁ』
「お願いだから言わないでッ!送らないでッ!!」
『幾ら待ってても達也は来ないよ?こんな場所さっさと出て落ち着いて話せる場所に行こうか?』
「で、でも…」
『此処で俺とバイバイしたら知らないよ?この写真〜達也だけじゃ済まないかもよ?(笑)』
顔を一気に青ざめさせた明奈の腕を掴み店を出た。
近場のホテルを見付け、中へ連れ込もうとしたが明奈は頑なに拒んで来る。
『もう一度だけ言うけど〜良いの?』
力無い頭を横に振り、明菜は俺に連れられホテルの中へ入った。
ホテルの部屋に入ると、俺は空かさずソファーにドンと腰を降ろした。
俺と距離を置いて荷物を持ったまま俺の前に立ちすくむ明菜。
無言の状態で立つ明菜に事の説明をすると、明菜はその場で崩れ落ちた。
『で、どうする?俺が達也に話して写真を見せても良い?』
『もしかしたら達也と俺を間違えてと言えるかも知れないけど?』
『まぁ、普通〜何日間も間違える訳ないよな?電話で何度も声を聞いている訳だし…』
『それとも俺を口止めしてみる??』
「………………………アナタを口止めする方法を教えて下さい…」
『そんなに達也には知られたくないんだ……ふ〜ん、泣かせるねぇ』
『取合えず!その着ているもん全部脱いでみ、話はそれからだ』
明菜は静かに俺に背を向け服を脱ぎ始めた。
『なに背中向けてんだよ?こっち向けよ』
既に服を脱ぎ終えた明菜は下着姿のまま俺の指示に従い正面を向いた。
『電話とメールじゃ俺の指示にちゃんと従ってたろ?今も同じなんだよ!』
『ほら、まだ残ってるのあるだろ!それも脱ぐんだからなッ』
振り向いた明菜の大きな乳房が黒いブラジャーを一杯に張らせていた。
明菜が手を背に回しブラジャーのホックを外すと、開放された重たい乳房がズドンと垂れ姿を現した。
『写真で見るより迫力あんな〜その身長でその大きさはマズいだろぉ…』
『達也も良いもん手に入れたよなぁ…あ、俺もか?(笑)』
「…………………」
明菜は無言で胸を腕で覆い隠した。
『下も早く脱げよ!』
胸を覆い隠しながら片手で揃いの黒いショーツをズルズルと降ろし脱ぎだした。
元々綺麗に処理された陰毛が更に丁寧に処理されていた。
『今日の為にもしかして手入れして来たとか?嬉しいねぇ、その心使い(笑)』
明菜は全裸になると手は胸と恥部を隠しながら無言で俺の前に立つ。
『さてと…こっち来いよ!』
俺は手招きをして明菜を呼び込んだ。
足をする様にゆっくりと俺の前へ明菜が近寄って来る。
座る俺の膝の前に来ると明菜は立ち止まり、視線は俺からそらす様に立った。
ソファーに座りながら俺は目の前に立つ明菜の片足を持ち上げ、ソファーの上に乗せた。
そのまま明菜の腰をグっと引き寄せると、明菜の恥部が丁度俺の目前にやってきた。
『あ〜あ。普通、初めて会った男にオマンコ突き付けるかぁ?(笑)』
「…………………」
目の前にある明菜の恥部を両手を伸ばし弄り始めた。
処理された陰毛の邪魔が無い明菜の恥部は、とても弄りやすかった。
小さ目のヒダを開いては閉じ、何度も開閉させた。
締まりの良さそうな小さな膣口をポッカリとさせ、そこから僅かに透明な汁を滲み出す明菜。
『あれぇ?もしかして濡れて来てんじゃん!もう感じてるの?好きだねぇ(笑)』
「ち、違います……」
明菜が否定したと同時に俺は指を付きたて明菜の中へ押し込んだ。
「あっ.........」
『簡単に指入ったけど〜濡れてるからじゃないの?』
「ち、違います……」
俺は座りながら押し込んだ指をゆっくりと出し入れさせる。
「んっ...んん......っ」
乗せた片足を微妙に震わせ、腰を小刻みに揺らす明菜は声を出すまいと唇を噛み締めていた。
『気持ちいんだろ?声出せば良いのに…』
「そ、そんな事……あっ…」
『俺の指は太いだろ?その辺の短小野郎より断然良いだろ?』
俺の指は確かに太く、見る人が皆同じ言葉を吐いていた。
その太い指先を明菜の中に押し込んでは掻き回す。


投稿者:四葉 2010/2/28(日) 12:48:06 No.3116 [pc1jwarG1jFoM]

そんな行為をしていると明菜は俺の座るソファーの背もたれに両手を伸ばし体重を預けて来た。
俺の視界を完全に塞ぐ大きな胸が目前に現れた。
俺は明菜の恥部を弄りながら目の前にある迫力のある乳房を掴み、揉みだした。
柔らかく弾力の強い明菜の胸は様々な形に変化する。
胸を強く明菜の顔に目掛けて押し上げる。
『自分で舐めれるだろ?写真でも見せてくれたもんな!』
俺が押し上げた乳房に明菜は首を傾け黙って舌を伸ばしだした。
小さく突起させた乳首に伸ばす舌先を使い自分で舐め始めた。
明菜の乳首は自分の出す唾液で艶々とした光を放ち出した。
『自分で自分の乳首を舐める女なんて俺は初めてだよ…』
「んっ..んんっ......」
明菜は自分で乳首を舐め、俺は片方の乳首に吸い付き舐める。
その内、明菜の恥部に突き刺してある指先には溢れ出す恥汁が伝い垂れて来た。
『ビショビショになってんぞ?』
「………………んっ…んっ……」
明菜は俺の言葉に耳を傾ける事なく自分の胸に吸い付いていた。
そんな明菜の中から指を一旦抜き、明菜の身体を引き離した。
「!?」
俺は座ったまま足をガバっと開いた。
『ほらッ!ほらぁ!!何ボサっとしてんだよ?分るだろ?』
明菜は座る俺の足の前で膝を付き、俺の履いているズボンのベルトを黙って外しだした。
ゆっくりと俺の履いているズボンを降ろし、下着を降ろした明菜は一瞬動きを止めた。
下半身を露にした俺のモノに明菜の表情は大きく変化した。
『俺のどうだ?』
「お、大きいです…それも凄く……」
『だろ!ほら、俺を口止めするんだろ?どうすりゃ良いか分るよな?』
明菜は俺のモノを平手で支えながら舌を上から下へと往復させ舐めてきた。
そしていざ、口に含もうと俺のモノを咥え込んだが半分も押し込めない。
無理に頭を押さえ付けると直ぐに咳き込み苦しそうにする明菜。
『ったく、どいつもこいつもまともにフェラしてくんねーのかよ!』
『もう良いから、さっさと入れてくれ!こんなんじゃ口止めにもならねーぞ?』
「そ、それは困ります……」
明菜は座る俺に跨り、突き立てている俺のモノを掴み自ら中へ押し込もうと腰を降ろしてきた。
「ぃ...っ......」
中々入らない明菜は何度も腰を浮かしては降ろす行為を繰り返している。
『なにしてるんだよ?さっそと入れちまえよ!』
「あ、あの…無理です……」
『はぁ?』
「大きすぎて中々……」
『仕方ね〜なぁ…』
俺は明菜を抱き抱え、ベッドに向かった。
ドンっと明菜をベッドに投げ捨てると両足を大きく開き、硬くなったモノを押し付けた。
「やッ!む、無理ですそんなの…」
『煩せーッ!黙ってろ!!んなの入れちまえば慣れんだよ!』
確かにキツかった。
が、俺は何度も唾を塗っては押し込む事を繰り返していると先端が微かに膣口へめり込んで行った。
「いっ、痛っ.....ぃ」
俺の挿入に目を瞑り、歯を食いしばる明菜。
そして亀頭が完全に明菜の中へ押し込む事に成功した俺は更に奥を目指した。
「あ゛ぁ゛ぁ゛ーーーーっ゛...ヤ゛メ゛デ......ぃ゛っ゛」
明菜は絶叫し始めた。
太さはあるが、長さが著しい俺のモノは何とか根元付近まで明菜に押し込めた。
ゆっくり動かそうとしても明菜は喘ぐ事をせず絶叫するか黙って痛みを堪える始末だった。
俺は明菜との不一致で不覚にも早々と射精をしてしまった。
それから時間を置き、再び明菜への挿入を試みた。
2回目と言う事もあって始めと比べ、幾らか楽に挿入へ辿り付いた。
明菜も初めより大きな声で叫ぶ事はしなかった。
ゆっくりと明菜の中を出し入れさせた。
まだ痛みを訴える表情を見せる時はあったが、お互い慣れた感じがした。
俺は挿入を試みながら明菜の膣口を広げようと出し入れしながら横に揺さぶっていた。
明菜の小さなヒダが俺の太いモノをしっかり押さえ込む。
引く度に捲れるヒダ、押し込む度に中へ埋まろうとするヒダ・・
俺は挿入部を覗きこみながら徐々に出し入れする早さを速めた。
「あっうぅっく…んあぁぁ……っ」
明菜も次第に声を悦ばせて来た。
『はぁはぁ、俺の…どうだ?』
「凄く…凄く大きい……です」
『大きいチンポは何て言うんだ?』
俺は出し入れをしながら明菜へ問い掛ける。
「あぁっあぁ……わ、わかりません」
『教えてやるよ!デカチンポだ!ほら、言ってみろ』
「い、言えません…そ、そんな言葉私には言えませんっ...あっぁぁぁ」
『まだ俺の言葉に従わないつもりか?』
「デ……デカチンポ…デカチンポですっ!あっん、あぁぁぁぁぁ」
俺のモノに慣れた明菜は悦び喘ぎだす様にまでなった。
子宮を大きなモノで与える深い刺激が明菜を絶頂に到達させた。
はぁはぁ、と大きく息を吐き出しベッドの上で大の字になる明菜。
まだ、射精に到達していなかった俺は一度、明菜の中から抜き出し携帯電話を取りに向かった。


投稿者:四葉 2010/2/28(日) 12:50:14 No.3117 [pc1jwarG1jFoM]

携帯電話を持ったまま、まだ呼吸の整わない明菜に挿入をし始めた。
すんなりと俺のモノを受け入れられる様になった明菜の膣口。
「ま、待って!まだ……あっあぁ…ま、まだ……」
今度は初めから素早い出し入れを繰り返す。
明菜の大きな胸が縦にブルんブルんと揺れ動く。
縦に揺れ動いていた胸が、俺の挿入に合わせ自然と円を描く様に動き出した。
そして俺は持ち出していた携帯電話を手にし、電話を掛けた。
「あっあぁ……そ、そんなに激しくしたら…………!?」
『もしもし?あ!俺だけど〜今どこ?ふ〜ん、今日大変だった?』
『うん、うん。ん?俺??俺は〜ホテル(笑)』
『良い女GETしてさ〜今、してっとこ(笑)』
『アハハ悪い悪い。で、彼女から連絡来た?』
『そっかぁ…もう無理かも知れないな。もしかしたら彼女〜男出来たかも知れないな…』
「!?」
『まぁ、直ぐに忘れろとは言わないけど〜溜まったら俺に良いな!』
『今ヤッてる女は好き者でさ〜今度、お前にも紹介してやるよ(笑)』
『聞えるだろ?喘ぎ声…ちょっと待ってな。もっとちゃんと聞かせてやるから(笑)』
『ほら、聞かれるの好きだろ?』
俺は携帯電話を明菜の耳元に押し付けた。
「な、何?誰に電話してるの?」
【もしもし?ごめんね、アイツが変な事しちゃって……あ、俺〜達也って言います】
「う、そ……た、達也!?」
『ほらほらぁ、ちゃんと声聞かせてやれって〜』
俺は力強く明菜の中へ押し込んだ。
「あっあぁぁ…や、止めてっ……」
【ねぇ、今どうされてるの?】
明菜は携帯電話から聞える彼氏、達也の声に涙を浮かべ出した。
涙を流しながらも俺の挿入に身体は反応し、声が漏れる明菜・・・
一旦、明菜から携帯電話を離し俺は達也と会話した。
『どうだった?アハハ、あまり喘いで無かったって?』
『悪い悪い、突きが甘かった様だ(笑)』
俺は目にも止まらぬ速さで明菜の中へ向け出し入れをさせた。
「あっあっあっ…止めて……電話なんてしないで…」
『ほらぁアイツに今、何が入ってるか言ってやれよ?教えただろ、さっき』
「嫌、嫌ッ!」
『このまま話しちゃう?』
「だ、駄目ッ!」
明菜は俺の口が滑るのを恐れたのか俺から携帯電話を奪った。
「も、もしもし……た、達也…………さ、ん…」
「い、今…入れられてるんで、、す」
【何を入れられて?】
「っくぅ……デ、デ、、、デカチンポを入れられてるんです…」
【デカチンポ?】
「は、はい…大きなオチンポが、わ、私のオマンコに入ってるんです…」
俺は小声で明菜に耳打ちをした。
「今までに味わった事のないオチンポが私、私を刺激して来るんです・・」
明菜の涙は枕にまで伝わる程に流れていた。
泣きながらも俺の挿入に応えてしまう明菜・・・
俺の指先が挿入をしながらクリトリスへ刺激を与えると明菜の声は甲高くなった。
「あッ、だ、だめッ……」
【駄目って?】
「やっ、ぁ...そ、そこも弄っちゃ......あっあっあっ逝っちゃ...ぅ」
「ヤメっ、ヤメっ.......逝っ..ちゃ...ぅぅっ......」
【ねぇ、逝っちゃったの?】
「はぁはぁはぁはぁはぁ……は、は、、ぃ」
【そっか。良かったね♪凄く興奮しちゃったよ】
「……………………」
明菜は彼氏の達也へ性行為に措ける声、そして絶頂を迎える瞬間の声を聞かせてしまった・・・
それも、彼氏では無い男に受けた挿入によって・・・・・・
自分から電話を切った明菜の流す涙は枕を大きく湿らせていた。
『彼氏の声を聞きながらの感想はどうだった?あ、元彼か(笑)』
「酷い……こんなの酷すぎる…」
『つか、俺〜まだ逝き足りないんだよねぇ…』
それから俺は明菜を数回に渡り抱いた。
泣き拒む明菜を押さえ付けながら抱いた。


いやぁ、長かったですね・・・
最後まで読んでくれた方、いましたら本当にご苦労様です(笑)
しかしぃ、何だか可愛そうな・・・・・・


投稿者:さや  2010/2/28(日) 15:15:15 No.3118 [L.PibS7z5Jc]

待ってました、四葉さん。
まさか彼女を奪うとは…
でもでも、実際にこんなことされたら妄想の彼女の様に行動をするかもな〜って思いました(笑)

可哀想ではありましたが…ハラハラドキドキ…結構ワクワクなお話で満足ですっ!!
ありがとございました♪


投稿者:四葉 2010/2/28(日) 17:09:57 No.3119 [pc1jwarG1jFoM]

さやサン
早速のお返事ありがとう御座います。
同じ様に行動しちゃいますかね?
些細な弱みが大きな弱みに変わってしまう事ってあると思います。
その弱みに付け込むのが男!そして俺!!なんちて(笑


投稿者:あき 2010/2/28(日) 23:37:10 No.3120 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(^^)

お久しぶりです☆
続き、待ってました(>ε<)期待以上です♪
これは続きは無いのでしょうか…??
この後どうなったのか気になります〜(>_<)

また新作待ってます!


投稿者:四葉 2010/3/5(金) 23:23:38 No.3121 [pc1jwarG1jFoM]

あきサン
実を言うと〜続きがあったりもするんです(笑
一応ですが彼と結ばれる事になります。
それはそれで期待外れになっちゃうかな?
明日は呑みに行くので、日曜に書けるかは微妙です・・・
それまで首とビラビラを長く〜伸ばしてお待ち下さいな♪



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.