更に↓の妄想の続きです

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


更に↓の妄想の続きです
投稿者:四葉 2010/3/14(日) 10:54:05 No.3122 [pc1jwarG1jFoM]

ホテルで一夜を過ごした後、俺は明菜を帰す事なく自宅に連れ込んだ。
昨夜あれだけ明菜の中を犯し続けたにも関わらず俺の性欲は収まる事を知らなかった。
未だに拒もうとする明菜を力ずくで動きを封じ開放された膣に向け、俺の性欲の塊を突っ込む。
俺の大きさに馴染んでしまった明菜は嫌がる言葉を吐き出しながらも、出し入れをする度に喘ぐまでになった。
明菜の心は、まだ彼氏である達也に向けられている様だった。
しかし身体は着実に俺に感じ、俺を求めだしていた。
明菜の身も心も俺に染め上げる為に1つ施しを試みた。
絶頂に達し疲れ果てている明菜から離れ、俺は洗面所へ向かった。
そして戻って来るなり明菜の身体を仰向けにさせ、股の間に身体を突っ込み足を強制的に開かした。
「!?」
意味も分らず自然と足を閉じようとする明菜の太腿と膝を押さえ付けながら用意してきた髭剃り用のシェービングムースを明菜の陰毛に吹き掛けた。
『折角、綺麗に処理してきたの悪いけど〜これ要らないわ』
「え?や、やだ…」
『動くなって!この飛び出しているクリトリスがスパっといっちまうぞ?』
ジョリジョリと陰毛を剃りあげる音と共に整った陰毛が形を失い、姿を無くしていった。
剃毛を終え拭き取ると、情けなく、そして卑猥な陰部が姿を現した。
『あ〜らら、綺麗なオマンコになっちゃったよ(笑)』
「・・・・・・・・・・・」
『この方がお前に似合ってんぞ(笑)』
明菜は俺へ言葉を言い返す事なく黙り込んでしまった。
すると俺の携帯電話が鳴り出した。
『あ、もう着くの?随分と早いじゃん。さては〜ヤル気満々?(笑)』
『そうそう、彼女はお待ちかねだぞ♪へへ、じゃ、また』
俺の電話のやり取りで何か不信感を感じたんだろう。
明菜は俺に質問をして来た。
「誰か…来るの?」
『ああ、達也がね』
「えっ!!達也!?嘘でしょ?どうして達也が此処に?」
『昨日、お前が寝ている間〜達也に聞いたんだよ』
「き、聞いたって何を?」
明菜は動揺を表に出していた。
『電話で声を聞いた女とヤリたいか?ってさ。そしたらアイツ〜即答だよ(笑)』
「ど、どうして…どうしてこんな酷い真似するの?」
「私…私、貴方に何かした?昨日初めて会ってこんな事……」
『んーー、何でだろ?(笑)でも、安心しな!顔出しはNGって言ってあるからさ』
すると玄関先からピンポーンと呼び出し音が鳴り出した。
『おっとぉ、もう来ちゃったよ』
混乱した明菜は慌ててベッドの上から飛び降り、全裸のまま狭い部屋の中をウロウロとし始めた。
「ど、どうしよう……どうしたら………」
俺は立ち上がり、ベッドの下に転げ落ちていた明菜のショーツを拾い、ポンっとベッドへ投げ捨てた。
『それでも被れば?顔隠せばバレないだろ?パイパンなんだし(笑)』
そう言い残し、俺は達也の待つ玄関に向かった。
玄関の扉を開け、玄関で達也とその場で少し話しこんだ。
明菜への時間稼ぎ、そして逢えて声が聞える様に大きめな声で・・
『もう向こうでスッポンポンになって待ってんぞ(笑)』
『ほ〜んと、見せたがり屋で好き者なんだって〜もう相手すんの大変だよ…』
『で、大丈夫なのか?まだ…あの彼女と正式に別れた訳じゃないんだろ?』
そろそろかと思った俺は明菜の待つ部屋に達也と向かった。


投稿者:四葉 2010/3/14(日) 10:55:51 No.3123 [pc1jwarG1jFoM]

すると、明菜はベッドの上で正座をし俺達から背を向け待っていた。
そして他に対応策が全く浮かばなかったのだろう。
半分冗談のつもりで言った俺の言葉通り、明菜は自分の履いていた黒のショーツを頭からズッポリと被っていた。
『昨日電話で声を聞かせた達也が来たぞーッ♪ちゃんとオネダリすんだぞ?』
『えっとぉ、達也の彼女の名前なんだっけ?』
【明菜…】
『そうそう明菜だ、明菜。コイツを明菜だと思って抱いてやってくれ(笑)』
『初め言った通り顔見せ以外なら何しても良い女だからさ』
(ああ…達也の声だ……後ろに達也が居る…なのに私は……)
【なぁ、あの子〜何を被ってんだ?】
『パンツ!(笑)何か〜自分のパンツ被ると興奮するらしいんだ、コイツ…』
(ごめんなさい…達也ごめんなさい。こんな姿での再会でごめんなさい…)
『ほら、何そっぽ向いてんだよ?こっち向いてちゃんと挨拶しろよ!』
一瞬ビクっと肩を振るわせた明菜は、ゆっくりと体を振り向かせた。
「は、はじめまして……た、た、、達也…さん……」
明菜はか弱い声で達也に向け挨拶をしてきた。
抜け落ちない様に深々と自分のショーツを頭から被り、顎にしっかりと引っ掛けてあった。
クロッチ部分が鼻と口を覆い隠し、足を通す穴から微かに目が食み出していた。
しかも、よく見ると慌てていたのかショーツの裏表を間違えたせいでクロッチ部に染み付き乾いた淫汁が白く浮き出していた。
『お前パンツ被るなら普通逆だろ?何でそんな汚いもんを俺等に見せ付けんだよ!』
俺は明菜の鼻を摘んだ。
『うわっ、まだ乾いてないじゃん!ベットリ手に付いちゃったよ……』
「……………………」
(達也が見てる…こんな惨めな私を見てる……)
彼氏とのこんな形での再会になってしまった事に罪悪感を感じる明菜。
そして、もしこの場で自分の素顔を曝してしまった時の不安感。
こんな2つの気持ちに押し潰されそうな明菜だった。
俺は明菜の背後に回り、座り込んだ。
『なあ達也。お前の彼女も胸大きかったって言ってたよな?』
【ああ。大きかったよ…】
『コイツのおっぱいもデケーんだよ!ほらッ!』
背後から明菜の腕を羽交い絞めし、無防備な胸を達也に向け突き出した。
イヤ、イヤと言わんばかりに首を横へ振り出す明菜。
『ほらぁ、達也もこっち来て触ってやれよ〜コイツずっと待ってたんだからさ』
立ち竦んで居た達也は俺と明菜に近寄って来た。
そしてベッドの上に腰を掛け、突き出している明菜の大きな胸にそっと手を添えた。
(あっ...達也の手が......)
達也は添えた手を動かし、明菜の胸をギュっと包み込む。
【ほんと大きいな…】
この胸を揉んでいる女性が自分の彼女とは知らず、夢中に胸を弄り出す達也。
両手を使い、グっと押さえ付けてはグニュグニュと揉み解す。
(懐かしい達也の手……)
揉み、解しながら乳首へ唇を吸い付かせだす。
達也の口の中で明菜の小さな乳首は転がされているのだろう。
達也の頬が不規則に動いているのが俺に分った。
『なぁ達也。彼女と胸は同じ位かも知れないけど〜下は全然違うと思うぞ?』
【マジで?そんななの?】
『達也は見たがってんぞ?見て貰いたいんだろ?さっさと見せてやれよ!』
明菜はしっかりと脚を揃え閉じ出した。
動く首を縦横無尽に振り乱し、俺の言葉を拒んだ。
(見せれない…情けなくなった所なんて見られたくない……)
【なぁ、この子…嫌がってんぞ?無理なら別に俺は……】
『全然大丈夫だって〜ほらぁ、達也が折角来てくれたんだぞ?』
背後から羽交い絞めをしていた手を離し、今度は明菜の脹脛を後ろから掴んだ。
そして、そのまま明菜の体が曲がるまで脚を引き、俺の方に持って来た。
後転し、背をベッドに付け、下半身を天に突き出す姿は俗に言うマングリ返しと呼ばれる格好だった。
掴まえた明菜の両足を左右に広げると隠しようも無い陰部が晒された。
(嫌っ!見ないで……お願い達也、見ないでっ…)
【パ、パイパン!?】
『まぁ、剃ってるんだけど〜そうなるわな(笑)』
窮屈な体勢にさせられながらも手をバタバタと暴れさせ頭を振り乱す明菜。
【俺〜パイパンなんて始めて見たよ…】
『彼女は普通だったんだ?』
【全然、こんな事をする子じゃ無かったからさ】
この達也の一言で明菜の暴れさせていた動きがピタリと止まった。
『記念だ、よーく見てあげてくれよ。その方がコイツも喜ぶからさ(笑)』
達也の顔が丸出しに晒す陰部へ近付く・・
【何か〜情けないんだけど、やたらとエロいな……】
達也の吐き出す息と少し荒くなった鼻息が剥き出しの陰部を優しく刺激してくる。
『たっぷりと味わってくれ♪』
俺の言葉を聞いた達也は明菜の陰部に顔を埋め舌を伸ばし舐め始めた。
「んっ....」
思わず明菜が声を漏らした。
達也は明菜の陰部から中々口を離そうともせず、スケベな音を立てながら舐めては吸ってを繰り返していた。
「はぁはぁはぁ……っ」
『邪魔な毛が無いと舐めやすいだろ?』
【ああ…はぁはぁ、んんっ……舐めやすいな】
【な、なあ?そろそろ良いか?入れても良いんだろ?この子……】
『勿論!思う存分入れてやってくれよ。コイツもお前からされるのを望んでるからさ(笑)』
達也は立ち上がり、履いていた物を全て脱ぎ捨て下半身を露にした。


投稿者:四葉 2010/3/14(日) 10:57:29 No.3124 [pc1jwarG1jFoM]

硬くなったモノを突き立てながら明菜の股の間に体を置いた。
『いよいよだぞ?嬉しいだろ?(笑)ちゃんと声出せよな』
(達也の……)
【入れるぞ、本当に良いんだよな?】
そう言い放ち達也は腰を明菜に向けグっと押し込んだ。
「んっ……」
微かな挿入感を明菜は感じた。
それから達也は腰をゆっくりと動かし明菜の中へ出し入れをし始める。
次第に達也は息を、はぁはぁと荒げ出す。
「んんっ……」
明菜は声を時折漏らす。
激しく息を吐き出しながら素早く腰を振る達也。
だが一向に達也は射精をする雰囲気では無かった。
(達也??)
きっと明菜は今、激しく腰を動かし息を荒立てている達也を見ておかしいと思っている筈だ。
何故なら達也がこんなに動いているにも関わらず自分は殆ど感じて居ないからだ。
その証拠に明菜は声をあまり出していない。
大きな胸は揺れ動いているが、身体に全く力が入っていなかった。
だが、これは俺の計算1つだった。
『どうした達也?もっと激しくしても良いんだぞ?コイツ全然声出してないじゃん(笑)』
【はぁはぁはぁ…お、おかしいんだよ……】
『おかしい?何がおかしいんだ?』
【はぁはぁはぁ…何かあまり気持ち良くないんだけど?ただ疲れるだけな気が…】
(???)
『気持ち良くない?』
達也は少し言葉を濁す言い方をしてきた。
『なんだよ〜ハッキリ言えよ』
【その〜つまり〜緩いんだ……】
『ププっ…』
俺は思わず笑いを吹き出してしまった。
『なぁ、聞いたか?達也がお前のオマンコはガバガバだってよ!』
(そ、そ…んな……)
『達也はお前のガバマンじゃ逝けねーってさ!どうすんよ?(笑)』
(何かの間違いだよね?私と達也は………)
【ご、ごめん…俺じゃ満足させてあげれなそうだ】
(ち、違うのっ!謝らないで達也…達也は悪くないの)
『何か〜折角来てくれて悪いな…』
『ほらッ!お前もちゃんと達也に謝れよな!!』
そして俺は明菜の耳元で言葉を呟いた。
明菜は少し躊躇しながらも達也の真正面に正座をし頭を下げた。
「ガ、ガバマンな私を……許して下さい…」
「た、達也さ、んの…チ、ンポを気持ち良くさせれないガバガバオ、オマ、、ンコですいません…でした………」
明菜は本心では無いにせよ、自分の彼氏に向かいこんな言葉を言い放ち、頭を上げる事が出来なかった。
『ったくぅ。本当に悪かったな。その代わり〜口でさせっからさ』
『ほらッ!下はガバガバでも口なら満足させてやれんだろ?』
明菜は頭を下げた状態から達也のモノに近寄り被っていたショーツを少し捲って口に含んだ。
「んんッ…んッんッ……」
ジュポッ、ジュプップ・・・ジュッジュッッ
今、明菜は何を思い達也のモノを口に含んでいるのか俺には分からない。
しかし、何とかして達也を満足させようと必死に見えた・・・
膝を付き、達也のモノを咥えながら背後に居る俺に尻を突き出している明菜。
パックリと開いたままの陰部が俺のモノを舞い上がらせた。
達也へ口での奉仕に夢中になっている明菜の腰を捕まえ、膣口に向け一気に押し込んだ。
「あぅッ!あぁ……」
達也のモノを口に含みながら大きな声を発した明菜。
俺と大きなモノと達也のか細いモノの違いが明らかに分った瞬間だった。
尻を叩きながら明菜の中へ押し込んでは引き抜く行為を続けた。
「あッ、あッあッあああッ…」
『ったく何て声出してんだよ!失礼な女だよお前は!!』
『下と上の口を塞いで貰って嬉しいんだろ?』
明菜は達也のモノを咥えながら首を振り、否定した。
『はぁ?な〜に今更いい子ぶってんだよ?嬉しいんだよな!』
俺は明菜の被るショーツに手を掛けた。
引き脱がされる事を感じた明菜は脱がされまいと片手でショーツを掴んだ。
「ヤメテッ!引っ張らないでッ!!う、嬉しいですッ。嬉しいから脱がさないでッ」
『初めからそう言えば良いんだよ…で、何が嬉しいんだ?言ってみろよ』
「……………………」
ショーツを掴む手に少し力を入れてみた。
「く、口と…オ、オマンコに……チン、ポを含んで嬉しいですッ」
『ほらぁ、口離すなよぉ。達也を満足させるんだろ?』
俺は常に明菜の被るショーツへ手を掛けながら出し入れを繰り返した。
明菜もショーツを掴みながらも達也のモノを咥えながら唇を往復させる。
【うッっく…そ、そろそろ逝きそう……良い?逝っても良い??】
明菜はコクリと軽く頷いた。
【はぁはぁ…逝くよ?逝くよ?うッッ!!】
そして達也は明菜の口の中だったが何とか射精を迎える事が出来た。
『お?達也が逝ったか…じゃ、俺もそろそろ……』
俺は明菜の中を物凄い速さで挿入を繰り返した。
達也の放った精液を飲む事も吐き出す事すら出来ず喘ぐ明菜・・・
口の中に含んだ精液を零すまいと唇を閉じながら喘ぐ明菜・・・
「んんッんんんッ…んんッ……」
俺のショーツを掴む手にも自然と力が入ってしまう。
明菜は両手を使い、脱がされまいと力を込めショーツを掴む。
達也の股間に頭を埋めながら・・・
『な、なぁ?達也良いか?中で出しても良いか??』
【え?俺に聞くの??別に〜平気なら良いんじゃないかな…】
『達也のお許しが出た所で中出し決定!(笑)』
ショーツを掴み、達也の股間に頭を埋めながら明菜は頭を激しく振り拒み出した。
『はぁはぁはぁ…逝くぞ!出すからな!!』
『あああああああああ………………っくぅ!』
俺は明菜の腰をグっと押さえ付け、最も奥深くに突き刺した状態で射精をした。
明菜は口内にあった達也の精液を飲み込んだのか口を開いた。
「な、何で!?どうして……こんな真似を…あああああああ」
明菜は達也の腰にしがみ付きながら涙と共に絶叫した。
【・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・】

俺の妄想って何気に酷いよな・・・
それでも微かに書きながら勃起した俺って〜
最近してないからかな?(笑)
兎も角、首とビラビラを長〜くさせながらお待ちしていた人、こんな終わりでゴメンなさい。
次回はもう少し柔らかい妄想にします。


投稿者:あき 2010/3/14(日) 18:22:13 No.3125 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(^_^)

お久しぶりです♪
首とビラビラを長く長〜く伸ばして待ってました!(笑)

てっきり彼氏に顔がバレるのかとハラハラしていましたが、そういうオチではなかったんですね(@_@)

酷い…と言えば酷いかもしれませんが、妄想だし確実にこの妄想であたしは興奮しましたので良いのではないでしょうか(^_^;)

今回の妄想は言葉責めが多くて凄く良かったです♪

ただ、丁度生理になりたてだったのでオナニー出来ずに欲求不満ですが(笑)

次回も楽しみにしています!またよろしくお願いしま〜す(>ε<)


投稿者:四葉 2010/3/15(月) 0:09:15 No.3126 [pc1jwarG1jFoM]

あきサン お久し振りです。
もしかして待っていた間はリアルな殿方からズポズポして貰ってました?笑

それにしても〜あきサンってそんなにビラビラ伸びるんですか?
是非1度引っ張ってみたいですねぇ(笑

そうそう、顔バレした方が良かったですか?

生理・・お大事に!笑
欲求が溜まり過ぎた時には一報を♪


投稿者:あき 2010/3/15(月) 1:32:33 No.3127 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン★

何で分かったんですか!?(*_*)四葉サンの妄想を待ってる間は久々に生チンポを味わってました(笑)

あまりに久々にやりまくったせいで股関節が痛い…(^_^;)

…何とも下品ですみませんm(__)m

ビラビラはそんなに伸びないと思いますが〜……、ヤリまくった後は捲れ上がってヒクヒクしていやらしいですよぉ♪
是非とも一度ご賞味下さいな(笑)

生理が終わったらオナニー三昧です♪(笑)

おそらくかなり欲求不満限界なのでお手伝いお願いします(>ε<)

なんちゃって☆


投稿者:あき 2010/3/15(月) 1:36:01 No.3128 [V9GoS8OiwrM]

すみません(@_@)
興奮して書き忘れていました(-_-;)

顔バレ、無くて良かったかもです。バレちゃったら昼ドラ並のドロッドロした話になってそう…(^_^;)

それはそれでアリですが(笑)


投稿者:四葉 2010/3/15(月) 18:40:05 No.3129 [pc1jwarG1jFoM]

なんだぁ、あきサンには専用チンポがあったんだ…
じゃ、俺のは用無しですね(笑

そして腫れ上がったビラビラに興味津々な俺〜
パクパクしてみてーーーーーーッ!!(笑
そして、そして〜お下劣な女には長時間に渡るマングリ返しをしてーーーッ!(笑

因みに、顔バレ妄想は彼氏が非常に可哀想なのです。
いちお、考えてはあったんですよ♪


投稿者:あき 2010/3/16(火) 0:10:18 No.3130 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(^_^)

四葉サンにも専用オマンチョがあるじゃないすか〜(笑)

マングリ返しでビラビラをいじられながらクリトリスを電マ責めされたいですなぁ…(>д<)
………って、こないだされたんでした(笑)

ウフフ★久々に濃ゆ〜いエッチしましたよ…!!!

マングリ返しで自分でビラビラを広げさせられ、アソコに指二本入れられながらの電マ責めはたまりません〜!(^o^)
ビショビショにしながらイキまくりました★
エヘヘ(o^v^o)


あぁ…早く生理終わらないかなぁ〜(*_*)


投稿者:四葉 2010/3/16(火) 22:49:07 No.3131 [pc1jwarG1jFoM]

四葉さんは…只今、専用を探しているとこです(笑




  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.