妄想(前半は・・・)

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想(前半は・・・)
投稿者:四葉 2010/3/21(日) 15:01:14 No.3138 [pc1jwarG1jFoM]

仕事を終え、電車に乗り込もうと慌てて走ったが間に合わなかった。
仕方なく次の電車が来るのをホームのベンチで座って待っていると端に一人の女性が座っていた。
その彼女は口元をハンカチで覆い、気分が悪そうだった。
時折、頭を抱えている所をみると相当具合が良くなさそうな感じがした。
俺は、その彼女の傍に歩み寄り声を掛けた。
『あの…大丈夫ですか?駅員呼びましょうか??』
「い、いえ、大丈夫です…少し休めば良くなると思うんで……」
大丈夫だと言われ、俺は到着した電車に乗り込んだ。
走り出す電車の中で、彼女の姿が見えなくなるまで俺は目で追いかけた。
電車に揺られる俺は彼女の事が無性に気になっていた。
そして俺は、そこから2駅着いた所で電車から降り、下り電車へ乗り直し彼女と出会った駅に戻る事にした。
駅に再び戻ってくると、先程と同じベンチに座ったままの彼女の後姿が見えた。
自販機で水を買い、彼女の隣へ座った。
『これどうぞ。こんな場所で幾ら休んでも悪くなる一方ですよ?』
「あなたはさっきの……」
『どなたか家の方に迎えに来て貰えないんですか?』
「…………私、1人ですから」
『そうですか…家〜家は近いんですか?』
「家ですか?此処から歩いて10分程で…」
『そっか。じゃ、行きましょう。途中まで送りますから』
「だ、大丈夫です。ひ、1人で帰れますから…ご心配掛けてすいませんでした」
彼女はベンチから立ち上がり足元をフラ付かせながら改札口に向かい歩き出した。
心配だった俺は彼女から少し離れた位置で後を追い改札口を出た。
駅の外を見ると急な雨が降り出していた。
『何だ!?凄い雨が降ってるよ』
しかし彼女は大雨を気にする事なくフラフラと駅から歩いて行ってしまった。
『ちょ、ちょっと!あの人、傘も持たずにっ!!』
慌てて俺は売店で傘を買い、彼女の元へ走りだした。
『こんな雨の中、傘も差さずに歩くなんて何を考えているんですか!』
雨でびしょ濡れになる彼女の視線は虚ろだった。
俺は小さなビニール傘を彼女に差し、雨で冷えた彼女の肩を抱き込んだ。
『近くなんでしょ?家…帰って早く着替えないと悪化しますよ?』
「あ、ありがとう御座います……」
足をもたつかせながら歩く彼女へ俺は肩を貸しながら誘導する。
「此処です…此処の4階です……」
『此処?4階ですね、わかった』
このまま彼女を連れエレベーターに乗り込こんだ。
彼女の吐く息は苦しそうで、顔を赤らめ頬が熱かった。
『4階に着きましたよ。何号室?』
「403…」
彼女の言う403号室の前に着き、彼女へ鍵を取り出させた。
部屋の鍵を借り、俺は鍵を開けた。
そして、仄かに甘い香りが漂う家の中へ俺と彼女は入った。
綺麗に片付けられている1Rの小さな部屋。
彼女の濡れたコートを脱がせベッドに一旦座らせた。
タオルを適当に探し、彼女の髪を急いで拭いてあげた。
『えっと…まずは濡れた服を着替えて薬か!』
『何が何処にあるのかさっぱりだな…』
俺は手当たり次第にタンスや引き出しを開いた。
そして、それらしい着替えを見付け彼女へ手渡した。
『早くそれに着替えて。あ、俺は後ろ向いているから安心して』
俺は彼女に背を向けながら、次は薬を探し出した。
『あった、あった。市販のだけど飲まないよりは増しだろ』
『あ!着替えは済んだ?』
しかし彼女からは返事が無い。
『ごめん、少し振り向くよ?良いよね??』
それでも全く返事を返さない彼女。
そして俺がゆっくりと体を振り向かせると、彼女は着替え途中でベッドに倒れ込んでいた。
上下共に下着姿のままで息を更に荒くさせ項垂れている彼女。
慌てて彼女の傍へ駆け寄り、彼女の背を起こすと体全体が熱かった。
俺は彼女へ直ぐに上着を着せ、ズボンを履かせた。
布団を掛け、薬と水を用意し彼女へ飲ませた。
薬を喉へ流し込むと暫くして彼女は眠りについた。
いまだに外は止む気配のない雨が降り続いている。
彼女の額に乗せた冷えたタオルを換え、流した汗を拭き取りながら看病を続ける。
そして俺はいつの間にか壁に寄り掛かりながら眠ってしまった。



投稿者:四葉 2010/3/21(日) 15:02:28 No.3139 [pc1jwarG1jFoM]

俺が眠りに付いてどれ位、眠ったのだろう。
トントンと肩を叩かれ、俺が目を覚ますとそこは彼女の姿があった。
「あ、あの……」
『あ!どう?少しは良くなった??』
「はい。お陰様で…私、あまり覚えてないんですけど、駅からずっと?」
『ちょっとお節介過ぎたかな。もう1人で大丈夫だよね?じゃ、俺は帰るから…』
彼女の元気になった姿を見て安心した俺は帰ろうと起き上がった。
すると、足元がどうもフラ付き壁に凭れてしまった。
「だ、大丈夫ですか!?」
俺を案じた彼女が体を支えてくれた。
「ちょ、ちょっとぉ、服がびしょびしょじゃないですか!どうしてこんな格好で…」
そして俺の額に手を宛がい熱がある事を知った彼女。
『これ位、大丈夫だって』
「だって熱があるじゃないですか!全然、大丈夫じゃないですよ」
「と、とにかくその濡れている服は脱いで下さい」
俺に服を脱ぐ事を命じ、彼女は引き出しの中からスウェットを俺に差し出した。
「これ、少し大きめだから着れると思います」
そして俺は彼女が先程まで眠っていたベッドに寝かされてしまった。
熱が徐々に上がり出し、何だか自分が情けなく思った。
俺が彼女を助けるつもりが逆に助けられてしまったからだ。
それから薬が効いてきたのか、俺はそのまま眠りについてしまった。

眠っている間、薄っすらと下半身に妙な違和感を感じた。
目を開くと驚く事に彼女は俺の股の間に座り込み頭を上下に動かしていた。
『なっ、何を!?』
彼女は俺のモノを口に含みながら視線を俺と合わせた。
「ご、ごめんなさい……」
『ど、どうしてこんな事を…』
「熱を吐き出そうと…そ、それに私が彼方出来る事って言ったらこんな事しか…」
彼女はこの様な形でしか俺に恩を返せないと言って来た。
『だ、だからって昨日会ったばかりなのに…うっくっ……』
柔らかい彼女の上唇と下唇が俺のモノの外側を刺激して来る。
ジュプ、ジュプッ、ジュ、ジュポ、ッュポ・・・
そして口の中では彼女が巧みに動かせる舌が刺激を与えて来る。
「んっ、んんっ、、んっ」
口の中から抜き出すと、今度は俺のモノの上から下へ舌を這わす。
表、裏と彼女の伸ばす舌先が俺のモノを丹念に嘗め回す。
引き締まった袋を掌に乗せ、グニュグニュと軽く握り捏ねる手付きで扱う。
そして彼女は立ち上がり、日差しが入り込む窓際に立ちカーテンを閉めた。
「軽蔑…しないで下さい……」
こんな言葉を言い出すと彼女は自分の履いているスウェットと下着を下ろした。
熱のせいもあるが、俺は動けなかった・・・
無言の俺に跨り、彼女は突き立たせたままの俺のモノに向け、ゆっくりと腰を落としだした。
「はぁぁぁぁぁっ...」
溜息の様な声を漏らしながら、彼女は自ら俺のモノを押し込んでいく。
彼女の中は熱く、それが熱のせいだったのか分らない。
根元が完全に収まるまで腰を落とした彼女は腰を静かに動かしてきた。
前後に動き、俺の陰毛と彼女の陰毛が擦れ合いながら快楽を与えてくる。
彼女の腰付きは非常に滑らかで、淫らだった。
「はぁはぁはぁはぁ……」
前に屈み、俺と彼女の顔が近まるとお互いの視線が合わさった。
彼女は何も言わず唯、喘ぐだけだった。
膝に体重を預け、今度は上から下へと腰を振りだした。
下に向け振り落とす感じの力強い腰使いをさせる彼女。
ズンズンと重たい振動と刺激が襲ってくる。
彼女が腰を浮かすと、中で締め付けられている俺のモノが一緒に引っ張られる感覚に陥った。
『うっくぅ、っくぅぅっ』
「はぁはぁはぁ...い、良いんですよ?出しちゃって良いんですよ?」
『で、でもそれじゃ中に……』
「んっんんっ..だ、大丈夫です......気にしないで吐き出して下さい」
『だ、だけど…っくぁぁっ』
彼女は膝を浮かし、目にも止まらぬ速さで腰を上下しだした。
両手、そして両足をしっかりとベッドに付き浮かした腰だけを動かした。
『だ、だめだっ。逝、きそう、、だ…』
「あっぁぁっ、だ、出してっ!っはぁ、良いの…はぁはぁはぁ……ぁっ」
俺は彼女の動く腰を押さえ込み、足を突っ張りながら身体を反らした。
突き立てた俺のモノは彼女の奥深くで力強く精液を吐き出してしまった。


うーん、こんな出会いもアリでしょうか?
ちょっと意味無く前半が長く、肝心な後半はソフトでしたが〜たまには良いですよね(笑)


投稿者:あき 2010/3/21(日) 16:29:16 No.3140 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(^^ゞ

こんにちは♪
パンチラ見れなくて残念でしたね(笑)

今回の妄想は清純派エロ(なんじゃそら)で良かったです♪
あたしに失われつつある甘酸っぱさがあって新鮮でした(大笑)
今までの妄想の中で一番続きが気になります!
どうなるんですか?
くっつくんですか??
それとも一晩のアバンチュール???

是非とも続きをお願いします(>ε<)


ちなみに、女性が具合悪そうにしてたのはローターやバイブを遠隔操作されてるに違いない!と、思い込んでいた不届き者はこのあたしです。

…パンチラで許して下さい(笑)


投稿者:四葉 2010/3/21(日) 16:49:37 No.3141 [pc1jwarG1jFoM]

あきサン こんにちは。

失われつつ甘酸っぱさ…
そんなん初めからあったんですか?笑

で、続きですか?
続きは〜〜〜どうなんでしょう。
全く考えても無かったんで〜(笑

ま、不届き者発言は許して差し上げましょう!
では許しのパンチラを提示しなさい(笑


投稿者:あき 2010/3/22(月) 1:05:42 No.3142 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン★

パンチラしようと思ったらうっかり履き忘れてたから急いで履いて来ます!(笑)

あたしにも甘酸っぱい時代があったんですよ…(T_T)多分。


投稿者:四葉 2010/3/22(月) 13:20:05 No.3143 [pc1jwarG1jFoM]

パンツ履き忘れる事あるんですね!笑
否、故意に履いていないのではと言う噂もしばしば〜

あきサンにも甘酸っぱい時代はあったんですね。
今じゃ〜甘酸っぱさを保っているのは股の間だけでしょうか?笑


投稿者:あき 2010/3/22(月) 22:16:03 No.3149 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン★

パンツはいつもちゃんと履いてますょ!(笑)
ああ言ったら四葉サン喜んでくれるかと思って…(^_^;)
まぁ、噂通り故意に履いてない時もしばしばあります(笑)


………って!!
嘘ですよ!?(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.