もうそう

【didaのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


もうそう
投稿者:dida 2010/3/29(月) 15:01:31 No.3153 [pcj7b1WVDmsSg]


ヌメりのついた指がしょっぱい。

その指を篤郎さんのものにみたて丁寧に舐めていた。

何故か解らないけど凄く興奮している。

こんな場所で従わなければいけないのに…


「舌も使えよ…」

冷たい目でじっと私は見つめられている。

言われるがまま下から上へゆっくり舌を這わせ、

これでいいの?という表情で篤郎さんを伺う。

「もっと、音もたてろ…」

目を薄くあけ彼の顔をぼんやりと見ながら、

ずぷっ ずぷっ と卑屈な音が聞こえるように口に含んだ。

恥ずかしいけど、なぜか心地いい。

求めるカラダの感情は正直なのかもしれない。

そのベタベタに濡れた指が大きく広げたままの脚の中心に近づいてくる。

割れ目をいっぱいに開かれて、ぷっくり膨らんだクリトリスを小刻みに弄られ、

そして溢れかえっている私の中へと…


「気持ちいいか?」

「………ぅん。」

「シートまで垂れてるぞ… おまえの厭らしい汁が…」

耳元で囁かれながら彼の指の角度が変わるたびにカラダがビクッと硬直していた。

(もっと欲しい… めちゃめちゃにして欲しい……)

決してそんなこと口では言えない。

けど、彼を見つめてカラダの叫びを目で訴えてしまう。

指で中を掻きまわされて、手のひらでクリトリスも押さえつけられ、

ピチャッ ピチャッ ピチャッ ピチャッ と音をたてながらリズミカルに篤郎さんの腕が激しく動く。

気がつくと彼の腕にしがみつくほどカラダは悲鳴をあげていた。

「ぁああ… ダメッ……… 」

我慢しきれず声を漏らした。

もう場所なんて関係ない。

(もう少しで… あともう少しで…  逝かせて……)

「遠慮せず、見てやって下さい。」

(エッ! 何のこと?)


投稿者:dida 2010/3/29(月) 15:04:20 No.3154 [pcj7b1WVDmsSg]


篤郎さんの目線の先にスーツを着た中年が座っていた。

パニック状態の私が慌てて服を直しているのをみて、スーツ姿の男は笑みを浮かべながら会釈してくる。

ひとつ席を空けた横に人が来てることに全く気づかなかった。

「どうぞ、隣にきてもっと見てやって下さい。」

「いいんですか… じゃあ失礼しますね。」

篤郎さんに招かれ嬉しそうに男は席を詰めてきた。

「ちょっ ちょっと… ヤダよ…」

「こいつ見られるの好きなんですよ。」

(なんてこと言うの!)

私は篤郎さんを睨みつけた。

直した服をまた捲り上げようとされるが、必死にそれを拒否する。

「……っと イヤだって…」

「おまえ、俺に逆らえないはずだよな。こないだ自分で言ったこと覚えてんだろ。」

いつもは見せない怖い表情で凝視され、抵抗していた手の力を緩めてしまった。

肌蹴させられた胸。

それを男は身を乗りだして真剣に見ている。

「綺麗な乳首ですね… それにとても硬くなっている…」

「触ってみます?こいつ歓びますから。」

「ヤダよ… 篤郎さん……」

(確かに私が悪かったけど… こんなのヤダよ…)

男は下からそっと乳房を持ちあげるように弄んだあと、尖った乳首を指先で摘んできた。

「コリコリになってます… 舐めたくなりますよ…」

「どうぞ、好きにしてやって下さい。」

「ちょっ ちょっと…」

「ぅんぐ… んぅ……」

私の口を塞ぐように篤郎さんの唇が重なってくる。

篤郎さんの舌が唇をこじ開けるように入ってきて、硬くなった乳首を男の舌が這っていく。

男は何度も舌で乳首をはじいたあと、音をたてながら吸いついてきた。

「舌だせよ…」

目一杯にだした私の舌に篤郎さんが絡みついて、糸をひきながら唾液が入り混じる。

そして私の口から漏れた唾液を舐めとりながら、

「どうだ… 気持ちいいか…」

「…………」

軽んじられてるみたいでこんなの嫌なんだけど、

胸の奥が焼けるように熱くなっているのを自分で解っていた。


「素晴らしいおっぱいです… よろしければ下のほうも舐めさせてもらいたい…」

男は興奮を抑えきれない様子で口元をべとべとにさせながら言ってきた。

「好きにしてやって下さい。」

私は顔を横にふりながら助けを求めるように篤郎さんを見た。

篤郎さんは笑みを浮かべ優しく私の髪を撫でてくる。

男が私の前にしゃがみ込んだ。

「凄い… お汁の溢れかたが凄い…」

両手で広げられた淫部を、男の舌が貪るようにじゅるじゅると音をたて這いずりまわる。

「どうですか。あじのほうは?」

篤郎さんが私を見つめながら男に尋ねた。

「粘り気があって… 少ししょっぱいですが、素晴らしいあじです… 尋常じゃない濡れ方をしてますよ…」

男は私のものから顔を離し、ニヤケながら答えた。

こんなの嫌だ。

だけど、疼くよ… 

カラダが芯から疼いて… 子宮が熱い……

私の中で何かが崩れ落ちてきている。

もう許して 篤郎さん……


おわり。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.