妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想
投稿者:四葉 2010/4/11(日) 17:54:58 No.3157 [pc1jwarG1jFoM]

景気のせいで、今年に採用された社員は俺1人だけだった。
当然、新人の俺を手取り足取り指導してくれる先輩が居るのだが、この先輩と言うのがやたらと意地の悪い女だった。
30歳前後だろうか、事有る事にグチグチと嫌味を言ってくる。
何かあると直ぐに怒鳴ってくる。
そんなのをこの一週間も言われ聞いていると流石に俺の心境は穏かでは無かった。
「菊地君!このファイルを書庫に運んでおいてくれる?」
『ぜ、全部ですか!?』
「そうよ、ぜ〜んぶ!ほら、ボーっとしてると時間無くなるわよ?」
「あと1時間で定刻だからね!」
『1時間でこれ全部……』
「だったら急ぐ!今、残業なんて出来ないんだからね!!」
女性とは言え先輩、多少の事はガマン、ガマンと自分に言い聞かせファイルを運び出した。
分厚く重いファイルを一度に運べるのは限られる。
書庫まで何往復かした所で時計を見ると定刻の17時を過ぎていた。
『えーーーッ、もうこんな時間かよ…終わらないっつ〜のッ!!』
ガックリ肩を落としていると部屋の陰に台車が置いてあった。
『おお!良い物があんじゃ〜ん。もっと早く見付けてりゃな』
早速、俺は台車を走らせファイルを運び出した。
そして台車を使い、全てのファイルをこの書庫へ運び終えた。
『ふぅ…やっと終わったぁ!ったくあの女ぁぁぁ』
「あの女って私の事かしら?」
俺の背後から声がして振り向くと、睨みを効かせた先輩が立っていた。
『え、あ、、いや……』
「別にアナタにどう思われようが構わないけど…それより菊地君」
先輩は俺の傍にあった台車に視線を向けた。
「誰が台車使って運んで良いって言った?」
『え〜〜っと、これ使った方が断然早いっすよね?』
「戻しなさい!!」
『はい?』
「運んだ物全て戻して運びなおしなさい!」
『ちょ、ちょっと何を言ってんすか?』
「一から手で運びなさい!」
この理解に悩む先輩の指示に俺の理性が吹っ飛んだ。
先輩が背にしていた扉を力一杯閉め、先輩の首根っこを掴んだ。
「な、何を……!?」
『毎日、毎日アンタなんなんだ?何か俺に恨みでもあるの?』
先輩を掴む手に力が入る。
「は、離しなさいッ」
俺は先輩の着ているブラウスに手を掛け、ブチブチブチっとボタンを弾け飛ばせ引き千切った。
白いブラジャーが晒され、先輩は慌てて腕で胸を覆い隠した。
「き、菊池君っ。な、何をするの!」
『アンタに人の扱い方って奴を教えてやるよ…』
「何を言って…」
先輩の腕を後ろの壁に押さえ付け、隠そうとしていた胸を露にさせた。
『へ〜、先輩って意外と大きかったんだ…』
「や、止めなさい菊池君!離しなさいッ」
俺は少し腰を屈ませ、先輩の胸の高さに頭を下げ間近で直視した。
俺に押さえ込まれている手に力を込め、振り解こうとしてくる先輩。
そして一瞬、俺の力が弛んだ瞬間に先輩は俺の手を振り解き逃げ出した。
しかし、足元に散らばっていたファイルに足を取られ転倒してしまった。
「あっ……」
それでも必死に俺から逃れようと這い蹲る先輩の後ろからブラジャーの肩紐を掴んだ。
ブラジャーの肩紐が伸びる位に引っ張り上げ、先輩を引き摺る。
引き摺ると、胸を覆い隠していたブラジャーが捲くれ上がり乳房を露出してしまった。
しかし、先輩は乳房が露になっている事など一切気にせず懸命に逃れようとしていた。
引き摺りながら俺は先輩の体を台車の上に乗せようと試みた。
上半身が丁度収まる台の上に仰向けにさせた先輩を乗せる。
そして、山済みになっていたファイルの上にビニール紐が置いてあったのに気付き手を伸ばした。
手にしたビニール紐を持ち、台車の上に乗った先輩の上に大きく跨った。
先輩の暴れる片手を押さえ付け、台車の金属で出来た || 部分の手摺りに手首を縛り付けた。
「ヤメテッ!菊池君ヤメテッ!!」
『ヤメテ?ヤメテ下さいだろ?』
俺は先輩のもう片方の手首も同様に||の手摺りにビニール紐を巻き付け縛り付けた。
「ヤ、ヤメテ…………下さい……」
この時既に先輩の両手は台車の手摺りに縛り付けられ自由を失った。
俺は先輩の言葉を無視し、伸ばす両足に体を移動させた。


投稿者:四葉 2010/4/11(日) 17:56:06 No.3158 [pc1jwarG1jFoM]

膝元近くで止まり、先輩の履いているスカートに手を掛けた。
先輩の腰から手を裏に回し、ホックを外しファスナーをジーーと下ろした。
俺は先輩の両足を膝で挟み込み、暴れるのを防ぎながらスカートをズルズルと引き下ろしていった。
ストッキング越しに映るショーツはこの先輩の口調から想像すらしていなかった、フリフリのフリルが散りばめられた可愛いショーツだった。
『へ〜〜意外。こんな可愛いパンティ履いてたんだ、せんぱ〜い』
「お願い菊地君…もぅ、良いでしょ?許して……」
『許して?何言ってんすか?俺は先輩に人の扱いを教えるって言ったでしょ』
『アンタの扱い方を身を持って教えてあげますよ…』
そう言うと俺はストッキングとショーツを一緒に引き摺り下ろした。
一日中、ショーツに押し付けられていた陰毛は逆立てられていた。
そして、先輩の足元へ移動し足首を掴んだ。
掴んだ足を抱え上げようとすると先輩はグッと力を込め、強く足を閉じた。
「イヤッ、イヤッ!!菊地君お願いだから……」
俺は渾身の力で先輩の足を抱え上げた。
「いやぁぁぁぁ………」
ピンっと伸ばされたまま先輩の両足は俺によって高々と抱え上げられた。
赤黒い色をした先輩の陰部が丸出しになった。
俺は先輩の足を抱えながら丸出しの陰部を覗き込む。
当然、足を暴れさせ抵抗をしてくる先輩だった。
空かさず再びビニール紐を手に取り、今度は片足を台車の手摺りの  ̄ ̄ 部に縛り付けた。
そして、もう片方の足も縛り先輩の体は台車の上で > の字に固定された。
俗に言うマングリ返しの姿勢だ。
この姿勢にされ先輩の陰部は命一杯、丸出しになった。
『凄いなこの色…相当使ってた?』
「お願い…お願い……」
まだ閉じ気味の陰部に手を伸ばし、左右に広げてみた。
ヒダはどす黒く、中は紫と灰色の中間色をしていた。
先輩は体を揺すり、台車を揺らす。
『どう?いつも怒鳴り付けていた後輩にこんな仕打ちを受ける気分は?』
「ごめんなさい…菊地君ごめんなさい……」
『…………………』
『もう理不尽な事は言わないっすか?』
「言わないっ、言わないからもう止めて」
『そうっすか………な〜んてね』
俺は指を立て、まだ乾く先輩の中へ無理矢理指先を捻じ込んでいった。
「ヤダッヤダッ」
先輩の中は生暖かく、外からでは気付かなかったがしっかりと潤っていた。
『せんぱ〜い、中はヌルヌルすよ?何気にこう言うの好き??』
「ち、違っ……あっ、ヤメテッ!」
陰部に突き刺した指先にヌメり感を混じ合わせながら動かす。
中で指を蠢かせ、掻き回す。
「あっ、あっあぁ......」
先輩は俺の掻き回す指で喘いだ。
掻き回す事で、中に溜まっていた潤汁が外にダラダラと溢れ始めて来た。
その潤汁は、少し浮かし気味だった尻を伝い台車の荷台にまで滴る程だった。
指を2本突きたて、素早く出し入れさせた。
「あはっあっはぁ……ヤメ、ヤメ、、て」
縛られ固定されたまま、尻や腰を震わせる先輩。
グチュグチュと淫音を指先を押し込む度に放つ陰部。
「あっ、あっ、、イヤっ、ダメっ……」
「逝っちゃうっ、ダメッ、逝っちゃうぅ…」
自らの口で絶頂を迎えそうな事を言い出してきた。
その言葉を聞き、俺は手の動きを止め中から指先を抜いた・・・・・・
「!!!!!!!!!?」
『あれ?もしかして先輩逝きたかったっすか?』
『あれだけ嫌がり拒んで〜まさか逝きたいとか思わないっすよねぇ……』


投稿者:シン 2010/4/11(日) 19:56:53 No.3159 [pc4.LTeiNcAx.]

ここに「先輩」の上司がやって来て3P(パイズリ3P)ってパターンに期待!


投稿者:りな 2010/4/13(火) 20:41:57 No.3160 [pcmz1oZnstslc]

はじめまして。

四葉さんの妄想、ドキドキしながら?感じながら?(笑)
いつも読んでます。

続きが気になりますね。。。



投稿者:れん 2010/4/14(水) 12:31:30 No.3161 [pH94qGkCyHU]

いつも楽しく見ています。すごく興奮しますね。

いつか近視モノをお願いします(^O^)
う〜ん、例えばお兄ちゃんと妹。もしくは、おじさんと姪っことか☆
楽しみにしてます。


投稿者:四葉 2010/4/14(水) 22:38:25 No.3162 [pc1jwarG1jFoM]

珍しく はじめまして な方々からのコメントですね♪
非常に嬉しいです。

シンさんは男性でしょうか?
男性からの返事は何気に嬉しく思います(笑)
しかし〜今回そのご期待には応えられそうもありません。
ごめんなさい・・・

りなサン
はじめまして〜
感じながら?ってのが、ちと引っ掛かりますね(笑)
続き・・どうしようか正直、迷ってるんですよね。
俺的に、これはボツにしたい気分なんですよ。

れんサン
近親ですか?
そんな環境でお過ごしなんですか?
書くのは構いませんが〜2人の年齢層とか言って頂けると楽ですね。
ちょっとしたシチュエーションとか、体形、下着などなど・・・

日曜は書けそうなので、何かありましたら何なりと♪
この続きは忘れて下さい(笑)
以上!そろそろセックスしたい四葉さんでした〜〜〜


投稿者:りな 2010/4/14(水) 23:26:30 No.3163 [pcmz1oZnstslc]

します?
なんてね(笑)

個人的には、あきさんにプレゼントした話とか
好きでしたよ(^^)
普通に、あきさんとの会話とかリアルにえっちくて
良いですし(^^)

また日曜日を楽しみにしてま〜す



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.