妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想
投稿者:四葉 2010/5/5(水) 13:57:21 No.3214 [pc1jwarG1jFoM]

『携帯は?』
旦那が私に携帯電話を差し出すよう要求してきました。
私は携帯電話を旦那に渡すと、中身をチェックされます。
そのチェックを終えた後、必ず電源をOFFにさせられます。
『じゃぁ次…』
私は着ている服を全て脱ぎ去ります。
全裸になった私は買え置きしてある大人用のオムツを履かされます。
その後、私は手を後ろ手にされ手錠を嵌められます。
こんな生活をする羽目になった切欠は全て私に有ったのです。

結婚して2年目、旦那に浮気現場を押えられた事があります。
私は涙を流し必死に謝る事で何とか許して貰えました。
その代わり・・・・・・
その代わりと旦那が出して来た条件がこの状況なのです。
旦那は週2日が夜勤になります。
この夜勤の時に浮気現場を目撃した事もあって、旦那は私の携帯電話の電源をOFFにしてから出勤します。
幾ら私がその後、電源を入れても旦那が設定したパスワードのせいで操作不能となってしまいます。
それともう1つは今の私の姿です。
手錠を嵌められ、トイレに行けない私にオムツの着用。
旦那は夜勤になると必ず、この事をしてきます。
こんな生活が既に2年続いています。
今も私は家の中で1人・・・
始めは自由の利かない手に苦労しましたが、慣れて来ると意外と苦にはならなかったりもします。
唯、トイレだけは意図的にオムツにするのが抵抗あります。
旦那が夜勤から帰宅した際に、私のオムツを取り替えられるのが今でも物凄く恥しいのです。
ですので、極力オシッコは我慢する事にしてました。

旦那が仕事に出て暫くしてから眠りに付いた私。
しかし尿意で眠りから覚めてしまった。
こんな事は良くある事で、暫く我慢して尿意が収まってからまた眠る様にしてます。
尿意を鎮める間、布団の中で耐え忍んでいると窓の外から何か物音が聞えました。
私は洗濯物を外に干しっ放しにしていたのを思い出した。
「下着泥棒!?」
布団から頭だけを飛び出させ、窓の方を見てみると月夜に照らされたカーテン越しに人影が映っていた。
その人影は、まるで影絵の様にクッキリと照らされ私の洗濯物を物色している事まで分った。
干されたブラを手に取り匂いを嗅ぐ仕草をする人影。
そしてパンティまで取り外し匂いを嗅いだ後、ズボンを脱ぐ仕草を見せた。
「う、うそ…」
そして人影から1本の棒状の影が現れた。
斜め上に突上げる棒状の影の正体が何なのか私には直ぐ分った。
その人影は私のパンティをその棒状のモノに撒き付け手を素早く動かしだした。
「やだ……」
人影が手を動かして直ぐだった。
横からみる人影の腰が徐々に引き始めたと思ったら、ビクンビクンと小刻みに震えだした。
人影は私のパンティで棒状の影の先を拭う仕草をさせた後、パンティを元の場所に干し直したのだった。
「今、何したの?」
それからその下着泥棒と思われた人影はブラまで元の位置に戻し去って行った。
私は恐怖と同時に自分の下着を使用された事に興奮を覚えていた。
翌朝、旦那の帰宅で私は起こされオムツの交換。
それと携帯電話の復帰をして貰った。
旦那が眠っている間、着替えを済ました私は干しっ放しにしておいた昨夜の洗濯物を取り込みだした。
一見、いつもと変わらない洗濯物だったがパンティをピンチから取り外し見てみると・・
黒いパンティのクロッチ部分に白くガビガビに固まった物が付着していた。
「や、やだ……」
それは昨夜、私の下着を物色していた人影の精液だった。
直ぐに私はそのパンティをゴミ箱へ捨てた。
家事をこなしていると時間が立つのが早く夜勤2日目の夜になった。
私が今日は干し忘れない様、洗濯物を急いで取り込んでいると旦那が声を掛けてきた。
『何してるんだ?携帯!』
慌てて洗濯物を部屋に取り込み私は携帯電話を旦那に渡した。
昨夜と同じで主人が私の携帯電話をチェックし電源を切る。
そして全裸の私に手錠とオムツ・・・
旦那をそのままの格好で玄関まで送りだす。
私は疲れて居たのか、布団で横になっているといつの間にか眠ってしまっていた。


投稿者:四葉 2010/5/5(水) 14:16:01 No.3216 [pc1jwarG1jFoM]

今夜も尿意で目が覚めてしまった私。
起き上がり、ベッドの際にある壁に寄り掛りながら尿意が治まるのを待っていると何となく窓の外から人の気配を感じた。
私が窓の方へ視線を向けると、窓の外に人影が映っていた。
そして完全に閉め切っていなかったカーテンの隙間から部屋の中を覗き込んでいる目と私の目が合ってしまった。
「きゃぁ!!」
慌てた私は背を壁に擦り付けながら後退りをする。
しかし、背には壁・・
私は行き場を失い、唯・・怯えるだけ・・・
常に覗かせる目が私を追い続ける。
「か、鍵ッ!!鍵はし、閉まってるんだから大丈夫ッ!」
すると外の人影が窓にしがみ付く様に両手をバンッ!と叩き付けて来た。
「へ、平気ッ!な、中には…は、は、、入って来れないんだから……」
声を震わし怯えている私を、目が追い続ける。
そして私が移動を試みようとすると、人影の窓に乗せた動いた。
すると、人影の移動と共に窓がスーーっと動いたのだった。
部屋の中に夜風が吹き込まれた。
「えッ!?ど、どうして窓が……!!」
そう、私は洗濯物を取り込んでいる際に出勤しようとする旦那から声を掛けられ慌てて中に入ったのだった。
その時に窓を閉めた後、鍵を閉めるのをすっかり忘れてしまった事に気付いた。
人影は開いた窓の隙間を暫くジッ見詰め、隙間へ手を差し込んで来た。
「嫌っ…嫌っっ……」
人影の手が窓を静かに開け、外から中へ身を乗り出して来た。
「い、嫌っ…こ、来ないでっ!」
薄暗い部屋の中へ足を踏み入れて来たのは割りと小柄な男だった。
私は男から背を向け、行き場の無い壁に向むかって体を押し付ける。
土足で踏み入る男の足音が私に近付いてくる・・
ベタ・・・ベタ・・・・
ゴム底とフローリングが合わさる男が私に近付いてくる・・・
背を向け震える私の耳元に生暖かい息が吹きかかった。
『はぁはぁはぁ…1人でこんな格好をして何をしているんだい?』
男の声は決して若くは無かった。
『これって…手錠だよね?どうやって嵌めたの??』
『それによく見ると〜パンツじゃないよね?』
「こ、来ないで……で、出て行って……っ」
『ふふ…こう言うのが好きなんだね……』
男はそう言うと、ガサガサとオムツと男の手が擦れる音させ、私の尻を撫でてきた。
私は男から逃れ様と必死に動き回る。
しかし後ろ手で拘束されていた私は倒れ込み、芋虫の様にベッドの上でもがくだけ。
空かさず男はもがく私の体を仰向けにさせ、オムツに手を掛けて来た。
「いやっ!いやぁっ!!」
『ヨチヨチ♪良い子だから泣かないの……』
『今、オムツ替えてあげますからねぇ♪』
私を赤ん坊を扱う様に男は暴れる私の脚からズルズルとオムツを脱がし始めた。
そして私は薄暗い部屋とは言え、浸入して来た男へ下半身を丸出しにさせられたのだった・・・
男は私の下半身を抱え上げ、当然の如く私のアソコを舐めてきた。
「いやぁぁぁ!やめてぇぇぇぇ......っ」
下半身を抱え上げられながらも私は足をバタバタと暴れさせる。
しかし、男は執拗に私のアソコを舐めている。
余計な愛撫は一切ない・・
男の唾液で私のアソコは濡らされた。
そして・・・男は履いていたズボンを降ろし、下半身を露にした。
「!?いや…いやっ……いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ………」
私がどんなに叫び、嫌がろうが鈍い音と共に私の中へ男のモノが押し込まれてしまった。
「ああああ………」
蚊の鳴く様な声を吐き出した私・・・
男は私へ押し込んだモノを出し入れさせる・・
『はぁはぁはぁ…」
「いやぁぁ…いやぁぁぁぁ……やめてぇぇぇぇ……っ」
私がどれだけ叫ぼうが、男は私の中へ性欲の塊をぶつけて来る・・
それから暫くして男は私の中へ自らの性欲を吐き出した。
既に私の中に心は無くなっていた・・・
男が吐き出した性欲を私は黙って受け入れていた・・・
その後、満足気な顔をして男は何事も無かったかの様に外へ飛び出して行った。
男が去った後、私の中から吐き出された性欲がドロっと溢れたのを感じた。
私のアソコからは男の精液が流れ、目から涙が流れ落ちる。
そして私に尿意が再び訪れて来たが、力を無くす私は堪える事なく漏らす。
それから私はずっと暗い天上を眺めていた。
玄関から鍵を開ける音が聞え、旦那が帰って来た。
放心状態の私、オムツを外している私、シーツ一面に大きなお漏らしをした染みを作る私・・・
そしてお漏らしの染みの中には、まだ白く残る浸入者の精液が浮き出ていた。
そんな私の状況を見るなり旦那は・・・・・・・
『お前ぇぇぇ、またかッ!!!』
私がまた男とセックスをしたと思い込んだ旦那は直ぐに離婚届を出して来た。
勿論、私は迷わずサインをした・・・・・・・・・・・・・・



■ふぅ…全裸になりながら書き上げた妄想がこれか……(−−;


投稿者:あき 2010/5/5(水) 19:44:57 No.3217 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(>ε<)

またまた仕事抜け出しました(笑)

……何か、どうしたんですか?ってな感じの妄想ですね(笑)

全裸で書いたってのに吹き出しましたよ(笑)


投稿者:四葉 2010/5/9(日) 9:46:58 No.3219 [pc1jwarG1jFoM]

あきサン こんにちは。

週末です。

少しは忙しい日々から開放されましたか?

疲れ果てた身体を濃厚な時間で癒されている頃でしょうか?笑

リアル☆オティンで(笑

仕事での殻を脱ぎ捨て、下着を脱ぎ捨てられ・・・

恥じらいまでも捨てさせられる様な行為の連続・・・・・

う〜〜〜ん、ハシタナイ!!笑


投稿者:あき 2010/5/10(月) 0:50:37 No.3221 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(^_^)

こんばんは★

残念ながら今週は休み無しです(´Д`)シヌ-!
サービス業なので週末は休みは取れません…(x_x;)

でも明後日、やっとやっとのオフです〜♪

携帯マナーモードで好きなだけ寝たおします(笑)

しかしリアル★ティン(笑)は、当分おあづけ………。

四葉サンはあれからリアルセックス出来ましたか?(o・v・o)


投稿者:四葉 2010/5/10(月) 13:02:51 No.3226 [V.iV2Y7D0gY]

休み無しの上にオアズケですか(笑)
まぁ、明後日が休みと言うなら遂にですかね♪
最低でもオナるな!(笑)

因みに四葉サンは〜内緒です(笑)
気になりますか??


投稿者:あき 2010/5/11(火) 4:03:19 No.3227 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン=^ェ^=

気になるなる〜〜!!(笑)

孤高の性(精)★戦士・四葉サンの事だから何人もの女性と日替わり弁当であんなプレイやこんな体位もしてたんでしょうね♪(o`∀´o)ウヒヒ☆(笑)

あぁ…あやかりたい、混ざり(交ざり)たい!(笑)


夜中でテンション・ハイの為、いつも以上にワケわからん文章ですみません(^_^;)


とりあえず、明日(今日)は休みです!
目覚まし無しで爆睡します(>ε<)♪

……えっ、オナニー?
ヤダヤダ〜(o・v・o)アタシ清純派だから四葉サンの言ってる事わかんなーい★(>д<)プッ (笑)




…まぁ、120%しますとも!(笑)


投稿者:四葉 2010/5/11(火) 22:44:02 No.3230 [V.iV2Y7D0gY]

好き勝手 言ってますねぇ(ーー;)
それに日替わり弁当って…
トッピングとかもっと言い方あるでしょうに(笑)

しかしぃ、そのテンションは何だ?
酔っ払いそのものだな!笑

あきサン
混ざりたいなんて言わないで、指しでしませんか♪
今日は雨です。
雨音で あきサンのオナ声はかき消されるんでしょうかねぇ‥



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.